grape [グレイプ] entertainment

野沢雅子が若い頃の写真に「こんな感じだったんだ」の声 現在でもチャーミングな姿

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

声優として活躍している野沢雅子(のざわ・まさこ)さん。

人気アニメ『ドラゴンボール』シリーズの主人公・孫悟空役などで知られ、国内だけでなく海外のファンからも支持されています。

そんな野沢雅子さんの若い頃と現在の活躍についてご紹介します!

野沢雅子の若い頃は?

3歳の頃から子役として活動していた野沢雅子さん。

中学に上がると、劇団に所属し、女優の道に進みます。

そんな中、声優としての活動もスタートさせた野沢雅子さんは1963年にアニメ『鉄腕アトム』でデビュー。

この作品で声優としてのスキルを見出され、1968年にはアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』で主人公・鬼太郎の声を担当しています。

その後も、1970年から放送されたアニメ『いなかっぺ大将』や、1972年に人気を博した『ド根性ガエル』などの作品に声優として出演。

当時の姿がこちらです!

野沢雅子 1970年

生き生きとした楽しげな表情でインタビューに応じている野沢雅子さん。男性キャラを演じているとは思えない、可憐な外見です。

以降も次々と話題作に出演し、すぐに人気声優の仲間入りを果たしました。

野沢雅子の現在は?

野沢雅子さんは1986年より、『ドラゴンボール』シリーズの主人公・孫悟空の声を演じています。

同作には現在も出演し、孫悟空だけでなく、その息子である孫悟飯(そん・ごはん)や孫悟天(そん・ごてん)などの声も担当。

幅広い世代に親しまれる声優として活躍しています。

そんな野沢雅子さんは2021年4月現在、インスタグラムなどのSNSを利用していませんが、出演作や共演者のアカウントにたびたび登場。

若い頃と変わらず元気な姿を見せ、ファンを喜ばせています。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

2021年現在、80代とは思えないパワフルさで、キャラクターに命を吹き込み続けている野沢雅子さん。

これからも日本を代表する声優として、世界中の人を楽しませてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
s_fuku_atmezamashi.tvdearfriends80monko1215

Share Tweet LINE コメント

page
top