grape [グレイプ]

俳優・五十嵐麻朝が芸能界を引退した理由 現在は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優・五十嵐麻朝が芸能界を引退した理由 現在は?

高身長に端正なルックスをもった五十嵐麻朝(いがらしまあさ)さん。イケメン俳優として人気を得ていましたが、2018年に惜しまれつつも芸能界を引退しています。

芸能界引退後は、どのような仕事をしているのでしょうか。この記事では五十嵐麻朝さんの現況について紹介していきます。

元俳優・五十嵐麻朝ってどんな人?

五十嵐麻朝さんの名前や顔は知っていても、熱心なファンでない限り、生年月日や身長・出身地などについて詳しく知っている人は少ないことでしょう。

そこでまずは、五十嵐麻朝さんの基本的なプロフィールや経歴について紹介していきます。

プロフィール

五十嵐麻朝さんは、1985年1月31日に青森県で生まれました。年齢は、2020年で35歳です。

どちらかといえばあっさりとした、いわゆる『塩顔』のイケメンであり童顔でもあるので、実年齢より若く感じる人も多いでしょう。また、186cmと高身長でもあります。

経歴

五十嵐麻朝さんは青森山田高等学校を卒業後、モデル事務所に所属しながら2年ほどモデル活動を行っています。

五十嵐麻朝の代表的な出演作

スターダストプロモーションからスカウトを受けて事務所入りを果たした五十嵐麻朝さんが、俳優としての活動を本格的にスタートさせたのは、2008年からでした。

2008年に五十嵐麻朝さんは、数々の人気男性芸能人を輩出してきた『ノンノ・ボーイフレンド大賞』を見事獲得します。

また、所属事務所が結成した俳優集団『EBiDAN』の一員としても活動を始め、またたく間に女性ファンをゲットしました。

ここからは、五十嵐麻朝さんが出演した主な作品について紹介していきます。

ドラマ『私のホストちゃん~しちにんのホスト~』

俳優としてデビューしてから3年目にあたる2011年に放送されたドラマ『私のホストちゃん~しちにんのホスト~』(テレビ朝日系)で、五十嵐麻朝さんはクールなホスト・一之瀬隼人役を演じています。

長髪を軽く遊ばせたヘアスタイルに白いスーツ姿の五十嵐麻朝さんは、売れっ子ホストそのものであり、そのイケメンなルックスだけではなく、演技力も評価されるきっかけとなりました。

同時に、「イケメンすぎる」と多くの女性ファンを獲得する契機になったともいえるでしょう。

映画『身体を売ったらサヨウナラ』

ドラマだけではなく映画にも多く出演している五十嵐麻朝さん。特に2017年に公開された『身体を売ったらサヨウナラ』は、五十嵐麻朝さんにとって代表作ともいえる作品でしょう。

『身体を売ったらサヨウナラ』は、セクシービデオに出演した過去をばらされた、東京大学大学院修了という経歴をもつ元新聞記者・鈴木涼美さんのエッセイを映像化した作品です。

五十嵐麻朝さんはメインキャストではなく、脇役としての出演でしたが、それでも迫真の演技で観客に強烈なインパクトを与えました。

ミュージカル『薄桜鬼』

『薄桜鬼』は女性向けのシミュレーションゲームであり、幕末時代を舞台に新選組との儚くも美しい恋愛を描いた作品です。

高い人気を受けてミュージカル化もされ、五十嵐麻朝さんは2014~2015年にかけて、ミュージカル『薄桜鬼』で原田左之助役を演じています。

原作の原田左之助を忠実に再現したルックスと高い演技力で、今まで五十嵐麻朝さんのことを知らなかった女性までも魅了し、新たなファン層を開拓したきっかけとなった作品です。

五十嵐麻朝が芸能界を引退した理由は?

着実に俳優としてキャリアを重ね、多くのファンから愛されてきた五十嵐麻朝さんでしたが、現在は芸能界を引退し、新たな道を切り開いています。

「もうテレビや映画で見られないと思うと悲しい」と早すぎる引退を惜しむファンも多くいる一方で、「新しい道を選んだ彼を応援したい」と五十嵐麻朝さんを応援する声も多く聞かれます。

しかし、そもそもなぜ五十嵐麻朝さんは芸能界を引退したのでしょうか。引退の背景について見ていきましょう。

2018年8月に芸能界引退をブログで発表

五十嵐麻朝さんが芸能界を引退することを自身のブログで発表したのは、2018年8月9日のことでした。

思いがけない発表に、ファンの間では大きな衝撃が走りましたが、急に思い立って引退に至ったわけではなく、五十嵐麻朝さんは以前から芸能界を引退することを考えていたと述べています。

所属事務所であるスターダストプロモーションのスタッフと何度も話し合いを重ね、芸能界を引退しないという選択肢も提示されたようですが、それでも引退への意志は固く、円満な形で所属事務所を退所し、芸能界も引退することになりました。

