grape [グレイプ]

ジャムおじさん、マスオさん役の声優が卒業を発表 「寂しい」「お疲れ様」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年8月5日、アニメ『それいけ!アンパンマン』でジャムおじさんの声優を務める増岡弘さんが降板することが明らかになりました。

降板は増岡さん自らの申し出によるもので、2019年で83歳を迎えることも降板理由にあるとのこと。

なお、今後はジャムおじさんの声優を、同アニメで犬のチーズ役やカバオくん役を務める山寺宏一さんが務めることが発表されています。

今回、ジャムおじさんの声を引き継ぐにあたり、山寺さんはこのように意気込みを語っています。

増岡弘さんは演技だけでなく、そのお人柄も含めてジャムおじさんそのものです。代われる人などいません。でも30年以上、その優しさと温かさにふれてきた者の1人として、少しでも増岡さんのジャムおじさんに近づけるよう、精いっぱいつとめさせていただきます。

1988年の放送当初から、約30年にわたって、ジャムおじさんの声優を務めてきた増岡さん。『それいけ!アンパンマン』のメインキャストの中では、最高齢でした。

慣れ親しんだジャムおじさんの声優が変わるニュースは大々的に報じられ、たくさんのコメントが寄せられています。

・増岡さんの声を聞き続けてきた世代としては、ちょっぴりさびしくもあります。長年、ありがとうございました!

・いつかこの日が来ると分かっていても、やはりさびしい。

・とても印象的で優しい素敵な声をありがとうございました!

なお、増岡さんはアニメ『サザエさん』のフグ田マスオ役の声優としても知られており、今回、マスオ役からの卒業も発表されています。

国民的人気キャラクターに命を吹き込んでくれた増岡さん、本当にありがとうございました。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top