grape [グレイプ]

拾われた黒猫の『生涯』を描いた漫画に、涙 最期の日にとった行動は…

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『タツノコ。』(@tatsunoko_777)さんによる、拾われた黒猫『くろ丸』の一生を描いた漫画をご紹介します。

優しい飼い主たちと共に幸せな毎日を送ったくろ丸ですが、ついに最期の日が訪れました。

『黒猫の生涯』

拾ってくれた飼い主たちへ、くろ丸が贈ったのはワスレナグサ。

きっと、「私を忘れないでください」「真実の愛」といった花言葉が込められているのでしょう。

ワスレナグサ

漫画は拡散され、15万以上の「いいね」が寄せられました。そして、猫の飼い主を中心に多くの人から「感動した」「涙が出てしまった」といった声が上がっています。

生きとし生けるものは、いつか必ずその生涯を終えます。別れは悲しく、とてもつらいものです。

ですが『終わり』があるからこそ、有限の時間を大切にできるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@tatsunoko_777

Share Tweet LINE コメント

page
top