「人生は一度しかなく、いろんな世界を経験したい」

話題作のドラマや映画で主演を務めることはなかったとはいえ、五十嵐麻朝さんは着実に俳優としてのキャリアを積み重ねていき、年々多くのファンを獲得した人気俳優です。

それなのになぜ俳優としての仕事をやめ、芸能界を引退することを決心したのでしょうか。

五十嵐麻朝さんは、自身のブログの中で引退を決めた理由として、「人生は一度しかなく、いろんな世界を経験したい」という気持ちをつづっています。

若い頃から芸能界で14年間も活動してきただけに、今後の人生は違った環境の中で異なる経験をしたいと感じたのでしょう。

舞台『炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース』が最後の出演作に

五十嵐麻朝さんがブログで芸能界引退を発表したのは、舞台『炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース』の開幕前でした。

その理由として、五十嵐麻朝さんは「事後報告になるのが嫌だった」とブログの中で説明しています。引退することをファンに知ってもらった上で、最後の舞台となる『炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース』で全身全霊の演技を披露したいと思ったのでしょう。

俳優としての五十嵐麻朝さんが見られるのは最後とあって、同舞台には多くのファンが駆け付けたそうで、五十嵐麻朝さんはスタンディングオベーションを受けたことに対し、インスタグラムで感謝の気持ちをつづってています。

五十嵐麻朝のラーメン騒動って何?

ネットで五十嵐麻朝さんの名前を検索すると、『ラーメン騒動』というキーワードが出てきます。

『ラーメン』と『騒動』という2つのフレーズの組み合わせに「一体何のことだろう」と疑問に感じる人も多いことでしょう。

五十嵐麻朝さんの世間での認知度がさらに高まるきっかけとなった『ラーメン騒動』について解説していきます。

『ラーメン騒動』の顛末

五十嵐麻朝さんは、2016年に舞台『私のホストちゃん THE FINAL ~激突!名古屋栄編~』に一之瀬隼人役で出演しています。

多くのイケメン俳優が出演しており、五十嵐麻朝さんは共演者とともに、舞台公演の合間に一緒にラーメンを食べに行ったそう。その時に記念写真として撮影されたものが、こちらです。

イケメン俳優3人が笑顔で写っている、何の変哲もない写真のように思えますが、よく見てみると五十嵐麻朝さんが持ち上げているラーメンから、大量のスープがテーブルにこぼれてしまっているのが分かります。

『有吉反省会』で話題に

クールなイケメン役を演じることも多かった五十嵐麻朝さんですが、2016年2月に放送されたバラエティ番組『有吉反省会』(日本テレビ系)では、端正なルックスとは裏腹に、実は『ポンコツ』で天然な性格をしていることが注目されました。

その証拠として番組内で取り上げられたのが、上述のラーメン写真です。

大量のスープがこぼれていることにまったく気付かずに、笑顔で写真に写る五十嵐麻朝さんの『ポンコツ』っぷりが視聴者の間で大きな反響を呼び、『ラーメン騒動』が多くの人に認識されるようになりました。

芸能界引退後の五十嵐麻朝は?

整った顔立ちと抜群のスタイルをもつ五十嵐麻朝さんは『有吉反省会』への出演をきっかけに、世間からは「親しみが感じられる」「ギャップが素敵」と、より多くのファンを獲得するに至りました。

その後も順調に俳優として活動を続けていたものの、2018年に惜しまれつつも芸能界を引退しています。

では、芸能界を引退後、一体どのような仕事をしているのでしょうか。ここからは五十嵐麻朝さんの現況について見ていきましょう。

実業家に転身

実は、五十嵐麻朝さんは芸能界引退後に実業家へと華麗な転身を遂げていました。

五十嵐麻朝さんは34歳の誕生日を迎えた2019年1月31日に『株式会社MIP』を設立し、代表取締役に就任したことを自らのSNSで報告しています。

『株式会社MIP』はジュエリーブランドの会社で、好みのデザインをオーダーして1点物のジュエリーを作ってもらうことも可能だそうです。

また、ジュエリー販売事業に加えて、六本木で『Bar eight8』というバーも経営しており、実業家として活躍している様子がうかがえます。

実業家としての五十嵐麻朝の今後に注目しよう!

今回は、2018年に惜しまれつつも芸能界を引退した元俳優・五十嵐麻朝さんについて紹介しました。

長きにわたって芸能界で活躍してきた五十嵐麻朝さんは、現在実業家として新しい道を切り開いています。

『ラーメン騒動』からうかがえるように、意外と天然なところもあるようですが、それでも仕事に対する情熱は強く、実業家としての手腕も期待されます。新たな道を選んだ五十嵐麻朝さんの活動に、今後も注目しましょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
maasa_igarashi@y_daichi0421@igarashi_maasa

Share Tweet LINE コメント

page
top