grape [グレイプ]

前田美波里の美しさの秘訣は『体操』? ミュージカル『ピピン』での演技に称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

前田美波里

前田美波里(まえだびばり)さんは、すらりとしたスタイルと華やかさが印象的な俳優です。

これまで、劇団四季や東宝の舞台を中心に、さまざまな作品に出演し、映画、ドラマ、CMでも活躍してきました。

最近では、俳優としての活動だけでなくバラエティ番組にも多数出演し、注目を集めています。

ここでは、前田美波里さんの美しさの秘訣や、これまでの出演作品、元夫のマイク眞木(まいくまき)さんとの関係性など、さまざまな情報をご紹介します。

前田美波里の年齢は? 元気の源は『エゴスキュー体操』

前田美波里さんは、1964年に芸術座のミュージカル『ノー・ストリングス』で俳優デビュー。

169cmの長身と手足のすらっとしたスタイルを活かし、舞台を中心に、映画、ドラマ、化粧品メーカーのキャンペーンガールなど幅広く活躍しています。

70歳を超えた現在でも、そのスタイルのよさは健在。前田美波里さんは『Sponichi Annex』でのインタビューで、美と健康の秘訣を2011年から始めた『エゴスキュー体操』だと語っています。

『エゴスキュー体操』は、アメリカのピート・エゴスキューさんが開発したもの。

前田美波里さんは小学生の頃に負ったケガにより、背骨がS字形に少し曲がっていて、その影響から腰や肩、股関節の痛みに悩んでいたそう。

しかし、知人から紹介された『エゴスキュー体操』を始めたところ、痛みが消え、悩みが解消されたのだとか。

若さの秘訣について、前田美波里さんはこのように語っています。

年齢を気にすること自体、私にはナンセンス(笑い)。数字は関係ないですよ。この年代になると、あっちが痛い、こっちが痛いというところが出てくるのは当たり前。それを口にするのではなく、自分で変えていかないとね。

Sponichi Annex ーより引用

前田美波里さんは、毎日『エゴスキュー体操』を続け、そのほかにも発声練習をしたり、朝食を野菜中心にしたりするなど、「いつまでも舞台に立っていたい!」という強い気持ちで、日々努力を重ねているようです。

年齢をいい訳にせず、前向きに行動する姿勢がいつまでも若々しく輝ける秘訣なのかもしれませんね。

『前田美波里』の出演作品を探す

前田美波里、ミュージカル『ピピン』での演技に称賛の声

前田美波里さんは、1964年に上演されたミュージカル『ノー・ストリングス』で俳優デビューして以来、数々の舞台に出演しています。

1979年に上演された劇団四季のミュージカル『コーラスライン』では、主役ではないものの、物語の中で重要な役を見事獲得。この時の演技が高い評価を受け、『コーラスライン』は前田美波里さんの代表作となりました。

その後も劇団四季のさまざまな作品に出演し、ミュージカル『アプローズ』では主演を務めています。

これまで、数々の作品に出演し、舞台を中心に活躍してきた前田美波里さんは、2019年6~7月にかけて上演されたブロードウェイ・ミュージカル『ピピン』にも出演。

『ピピン』は、ミュージカル『シカゴ』や、ミュージカル映画『キャバレー』などで有名な鬼才・ボブ・フォッシーが演出、振り付けを手がけたブロードウェイ・ミュージカル。1972年にブロードウェイで初演され、トニー賞5部門を受賞しています。

前田美波里さんが出演した日本語版の『ピピン』は、ブロードウェイ版のクリエイティブチームが再集結して作られた作品。ブロードウェイクオリティで、日本の最高峰の役者がそろいました。

前田美波里さんの『ピピン』での役どころは、城田優(しろたゆう)さん演じる主人公の祖母・バーサ役で、中尾ミエ(なかおみえ)さんとのWキャストです。

『シルク・ドゥ・ソレイユ』のようなサーカスアクロバット、イリュージョンを導入した作品の中で、前田美波里さんは70代にして空中ブランコに挑戦。空中ブランコで『No Time At All』を歌い、観客から拍手喝采を浴びました。

いくつになってもチャレンジ精神を持ち、舞台の上で輝く姿が本当に素敵ですね。

前田美波里は『ガキ使』の笑ってはいけないシリーズにも出演経験あり

前田美波里さんは、俳優としての活動にとどまらず、バラエティ番組にも多数出演しています。

2009年の大晦日から元旦にかけて放送された、お笑いバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の企画『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』に出演し、話題となりました。

前田美波里は20歳で結婚 孫がきっかけで元夫と現在も仲よし

前田美波里さんは、1968年に俳優で歌手のマイク眞木さんと結婚。その後、長男の眞木蔵人(まきくろうど)さんに恵まれますが、1975年に離婚しました。

そんな2人は、2015年に週刊誌『女性自身』のインタビューに応じ、さまざまなことを語りました。

舞台への情熱を捨て切れなかった前田美波里さんは、息子の真木蔵人さんを置いて家を出たそう。

しかし離婚後も、前田美波里さんとマイク眞木さんの仲は良好。家族ぐるみで交流しているといいます。

離婚後、2人が会うようになったのは、真木蔵人さんがきっかけだったそう。当時、孫のいづみさんに会うため、前田美波里さんは千葉の外房で暮らしていた真木蔵人さんを訪ねて行くと、たまたま近くに住むマイク眞木さんも遊びに来ていて、そこから自然と交流するようになったようです。

別れてからもいい関係性でいられるのは、2人の枠にとらわれない柔軟な考えや人柄もあってのことでしょうね。

前田美波里はインスタをやっている?

前田美波里さんは、インスタグラムなどのSNSのアカウントは持っていないようです。

前田美波里さんの最新情報を知りたい方は、所属事務所の公式サイトをチェックしてみてください。

前田美波里の現在・これから

前田美波里さんは、2019年に上演されたブロードウェイ・ミュージカル『ピピン』に出演。

また、2019年6月にはドラマ『おかしな刑事 スペシャル3』(テレビ朝日系)に出演するなど、舞台以外でも幅広く活躍しています。

いくつになっても輝きを放ち、多くの人を魅了し続けている前田美波里さん。これからの活躍も応援しています!

前田美波里 プロフィール

生年月日:1948年8月8日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:169cm
所属事務所:オスカープロモーション

1964年に芸術座のミュージカル『ノー・ストリングス』で俳優デビュー。主な出演作に『コーラスライン』、『アプローズ』がある。主演を務めた『アプローズ』では、第30回松尾芸能賞優勝賞を獲得。舞台での活躍にとどまらず、映画やドラマ、バラエティ番組にも出演。1966年には資生堂のキャンペーンガールを務める。2019年には、ブロードウェイ・ミュージカル『ピピン』に出演し、喝采を浴びている。

『前田美波里』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
Sponichi Annexpippinduck@pippinduckオスカープロモーション女性自身

Share Tweet LINE コメント

page
top