grape [グレイプ]

ナンパのターゲットになりやすい女性の特徴とは プロのナンパ師が語る

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2017年10月30日、TOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』で特集企画が放送されました。内容は、月曜日コメンテーターを務めるデイトレーダーの若林史江さんが「いまでもナンパされるのか」というもの。

若林さんは現在40歳。大人の色気に満ちた美女です。そんな若林さんが東京・新宿駅前のナンパスポットに立ったら、「実際に男性にナンパされるのか」という調査が行われます。

すると、さまざまな意味で、衝撃的な結果が待っていたのです。

2時間待っても一切ナンパされず…その理由とは?

その結果は…2時間新宿駅でナンパ待ちをするも、1人の外国人から署名と募金を求められただけでした。

美しい若林さんが、退屈そうにしながら立っていたにも関わらず、誰も声をかけてこなかったという意外な結末。

若林さんは自分がナンパされなかった理由について、「SNSが普及し、ネットでのナンパがメインになり、路上で声をかけるような人が減ったこと」が原因と分析。

しかし、若林さんがナンパされなかったのは、時代のせいではなかったようです。

ナンパ塾講師が語る、ナンパされやすい女性

番組ではナンパ成功回数『千回超』を誇り、ナンパ塾の講師も務める男性・MAXさんが登場。若林さんがナンパされなかった理由について語られました。

MAXさんは、若林さんは外見が「すごくキツそう」「プライドが高そう」に見えるため、ナンパ師が声をかけるのをためらったと説明しました。

また、若林さんがナンパされるためには「ズボラなところをもっと前面に出したほうがよかった」とMAXさんは補足します。

そして、「ナンパされやすい女性の特徴」について、番組ではこのようにまとめました。

・汚れた靴やボロボロの紙袋を身に着ける、ズボラな女性。

・ぬいぐるみを持つなど、外見にツッコまれやすい部分がある女性。

5時に夢中! ーより引用

ぬいぐるみを持つというのは、あくまでも1つの例。話しかけるきっかけがある女性には、ナンパ師が積極的に声をかけてくるのだとか。

男性ADが女装してトライ

そのアドバイスが本当なのか、番組では25歳の男性ADが女装。若林さん同様に新宿のナンパスポットで、ナンパ待ちを決行しました。

MAXさんが話した通り、男性ADは『汚い靴』『アルパカのぬいぐるみ』『ボロボロの紙袋』を3種の神器として身に着けてみると…。

なんとわずか5分で「誰か待ってるんですか?」と、ナンパされるという衝撃の結果に!

これには若林さんは「ヤラセじゃないの?ヤラセといってよ」と、ショックを受けていました。

声をかけてきたのも、「いかにもナンパしそう」な人ではなく、普通の若い男性ということでした。

アルパカのぬいぐるみは過剰な演出にも思えましたが、見た目のインパクトがかなり重要な要素だと分かります。

視聴者の反応は?

・確かに性格がキツそうな女性よりは、スキがある女性は声をかけやすいよね。

・ナンパするかはともかく、アルパカを持っていたら、興味はわくよね。

・私、よくナンパされるけど、ズボラだと思われてるのかな。

・若林さんは綺麗すぎたから声をかけられなかったんだろうな。

・俺も女装してナンパされるか試してみたくなった。

女装した男性までもがナンパされるという、多くの人の予想を裏切った結末。

ナンパされたくない女性、ナンパされたい女性、そしてナンパに興味がある男性など、様々な人に衝撃を与えた放送だったのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
5時に夢中!

Share Tweet LINE コメント

page
top