grape [グレイプ]

ジャムおじさん、マスオさんを演じた声優の増岡弘さんが逝去 「偉大な声優が」「大好きでした」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年3月26日、声優の増岡弘さんが亡くなっていたことが明らかになりました。83歳でした。

増岡さんが所属している東京俳優生活協同組合によると、亡くなったのは同月21日。死因は病気療養中だった直腸がんとのことです。

通夜葬儀は家族葬で行い、『お別れ会』は故人の意思により執り行わないことになったといいます。

1960年代から声優として活躍し、『サイボーグ009』のジェロニモ・ジュニアや、『サザエさん』のフグ田マスオ(2代目)、『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん(初代)など幅広い役柄を演じ分けた増岡さん。

増岡さんは2019年8月に年齢を理由として、40年間演じていたマスオ役と、30年間演じていたジャムおじさん役を引退しています。

訃報に対し、ネットからは「また偉大な声優さんが亡くなってしまった」「増岡さんの声が大好きでした」といった声が多数上がっています。

増岡さんの声は多くの作品に残り、語り継がれていくことでしょう。ご冥福をお祈りいたします。


[文・構成/grape編集部]

出典
俳協|ナレーター・声優・俳優事務所

Share Tweet LINE コメント

page
top