grape [グレイプ] entertainment

『初恋の悪魔』第2話あらすじ 六角精児が紙切り芸人役で出演

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優の仲野太賀さんと林遣都さんが主演を務める、テレビドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)の第2話に、俳優の六角精児さんが出演することが発表されました。

第2話では、紙切り芸を持ちネタした兄弟芸人の兄・夕紀夫(内藤トモヤ)の死をめぐり、悠日(仲野太賀)、鈴之介(林遣都)、星砂(松岡茉優)、琉夏(柄本佑)が『捜査会議』を繰り広げます。

『初恋の悪魔』第2話あらすじ

六角さんが演じるのは、兄弟芸人の弟・日出夫役。

日出夫は、団地内の廊下で胸にハサミを突き立てられて死んでいる兄・夕紀夫を発見した、第一発見者でした。

鈴之介は、凶器であるハサミが2人の商売道具であることから、日出夫に疑いの目を向けるも、完璧なアリバイがあるため、謎は深まるばかり。

一方で、悠日は、恋人の結季(山谷花純)との結婚の話が進むも、そちらも不穏な空気が流れ始めていました…。

悠日(仲野太賀)は、恋人の結季(山谷花純)と結婚式の相談をする。

分不相応の結婚を自認する悠日は、彼女の言いなり。彼女の希望で結婚後は退職し主夫になるつもりだ。

そんな中、刑事課では団地で起こった殺人事件の捜査が進む。被害者は兄弟芸人の兄・夕紀夫で、弟の日出夫(六角精児)が発見者だ。夕紀夫は、外廊下で胸にハサミを突き立てられて死亡。

団地の住人たちは夕紀夫の叫び声を聞いたが、犯人の目撃者は誰もいなかった。鈴之介(林遣都)、悠日、星砂(松岡茉優)、琉夏(柄本佑)の捜査会議が開かれる。

鈴之介は、芸でハサミを使っている日出夫が犯人だと主張する。そんな短絡的な推理を全否定する琉夏と喧嘩となる。

第一日出夫には完璧なアリバイがあるのだった。

謎は深まる一方の捜査会議から帰る途中、悠日は婚約者の結季が別の男性と一緒にいるところを見てしまう…。

警察署内にいながら、事件の捜査をする権限のない、はみ出し者4人が織りなすコメディタッチのやり取りも好評の『初恋の悪魔』。

第2話は、2022年7月23日、夜10時から放送です。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top