grape [グレイプ] entertainment

渡瀬恒彦さん、72歳で死去 「また良い役者さんが去ってしまった」と悲しみの声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

2017年3月14日、俳優の渡瀬恒彦(わたせつねひこ)さんが、多臓器不全により亡くなっていたことがわかりました。72歳でした。

渡瀬さんは2015年の夏ごろに体調不良を訴え、病院で検査を受けたところ胆のうがんが見つかり、抗がん剤治療や放射線治療を開始。

その後、入退院を繰り返し、体調が良くなると仕事に復帰し、再び悪くなると治療のため休業するという生活を送っていました。

約1年半の闘病生活ののち、「仕事に復帰したい」という渡瀬さんの願いは叶わず、家族に見守られながら都内の病院で亡くなったそうです。

渡瀬さんは俳優の渡哲也さんの実の弟。映画『殺し屋人別帳』で役者としてデビューした後は、『仁義なき戦い』シリーズなど任侠映画に出演して人気を博し、TBS系テレビドラマ『十津川警部シリーズ』に出演するなどお茶の間にもファンを獲得していました。

渡瀬さんの訃報に、多くの人が悲しみの声をあげています。

  • 私の中ではタクシードライバーのサスペンスドラマの印象が強い。とても残念
  • また一人、良い役者さんが去ってしまいました
  • 本当に惜しい人を亡くした。警視庁捜査一課9係はどうなるんだろう

味のある、独特の演技で多くの人を魅了した渡瀬さん。ご冥福をお祈りいたします。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top