grape [グレイプ] entertainment

小林幸子が『ラスボス』になった経緯を語る 今度は『VTuber』に!? 進化が止まらない

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

小林幸子

演歌だけに留まらず、さまざまなジャンルの曲を歌い続ける、歌手・小林幸子(こばやしさちこ)さん。

最近ではネットでの活躍も目ざましく、『ラスボス』という愛称で呼ばれることも。

2019年に歌手生活55周年を迎えますが、守りに入らず、つねに新しいことを取り入れて進化を続けています。

そんな小林幸子さんの活躍、夫との結婚についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

小林幸子の『ボカロ』に世間が騒然

『VOCALOID(ボーカロイド)』とは、ヤマハ株式会社が2003年に開発した歌声合成技術、その応用ソフトウェアのことです。歌詞とメロディーを入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作できるもので、通称『ボカロ』といわれています。

2015年7月に、小林幸子さんの声をベースにした『VOCALOID4 Library Sachiko』が発売されました。

VOCALOID4 Library Sachiko

小林幸子さんは、『VOCALOID4 Library Sachiko』が発売されるにあたり次のように語っています。

私がボカロ曲をカバーする時に一番手こずるのは、『ブレス』がない。

ほんとに息継ぎしなくてもできちゃうんですよね。そういった小林幸子の歌ができてしまうんだから、不思議ですね。

【Sachiko】小林幸子さん インタビュー&メッセージ【VOCALOID4 Library】 ーより引用

自分の声でさまざまな曲がリリースされることについては、こうコメントしました。

小林幸子なんだけど、私の知らないところで私が歌ったことがない歌が、もう勝手に、その人のプロデュースでできるわけじゃないですか。

これはね、楽しいですよ。楽しみっていうか、変な気持ちだと思います。

【Sachiko】小林幸子さん インタビュー&メッセージ【VOCALOID4 Library】 ーより引用

これまでのボーカロイドは、自然な歌声には聴こえづらい面がありました。

そうならないように、『VOCALOID4 Library Sachiko』では小林幸子さんの節回しを『Sachikobushi』として、見事に再現!小林幸子さんが実際に歌っている歌声に、限りなく近い音声に仕上がりました。

また、パッケージロゴの筆文字も小林幸子さん自身が書いたもの。「筆で英語を書いたのは初めてで」と小林幸子さんはコメントしています。作品の雰囲気を高めています。

小林幸子、今度はVtuberに!?

小林幸子さんはインタビューで「まず受ける!受けた後に努力する」と語っています。その言葉どおり、新しいものもちゅうちょなく何でも取り入れていきます。

小林幸子さんは、VTuber(バーチャルユーチューバー)の『キズナアイ』と千本桜でコラボしたことをきっかけに、YouTubeチャンネル『小林幸子のさっちゃんねる』を開設します。

動画では、小林幸子さんは、自ら『バーチャルグランドマザー、コバヤシサチコ』と名乗って、VTuberであることをアピール。『キズナアイ』との合間のやりとりにも注目です!

何でもバイブスを高めてくれるサチコチャン【小林幸子×FantasticYouth×島爺】

小林幸子さんはさらに進化を続けていきます。

『FantasticYouth』とのコラボ曲、『何でもバイブスを高めてくれるサチコチャン【小林幸子×FantasticYouth×島爺】』を自身の公式YouTubeチャンネルでアップしています。

小林幸子さんはアニメキャラクター『バーサン』になって歌唱。FantasticYouthとの掛け合いが絶妙な、なんともいえない1曲です。

小林幸子の夫はどんな人物?

