grape [グレイプ]

サンシャイン池崎の広告収入の使い道に驚き 「全力で応援します」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「悪口」といいつつ、愛猫2匹のノロケばかりを投稿している、お笑いタレント・サンシャイン池崎さんのTwitter裏アカウント。

短期間でフォロワー数を30万人以上も増やし話題を呼びました。

サンシャイン池崎さんは、2019年8月29日にさらにYouTubeチャンネルを開設。広告収入を全額、保護猫団体に寄付すると発表し注目を集めています。

サンシャイン池崎「ちょっとでも助けになればと」

サンシャイン池崎さんが開設したYouTubeチャンネルの名前は、『ふうちゃんらいちゃんねる』。愛猫の『風神』『雷神』の名前から取って命名したのだそうです。

2匹とも猫の保護活動を行うNPO法人『猫の森』から引き取った元保護猫。サンシャイン池崎さんは、同団体でボランティア活動もしています。

ふうちゃん、らいちゃんも保護猫団体から譲り受けたというか、出会わせてくれたということもあって、今回のチャンネルは必要経費とかは引くんですけど、それ以外のお金は全部動物保護の活動をしている団体さんに全部、チャリティーしていきます。

ふうちゃんらいちゃんねる ーより引用

実際に保護猫の活動などに参加して、その大変さや活動費の大切さを実感したのだそうです。

エサ代、砂代、場所を借りるお金もかかるでしょ。とにかくお金がいろいろかかるんで、助けにちょっとでもなれればなと。

ふうちゃんらいちゃんねる ーより引用

サンシャイン池崎さんの活動に、多くの称賛の声が寄せられました。

・うちの子も保護猫ちゃんです!全力で応援します。

・この動画なら、広告をたくさんつけられても文句はいわない。

・可愛がりたい飼い主と、いまはあまり構わないでほしい猫の攻防が、『あるある』ですね。

・ただただ可愛くて癒されます。

『ふうちゃんらいちゃんねる』では、2匹の可愛い姿だけでなく、ゆくゆくは全国の可愛い猫も紹介していきたいとのこと。

猫の可愛らしさを伝えるだけでなく、多くの保護猫を救うきっかけになってほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
収益を全額○○!?空前絶後の最強のねこチャンネル開設!

Share Tweet LINE コメント

page
top