grape [グレイプ] lifestyle

より高い瞬発力を発揮! アシックスの『ゲルライト』おすすめ7選

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

Amazon スクリーンショット

コーディネートにスポーツシューズを取り入れることが多い人は、世界的にメジャーなブランドをよく活用していて、国内ブランドの『アシックス』はノーマークということもあるのではないでしょうか。

日常的にトレーニングを行っている人々からの信頼が厚いアシックスのシューズは、普段使いにも格好よく履きこなせるデザインも多く登場しています。

この記事では、履き心地やクッション性の高さを追求しているアシックスのシューズ『ゲルライト』で、おすすめのものを厳選しました。

思わず即買いしたくなるようなおしゃれなデザインばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

※この情報は、2022年10月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

アシックスのゲルライトおすすめ7選

[アシックス]GEL-LYTE III OG 1201A257

Amazonで見る

『GEL-LYTE III OG』は、1990年代初頭にアシックスから発売されたシューズのシルエットと構造を受け継いだゲルライトです。

『ゲルライトスリー』を長年愛用しているファンも納得の履き心地で、履くのが楽しくなるような魅力的なデザインをしています。

カラーバリエーションは、どのようなコーディネートにも合わせやすいオールホワイトやオールブラック、スポーティーな雰囲気を前面に押し出せるビビッドな色などもそろっていて豊富です。

シュータンをなくしたことで履く時の面倒くささを軽減。サッと履ける楽なシューズを探している人におすすめのシリーズでもあります。

高評価の口コミ

・足元がスタイリッシュにキマるので気に入っています。

・靴下の色味を考えれば、かなりおしゃれに履きこなせると思います。

・履きやすくて疲れにくく、万能な1足です。

低評価の口コミ

・サイズは少し大きめの設定なのか、つま先に捨て寸が少しあります。

・履き始めの頃は、窮屈に感じて小指付け根あたりの甲に縫い目が当たる感じがしました。

・いろいろなサイトで履き心地のよさが絶賛されてますが、特にそのよさを感じられませんでした。

[アシックス]GEL-LYTE XXX 1021A328

Amazonで見る

『GEL-LYTE XXX』は、ゲルライトの中でも人気があるモデル『GEL-LYTE III‎』の誕生30周年を記念して作られました。

全体的に『攻めたモダンなデザイン』が斬新で、履くと気分が上がるシルエットをしています。

特に目を奪われるのは、シュータンをなくして履きやすさを追求した『スプリットタン』や、ボリュームがあって存在感があるミッドソール部分です。

足首から足の甲にかけて流れるような履き口のラインがフィット感を物語り、ミッドソールはクッション性の高さを主張します。

もうレトロとはいわせない、アシックスのメッセージ性がうかがえる1足ではないでしょうか。

高評価の口コミ

・サイズもバッチリで履き心地もデザインもよく、とても気に入りました。

・流線型の流れるデザインが美しくて、かかとの突起もデザインとしてはアリです。

・安くなった時にまとめ買いでもしておきたいシューズです。

低評価の口コミ

・横幅が狭すぎて、横幅に合わせるとつま先が余りすぎます。

・通常モデルよりも若干きつめです。

・幅広甲高の私には合いませんでした。

[アシックス]GEL-LYTE III‎ 1191A223

Amazonで見る

『GEL-LYTE III』は、1990年に発売された同名のゲルライトの復刻版です。

当時、軽量ランニングシューズとして登場したものをベースに作られていて、履いた瞬間歩きやすさを確信できるようなフィット感が得られます。

こちらのゲルライトの特徴は、アッパー部分に施された『スプリットタン』という設計です。

従来の靴は、『シュータン』が足の甲にあたって、クッションの役割などを果たしていました。そのシュータンを縦に2分割したことで、足入れのしやすさを実現。スリッポンのように楽に履けるように作られています。

高評価の口コミ

・この靴に手を使う必要はなく、スッと足を入れることができるので、とても快適だと感じました。

・機能的に優れ、デザインも文句ありません。

・『ゲルライトスリー』はクッションが硬めですが、こちらのモデルは少し柔らかくなった感じでよい履き心地です。

低評価の口コミ

・こちらのモデルは若干縦が短く幅が狭いようです。

・蒸れを感じますし、特別軽いと感じたこともありません。

[アシックス]GEL-LYTE V 1191A267

Amazonで見る

『GEL-LYTE V』は、トレーニングが好きな人におすすめの設計をしています。靴のベースは、1993年に発売されたアシックスの軽量ランニングシューズなのだそう。

