grape [グレイプ]

中条きよしのホテルでの出来事とは? 『必殺仕事人』で熱演

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

中条きよし

俳優や歌手として活動している中条きよし(なかじょうきよし)さん。デビューから長年、芸能界で活躍しています。

そんな中条きよしさんの出演作品や、明かしたホテルでの出来事など、さまざまな情報をご紹介します。

中条きよしは『必殺シリーズ』で『三味線屋の勇次』を熱演

中条きよしさんを知る上で欠かせないのは、時代劇『新・必殺仕事人』(テレビ朝日系)です。『三味線屋の勇次』を演じて、ブームを巻き起こしました。

中条きよしさんは『新・必殺仕事人』から、三味線屋の勇次としてレギュラー出演していますが、それ以前にも『必殺シリーズ』に出演。過去には、出演者のフランキー堺さんに吊されて殺される役も演じています。

当時、中条きよしさんは撮影の合間にフランキー堺さんと話す機会があり、「レギュラーでおいでよ」とひと押しされて、レギュラー出演することになったそう。

三味線屋の勇次の殺し道具は、三味線の糸。

これにも裏話があり、当時のカメラマンや照明係が「自分でキャラクターをつかんで決めないと人気が出ない」と中条きよしさんにアドバイス。中条きよしさんが知らないところでいろいろと考えたようで、殺し道具には三味線の糸を使って個性を出したとか。

これらのエピソードは、小学館が運営するニュースサイト『NEWSポストセブン』や、徳間書店が運営するニュースサイト『アサ芸プラス』の取材で分かっています。

中条きよしは『必殺仕事人Ⅲ』の挿入歌『忘れ草』も歌う

中条きよしさんは俳優よりも先に、歌手として活動しています。1974年のレコードデビューの後、俳優に転身しました。

『必殺シリーズ』では、挿入歌も担当しており、耳に残っている人もいるでしょう。

時代劇『必殺仕事人Ⅲ』(テレビ朝日系)では、挿入歌『忘れ草』を歌いました。

中条きよしさんは演者としてだけではなく、歌手としても『必殺シリーズ』に関わったことになります。

中条きよしはドラマ『後妻業』に出演していた

中条きよしさんは俳優として、さまざまなドラマに出演。その1つに、2019年1月から3月にかけて放送されたドラマ『後妻業』(フジテレビ系)があります。

同ドラマは、木村佳乃(きむらよしの)さん演じる武内小夜子が、後妻業で荒稼ぎしていくストーリーです。原作や映画版とは違う部分があり、男女4人の恋愛模様も描かれています。

中条きよしさんは、2019年3月12日に放送された第8話に舟山喜春役として出演。役柄は広大な不動産をもつ人物で、高橋克典さん演じる柏木亨が経営する結婚相談所に登録しました。

柏木は舟山が登録したことを、武内小夜子に報告。久々の上客になったため、武内小夜子は舟山に目をつけます。

これまで後妻に入った男たちとは違って、紳士的で落ち着いた舟山に魅力を感じることに。

ところが、舟山にほとんど財産がないことが判明します。それだけではなく、武内小夜子のカードやお金を盗まれてしまうのです。

その後も、一山ある展開となっています。

普段からダンディーで落ち着いていて、大人の魅力を感じる中条きよしさん。同ドラマでもその雰囲気が感じられます。

中条きよしの『バイキング』での発言が話題に

中条きよしさんは、昼のトークバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)にたびたび出演。日々起こる事件や出来事について、さまざまな意見を述べています。

時には、発言が話題になることも。

2018年4月にアイドルグループ『TOKIO』の元メンバーである山口達也さんが強制わいせつ罪で書類送検されました。

『バイキング』でも、山口達也さんの事件について取り上げ、出演者が討論します。

中条きよしさんは「女子高生がどういう経緯で山口さんの家に行ったか分からないが、2人で行ったなら蹴飛ばしてでも逃げて帰って来られる」と発言。被害者の女子高生に落ち度があるようないいかたが話題となりました。

この日、共演した薬丸裕英さんや東ちづるさんは、中条きよしさんの発言を批判。番組MCの坂上忍(さかがみしのぶ)さんも、「女子高生の非ではない」と控えめに発言しました。

視聴者からの反響も多く、そのほとんどは中条きよしさんの発言に対する批判です。生放送がゆえに、世間の反応をダイレクトに受けた発言でした。

中条きよしが宿泊したホテルで起きた出来事を披露

中条きよしさんは俳優や歌手として長年、活躍しています。

若いころは特に多くの女性ファンがいたことでしょう。人気者であることは嬉しいですが、時には嫌な思いをすることも。

2019年6月13日に放送された『バイキング』で、中条きよしさんは過去の出来事を語ります。

この日、番組は歌手や俳優として活躍する福山雅治さんの一部のファンによる迷惑行為やマナー違反を取り上げました。

中条きよしさんは「俺も30代や40代のころは『キャー』っていわれたことがある」と前置きし、過去の出来事を話し始めました。

その内容は、長期公演で1か月ほどホテル暮らしが続いていた時に、部屋のインターフォンを夜中に何度も鳴らされたというものでした。

インターフォンが鳴ってドアを開けると、誰もいないというのが何度もあったとのこと。

おかしいと感じた中条きよしさんはホテルのフロントに相談して、防犯カメラで調べてもらうことに。すると、目の前に宿泊していた人の仕業だったことが判明。

後援会にも入っていた人物だったようで、除名処分にしたことも話しました。

中条きよしの現在・これから

中条きよしさんはオフィシャルブログ『俺が仕事人だ』を開設しています。

現在は、『バイキング』に木曜日のマンスリーレギュラーとして出演中です。

直近の活動では、バラエティ番組やドラマへの出演もありますので、今後の活躍にも期待がかかります。

中条きよし プロフィール

生年月日:1946年3月4日
出身地:岐阜県
血液型:B型
身長:178cm
所属事務所:エクセルリング

歌手、俳優、コメンテーターなど多くの分野で活躍。歌手としては1974年にリリースした『うそ』が150万枚を超える大ヒットを記録。『第25回NHK紅白歌合戦』にも出場し、以降もヒット曲を多数輩出。時代劇『必殺シリーズ』では三味線屋の勇次を演じて、注目を浴びる。大河ドラマ『利家とまつ』(NHK)にも出演。そのほか、映画でも活躍し、コメンテーターとしてトークバラエティ番組にも出演している。


[文・構成/grape編集部]

出典
@gosaigyo_ktvバイキング

Share Tweet LINE コメント

page
top