grape [グレイプ]

「母も1人の女性」 元宝塚の娘が、大人になって気付いたこと

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

夢を叶えた人の周囲には、支えてくれた人の存在があります。

子供の夢を応援する親も、その1人。

「大人になって振り返ると、親の支えがどれだけありがたいことだったのかがよく分かった」という人もいるのではないでしょうか。

龍 真咲を育てた母親

元宝塚歌劇団・月組のトップスターである龍 真咲(りゅう・まさき)さん。

丹羽メディカル研究所が提供するラジオ番組『龍 真咲のMOONLIGHT PARTY』(ニッポン放送)でパーソナリティーを務めています。

2020年5月10日の『母の日』には、母親と一緒に旅行へ行った際に撮影した写真をInstagramに投稿しました。

龍さんが宝塚歌劇団に入団するまで支えた母親とは、どのような人なのでしょうか。

幼少期の思い出から、現在の関係までをうかがいました。

子ども3人育てた母親への感謝

「この頃から母とあんまり似ていなかった」という、龍さんの幼い頃の写真がこちら!

黒目がちな女の子が龍さん。隣で笑顔を浮かべている女性が、龍さんの母親です。

龍さんの腕に優しく手を添えている様子から、愛情が伝わってくる1枚ですね。

――幼い頃の龍さんから見て、母親はどんな人だった?

今では、「母も1人の女性で、自分と同じように人生を歩んでいるんだなぁ」と理解していますが、子供の頃は「お母さんはずっとお母さんなんだ」と思い込んでいました。

私の今の年齢で子供を3人育てていたということ、また、聞いたことすべてに答えられたことから、「お母さんは凄いなぁ」と思っていました。尊敬しかありません。

食事は、私は好き嫌いがないのですが、妹と弟は偏食で…。学校がお弁当だったので、三人三様のお弁当を作っていてくれました。

――宝塚音楽学校の受験、宝塚歌劇団に入団してからはどのように応援してくれた?

宝塚音楽学校の受験前、母はヘルシーでバランスのいい献立を考えてくれていました。

入学してからも、始発で通っていたのですが毎朝お弁当を作ってくれました。

あと、「大丈夫!」といって自信を付けてくれたり、元気付けてくれたり…。公演の時はお手紙を書いて、いつも一緒に一喜一憂してくれましたね。

――親子で美容や健康面を気遣うことは?

今は一緒にお肌のお手入れに行っていて、母から最近、メイクを落とすクレンジングを教えてもらいました。無添加でお肌に優しいんです。

また実家に帰ると、道の駅などで売っている新鮮な野菜や果物や卵でお料理してくれます。

野菜が好きなので、煮物やおでんが嬉しいですね。炭水化物をなるべく控えている時も、おいしいご飯の香りについつられてしまいます。

――母親へのメッセージは?

憧れていた母娘旅が実現できて嬉しいです。

本当だったら今年は、クルーズやハワイ旅行にも行く予定だったのですが…その日を楽しみに待ちたいと思います。

いつまでも元気なママでいてください!

最愛の母に、「たまには、頼ってね」とも伝える龍さん。

親孝行をしながら、いつまでも健康で仲よく過ごしてほしいですね!

龍さんのトークは、毎週土曜日21時10分から放送のラジオ番組『龍 真咲のMOONLIGHT PARTY』(ニッポン放送)で聞くことができます。

本番組を提供している丹羽メディカル研究所は、健康食品や基礎化粧品などの販売を続けている会社。創業から30年、科学と自然の調和をもとに人々の健康づくりに貢献しています。

番組内では、毎月10名に丹羽メディカル研究所の健康美人サプリメント3点セットなど豪華プレゼントも実施中。

龍さんの美や健康についてのトークをもっと聞きたい人や、丹羽メディカル研究所の商品について知りたい人は、毎週のラジオ放送をチェックしてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top