ゲルライトのクッション性の高さをそのまま維持し、伸縮性がある素材で作られたシュータンとアッパーを一体化。

従来のゲルライトよりもフィット感がアップして、より履き心地のよさが感じられるようになりました。

ヒールが3cmあり、履くとスタイルがよく見える効果も期待できます。

シンプルなデザインの中に、アシックスのロゴマークが小さく主張していて、足元をスタイリッシュに演出してくれるでしょう。

高評価の口コミ

・こちらは細めのタイプなので幅広の人には不向きです。

・足に負担がかからず履いていて気持ちがいいです。

・デザインが素敵で、底のクッションや柔らかさも心地いいです。

低評価の口コミ

・外反母趾など骨が出ていると、あたって痛いかもしれません。

・足に吸い付くようなフィット感があるので、緩いシューズが好きな人にはおすすめしません。

・全体的には小さめの作りに感じるのに、かかとがゆるいです。

[アシックス]HyperGEL-LYTE 1191A017

Amazonで見る

『HyperGEL-LYTE』は、アシックス独自のテクノロジーと、アシックス内のスポーツブランド『アシックスタイガー』が開発しているゲルライトが融合して誕生したモデルです。

クラシックなゲルライトのシルエットに特殊なゲルでできたソールが追加されて、クッション性を向上させました。

歩くたびに反発力を足元から感じられて、地面からの突き上げを緩和。足に負担をかけず軽やかに足を動かせます。

スマートな形状の履き口でモタつきにくく、足首のラインをきれいに見せてくれそうな1足です。

高評価の口コミ

・クッション性がよくて衝撃が和らぐので、長時間歩いても疲れにくいです。

・クッション性があり、とにかく履き心地がいいです。

・少し高いだけあって高級感があります。

低評価の口コミ

・靴の爪先のアッパー部分が硬めです。

・かかと部分が少し柔らかいのが気になります。

・1サイズ大きめを購入しましたが、足先の余裕なくぴったりな作りなので、厚手の靴下は履けそうにありません。

[アシックス] スニーカー GEL-LYTE (旧モデル) メンズ

Amazonで見る

『GEL-LYTE』は、1987年に発売された初代モデルの復刻版として登場したゲルライトです。

初代ゲルライトの靴のシルエットは、アシックスのスニーカー『GT-Ⅱ』から着想を得たものなのだそう。

GTシリーズも人気スニーカーシリーズの1つなので、こちらのゲルライトをきっかけに、興味が湧いてくるかもしれません。

シュータン部分に施されたアシックスのロゴマーク以外は、全てブラックでまとめられていてシンプルなデザインです。幅広いコーディネートに合わせやすいこと間違いなし。

天然皮革と人工皮革が使用されたアッパーには、高級感もありますよ。

高評価の口コミ

・ゲルのモチモチとしたソールが好きなら買いです。

・作りやコストパフォーマンスはいうことなしです。

低評価の口コミ

・皮なのでなじむと思いますが、最初は窮屈に感じるかもしれません。

・足の幅が広い人はワンサイズアップでもいいかもしれないです。

[アシックス]LYTE CLASSIC 1201A477

Amazonで見る

『LYTE CLASSIC』は、ゲルライトスリーをベースに、アシックスの伝統が凝縮されたモデルです。美しいシルエットはそのままに、どこかレトロな雰囲気が漂うデザインをしています。

アシックスのロゴマークが、かかと部分とシュータン部分に小さくプリントされていて、控えめでありながら、どこから見てもブランド愛を主張できる仕様です。

また、カラーバリエーションには優しい印象の『くすみカラー』が複数取りそろえられています。

男性も女性も履きやすい色味ばかりなので、いろいろなジャンルのコーディネートに合わせたくなる1足です。

高評価の口コミ

・長さも幅もちょうどいいサイズで、クッションも最高です。

・クラシックデザインのアシックスは最高です。

・履きやすくてデザインもよく、職場の同僚にも好評です。

低評価の口コミ

・デザインが想像と違っていて、やや履きにくいです。

・アッパー部分がスエード生地になっていて、夏には向かない靴でした。

・踏み込んだ際に若干型崩れします。

まとめ

思わず即買いしたくなるような、履き心地が抜群でおしゃれなデザインのアシックスのシューズ『ゲルライト』をご紹介しました。

ゲルライトは、かつてアシックスから登場したシューズをベースに進化を続けているモデルです。

長年愛用しているファンも多く、新作が発表されるたびに見逃せないシューズの1つでもあります。

ぜひ、この機会にゲルライトをコーディネートに取り入れて、他の人とは被りにくいデザインのシューズを自慢してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
Amazon

Share Tweet LINE コメント

page
top