小林幸子さんは、再生医療の会社社長である林明男さんと2011年11月に57歳で結婚。

林明男さんは、『世界音楽合唱チャリティー協会』の会長も務めています。

小林幸子さんもイベント趣旨に賛同をし、2014年の東日本大震災復興支援プロジェクト『UTAU DAIKU in福島』のスタッフとして参加しています。

2019年5月21日のイベントでは、自ら開演前のロビーに立って義援金を募ったとのことです。

小林幸子が『ラスボス』になった経緯は? 紅白出場しなくなり「さびしい」の声

小林幸子さんは、『NHK紅白歌合戦』に1979年に初出場。それから33回連続出演という輝かしい経歴があります。

しかし、小林幸子さんは残念ながら、2011年の紅白歌合戦には出演せず、連続出場の記録が途絶えてしまいました。

そこから、小林幸子さんの活動に変化が見られます。2012年12月31日のニコニコ動画のイベント『ニコニコ大忘年会2012 in ニコファーレ』からのオファーがあり、小林幸子さんは「面白そう」といって出演することに。

イベントでは、小林幸子さんの派手な衣装が、ゲームの最終の敵・ラストボスに見えたことから、ユーザーから「ラスボスって呼んでイイですか?」とコメントの書き込みがありました。小林幸子さんは意味が分からないのに「いいよ」と返事をします。それから『ラスボス』は公認の愛称になりました。小林幸子さんは、ネット上で爆発的な人気に!

『ニコニコ超会議2019』のスペシャルショーケース『花KAGARI』に出演した小林幸子

『ニコニコ超会議2019』のスペシャルショーケース『花KAGARI』に出演した小林幸子

さらに、2015年には4年ぶりに『NHK紅白歌合戦』に特別枠でニコニコ動画で人気の楽曲『千本桜』を熱唱しました。

4年ぶりに紅白歌合戦に出場が決まった時のことを、小林幸子さんは下記のように話しています。

「私は演歌で育てていただいたので、もちろんこれからも演歌を歌っていきますが、面白くて楽しい歌もたくさんあります。みんなと一緒にジャンル、年代に関係なくできたら」

朝日DIGITAL ーより引用

この時には、TVだけではなくネットでの活躍も多くなってきた小林幸子さん。ファンへの感謝の気持ちが感じられるコメントでした。

小林幸子の現在・これから

小林幸子さんの歌手活動は、演歌にとどまらず、アニメ界にも進出。1998年に公開された映画『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のエンディング曲『風といっしょに』を歌唱しました。

この曲はいまなお愛されており、21年経った、2019年7月公開の映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』で主題歌としてリメイクされました。リメイク版では、中川翔子さんとコラボしています。

小林幸子&中川翔子 『風といっしょに』

2019年6月にはデビュー55周年を迎え、自身の思いをまとめた書籍『ラスボスの伝言』を出版しました。

ラスボスの伝言: 小林幸子の「幸」を招く20のルール

ラスボスの伝言: 小林幸子の「幸」を招く20のルール

幸子, 小林
1,320円(07/25 20:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

老若男女問わず、ファンを増やし続ける小林幸子さん。これからの活躍からも目が離せません!

小林幸子 プロフィール

本名:林幸子
生年月日:1953年12月5日
出身地:新潟県新潟市
血液型:A型
所属事務所:幸子プロモーション

1964年、10歳の時に『ウソツキ鴎』で歌手デビューした。1979年の『おもいで酒』が大ヒット。演歌だけではなく、ジャンルこだわらず歌手活動を続けている。2019年にはデビュー55周年に書籍『ラスボスの伝言』を出版。1998年にリリースされた『風といっしょに』が、2019年7月公開の映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』で主題歌としてリメイクされ、中川翔子とコラボしている。


[文・構成/grape編集部]

出典
VOCALOID【Sachiko】小林幸子さん インタビュー&メッセージ【VOCALOID4 Library】朝日DIGITAL小林幸子@バーチャルグランドマザー【キズナアイ×小林幸子】千本桜 歌ってみた【バーチャルコラボ】何でもバイブスを高めてくれるサチコチャン【小林幸子×FantasticYouth×島爺】小林幸子&中川翔子 『風といっしょに』※映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』主題歌

Share Tweet LINE コメント

page
top