grape [グレイプ] entertainment

夏木マリの旦那が気になる 事実婚から入籍した理由は夫の母?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

女優や歌手として活躍している夏木マリ(なつき・まり)さん。

高い演技力や歌唱力、気さくな人柄で、男女問わず多くの人から親しまれています。

そんな夏木マリさんの夫との馴れ初め、結婚生活などさまざまな情報をご紹介します!

夏木マリの旦那はどんな人?

夏木マリさんは2011年に、音楽プロデューサーやパーカッショニストとして活躍する斉藤ノヴさんと結婚しました。

斉藤ノヴさんは1950年に京都府で生まれ、幼少期からバイオリンを習うなど音楽に親しんでいました。

1961年に子役としてデビュー。その後、数々の作品で大人を魅了しました。

そんな斉藤ノヴさんが音楽の道に進もうと決めたきっかけは、1966年に世界的ロックバンド『ビートルズ』が来日したことでした。

その翌年に上京し、本格的に音楽を学ぶところからスタート。リズム練習などの基礎を徹底的に叩き込まれたそうです。

この頃、シンガーソングライターの下田逸郎さんに出会い、意気投合。1968年にバンド『シモンサイ』を結成しました。

それから2年後の1970年にシングル『モーニング・サービス/霧が深いよ』でデビュー。

その後、数々の有名アーティストと共演したり、ライブに参加したりすることで知名度を上げていきます。

そして、1988年にバンド『NOBU CAINE』を結成。翌年1月に1stアルバム『NOBU CAINE』を発表しました。

以降も積極的にライブやコンサートに出演。1999年に『NOBU CAINE』は活動を休止しますが、2018年にデビュー30周年を祝して復活しました。

夏木マリと旦那の馴れ初めは?

もともと夏木マリさんと斉藤ノヴさんは2007年から事実婚状態で、「籍にこだわらない」というスタイルを取っていました。

そんな2人が結婚を決めたきっかけは、同年に発生した東日本大震災。夫の斉藤ノヴさんは音楽活動をしながら、2009年から夏木マリさんと慈善活動も行っていました。

それまでは誰かが部屋に入ってくることさえ嫌だったという夏木マリさんでしたが、震災で家族や恋人との絆、人との繋がりを直に感じ、正式に結婚することを決意したといいます。

また、斉藤ノヴさんの母親が高齢を迎えていたことから、「安心してほしい」という思いもあったそうです。

夏木マリと夫の結婚生活は?旦那にマジギレされ…

夏木マリさんが、2017年にバラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。夫・斉藤ノヴさんに激怒されたエピソードを語りました。

その時、お風呂で気持ちよく中島みゆきさんの曲を鼻歌を歌っていたところ、夫が「ダメだよ!」と怒鳴りながら突撃してきたそう。

なんでも音程があっていなかったらしく、「気持ち悪い」「聴いていられない」と大層ご立腹だったといいます。

この一件以来、夫の前ではドキドキしながら鼻歌を歌っているという夏木マリさん。結婚生活については「介護状態」とお茶目に語り、出かける際は玄関まで見送りに行くとのろけていました。

夏木マリが結婚10周年を報告!夫とのツーショットに「かっこいい…」

夏木マリさんが2021年5月4日にインスタグラムを更新。結婚10周年を記念し、夫と神社で挙式したことを報告しました。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

ふたりで、
神社でお式を挙げました。

10周年で、
神様に改めて、
誓いを申し上げて参りました。

夕暮れになり
赤い毛氈のお廊下を歩き、
雅楽と共に灯籠のある境内を進み
松明の焚かれる神殿へ......

感謝です。

mari_natsuki ーより引用

この投稿にファンは「おめでとうございます!」「これからもお幸せに」とコメント。また、「世界一クールなカップル!」「憧れです」と絵になる夫婦ショットを絶賛しています。

・おめでとうございます。粋でカッコイイ写真ですね。

・2人が私の目標です!おめでとうございます!!

・これからも末長くお幸せに。ますますのご活躍をお祈りしています!

夏木マリの現在・これからは?

夏木マリさんは2021年1月公開の映画『大コメ騒動』に出演しました。

映画『大コメ騒動』予告 | 2021年1月8日(金)公開

また、同年5月からスタートした連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)では、ヒロインの成長を見守る新田サヤカ役を演じています。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

そして、2022年2月に上演予定の舞台『千と千尋の神隠し』に出演することが決定。同作ではアニメ映画版で声優を務めたメインキャラクター・湯婆婆を朴璐美(ぱく・ろみ)さんとダブルキャストで演じます。

会見では「いつかやってみたかった。楽しみ」と語り、「お客さんを感動させる舞台を作りたい」と気合十分な様子を見せています。

そして、インスタグラムでも同作への思いをつづった夏木マリさん。

実際に油屋で働けるなんてなんということでしょう!あれから20年、舞台として世界に発進していく現実は夢のようです。あの名作が、ジョン・ケアードによってどの様に帝劇に現れるのか、キャストのひとりとしてとても楽しみです。
長丁場、久しぶりの東宝の舞台!
よろしくね。

mari_natsuki ーより引用

ファンからは「上演まで待ちきれない!」「絶対に観にいきます」といったコメントが殺到しています。

夏木マリさんのさらなる活躍をこれからも見守っていきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
nobu.saitomari_natsuki映画『大コメ騒動』予告 | 2021年1月8日(金)公開@sentochihiro_st

Share Tweet LINE コメント

page
top