娘へ「将来死にたくなったら、これを読め」 父が描いた漫画に考えさせられる

ニュースで時折耳にする『学生の自殺』。原因は学校でのいじめや、家庭不和、勉強…と、様々です。

そういった悲しいニュースを耳にすると、子どもを持つ親ならば不安になってしまいますよね。「うちの子は大丈夫だろうか…」と。

『Mr.FULLSWING』『バリハケン』などの作品で有名な漫画家の鈴木信也先生も、ひとりの娘の親として不安を抱いたそうです。

そのきっかけは、ある日突然「幼稚園へ行きたくない」と泣き出した娘…。事情を知った鈴木先生は、5歳の娘が悩みを抱えていたことにショックを受けます。

もし、いつか娘が悩みを抱えて"死にたい"と思ってしまう時が来たら…。

そう思った鈴木先生は、自分が得意な表現方法である『漫画』で気持ちを伝えることにします。

『娘へ ~将来死にたくなったらコイツを読め~』

出典
ひつじのブログ

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop