ドラム式洗濯機が故障 業者に修理を依頼したら、悩ましい事実が判明

洗濯物と洗剤を入れるだけで、乾燥まで仕上げてくれるドラム式洗濯機。高級家電ながら、その便利さ・水道代のお得さから愛用者が年々増え続けています。

ところが便利な反面、メンテナンスが非常に面倒という事実もあるようです。

「やっぱり縦型の方が良いのかな…」「とはいえドラム式の魅力は捨てがたい!」購入を悩む方にとって、有益なエピソードが公開されました。

ドラム式洗濯機が故障した!

Twitterユーザーの山本ダンさん(@DangYamamoto)は、ドラム式洗濯機を愛用する一人。

「洗濯機本体の値段はかなり高いが、水道代は縦型洗濯機よりもかなりお得。長く使えば、元は取れると言い切れる」

こうきっぱり語ります。しかし、ドラム式洗濯機を購入して2年半が経ったころ、山本さんは不具合に悩まされます。

  • 凶悪な振動音がする
  • 乾燥も生乾きが多発
  • タンクの水が排水しなくなる故障

メーカーに依頼し修理したものの、1万5千円もの修理費がかかってしまったそうです。

それから半年後、また不具合が

修理から半年、またエラーが出てしまいます。

「半年しか経っていないのに、また大金出さなきゃいけないの!?」

山本さんは「買い換え?」も考える事態に。

しかし、購入時と前回の故障時に調べ「ドラム式洗濯機の最大の弱点は『ホコリ詰まり』」であることを知っていた山本さん。

解決策をネットで探し続け、ある業者にたどり着きます。

それは神奈川県相模原市・町田市でハウスクリーニングやエアコンクリーニングを手掛ける、テイユー株式会社さんでした。

テイユーさんによる、貴重な掃除シーン

出典
@DangYamamoto

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop