grape [グレイプ]

金曜の夜でも行きたくなったら行けちゃう!すぐ近くの外国『台湾』へ行こう

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

「どこか、遠くへ行きたい」

残業で一人、オフィスの窓から夜の街並を眺める金曜日。

資料作成にプレゼン、数々の打ち合わせと、とんでもなく忙しい一週間を駆け抜けた。

金曜日の夜だし、一週間を頑張ったご褒美になにか贅沢なことがしたい。

「休日は予定もないし、このままどこか旅行にでも行っちゃおうかな…」

そんな時、あなたならどこへ行きますか?

金曜日の夜からでも『台湾』へ行けちゃう?!

金曜の夜、どこか遠くに行きたくなったら、いっそ『台湾』へ行ってしまいませんか?

「いやいや、そんな遅い時間から台湾へ行くなんて無理でしょ?」と思われるかもしれませんが、ジェットスターの台北行きなら夜の遅い時間でも飛行機があります!

成田空港発なら21時台、中部国際空港発は22時台、そして関西国際空港発ならなんと23時台の便があるのです。

これなら、金曜の夜を台湾で過ごすことだって可能ですね。

『夜の台湾』なら、お腹も心も満足できちゃう!

筆者が周囲の人に”旅行に行きたくなる瞬間”について聞いたところ、「ストレスがたまった時」という回答が殆どでした。

「美味しいものを食べて気持ちをリフレッシュさせたい!」

「知らない場所に行って、現実逃避がしたい…」

そんな、ストレスと欲望がピークになる金曜日。『夜の台湾』に行けば、その両方を満足させることが出来ます。

夜市で台湾グルメを堪能!

夜の台湾といえば、やっぱり密集した屋台で出来立てのものを食べられる『夜市』ですよね。

異国の言葉が飛び交う世界で、現地の人たちに混ざって美味しいものを食べれば、お腹も心もいっぱいになること間違いありません。

夜こそ行きたい!九份(キュウフン)

グルメが有名な台湾ですが、映画のロケ地にもなった『阿妹茶酒館(アーメイチャージョウグァン)』もある九份はぜひ夜に訪れたい場所。

幻想的な風景に、数時間前まで日本のオフィスにいたことなんて忘れてしまいそうです。

移動時間も片道3〜4時間程度ですし、海外旅行で心配な治安や言葉の問題も、親日国ということもあって比較的良い方だと言われています。

毎日お仕事を頑張っているみなさん、ジェットスターに乗って、贅沢な週末を台湾で楽しみませんか?


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top