grape [グレイプ]

松原智恵子の現在の姿に「美しい!」の声 若い頃は吉永小百合よりも人気だった?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

松原智恵子

16歳で映画デビューして以降、さまざまな作品に出演し続ける松原智恵子(まつばらちえこ)さん。

清楚で上品な雰囲気は今もなお健在で、日本の映画界になくてはならない存在の1人です。

ここでは、松原智恵子さんが出演した映画作品や、ブロマイドの売り上げが1位になった過去、車好きの一面についてなど、さまざまな情報をご紹介します。

松原智恵子は16歳で映画デビュー

松原智恵子さんは、日活株式会社が行った『ミス16歳コンテスト』で入賞したことをきっかけに芸能界入り。1961年公開の映画『夜の挑戦者』で、16歳で映画デビューを果たしました。

また、同年には映画『明日に向かって突っ走れ』にヒロイン役で抜擢されています。

1963年には橋幸夫(はしゆきお)さんと吉永小百合(よしながさゆり)さんのデュエット曲『いつでも夢を』を映画化した同名作品にも出演しました。

1965年には映画『夜明けのうた』、1967年には映画『夕笛』に出演。さらに、1968年には映画『無頼より 大幹部』でヒロイン役を務めます。

『無頼』はシリーズ化するほど人気となり、松原智恵子さんも出演し続けました。

松原智恵子さんはデビュー以降、毎年数十本の映画に出演するなど躍進を見せます。

1969年には映画『青春の鐘』に出演。1976年公開の映画『新仁義なき戦い 組長最後の日』にも出演しています。

2000年代に入っても出演作は途切れません。2002年には北野武(きたのたけし)監督の映画『Dolls』、2006年には映画『釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ!』、2008年には映画『グーグーだって猫である』に出演しました。

さらに、2010年の映画『サヨナライツカ』や、2014年の映画『いつかの、玄関たちと、』、2017年の映画『僕らのごはんは明日で待ってる』にも登場しています。

松原智恵子さんは、デビューから60年近く経ちますが、俳優として活躍し続け、上品な雰囲気と高い演技力で世の人々から支持を受けているのです。

松原智恵子の若い頃に「美人」 吉永小百合を抑えブロマイドがトップに

松原智恵子さんは日活株式会社の作品に出演していたことから、和泉雅子(いずみまさこ)さん、吉永小百合さんと合わせて『日活3人娘』と呼ばれていました。

透明感を感じさせ、清楚で上品な印象の強い松原智恵子さんは、1960年代当時、ほかの名だたる俳優を抑えて、ブロマイドの売り上げが女優部門で1位を獲得。松原智恵子さんは多くの男性ファンを魅了する俳優だったのです。

往年の映画を見た人は、松原智恵子さんの若い頃の美しさに驚く人もいます。

・松原智恵子さんの若い頃がめっちゃかわいすぎて泣いた。

・若い頃の松原智恵子さん、死ぬほどかわいいな。

・若き日の松原智恵子さんはすさまじく美しいと思う。今も十分美しいですが。

松原智恵子は27歳で結婚、39歳で息子を出産する

デビュー以降、ドラマ・映画に多数出演している松原智恵子さん。

プライベートでは27歳の時に、ジャーナリストとして活動していた黒木純一郎(くろきじゅんいちろう)さんと結婚しました。

2人の出会いは、松原智恵子さんが22歳の時。雑誌の密着取材がきっかけで知り合い、その5年後にゴールインしました。

松原智恵子さんと夫・黒木純一郎さんは、新婚旅行でアフリカ大陸の100日横断に挑戦したそうです。

松原智恵子さんは結婚後も俳優として活躍し続け、38歳の時に待望の第1子を授かりました。そして、39歳の時に息子を出産しています。

松原智恵子は何歳? 美しさの秘訣は2つの『バランス』

松原智恵子さんは2019年で74歳です。年齢を重ねても美しさをキープしており、その2つの秘訣を週刊誌『女性自身』のインタビューで明かしています。

松原智恵子さんが17歳の頃から活用しているのがエアロバイク。自宅に置いてエアロバイクを漕ぎながら好きなテレビ番組を見ているそうです。

また、普段からバランスボールに乗って、体型キープに努めているとのこと。

ほかにも運動を意識して行うだけではなく、外出する際には歩くことも心がけているそうです。

また、肌の美しさも74歳とは思えないほどきれいな松原智恵子さんは、食事のバランスにも気を配っているそう。

食べるものもやっぱり“バランス”が大事ね。主食、主菜、副菜、汁物の組み合わせを意識してメニューを考えるようにしています。

女性自身 ーより引用

スキンケアに関しては、敏感肌でエステを行うと肌に刺激を与えてしまうため、メイクをしっかり落とすことを毎日心がけているといいます。

松原智恵子さんの美の秘訣は、毎日の積み重ねで作られていることが分かりますね。

松原智恵子は車好き?

ドラマや映画に出演すると、美しく可憐な印象を与える松原智恵子さんは、実は車好きというワイルドな一面を持っています。

松原智恵子さんは、トヨタ博物館が発行しているオフィシャルマガジン『T-TIME(館だより)』で、車にまつわる思い出を語っていました。

松原智恵子さんが軽自動車免許を取得したのは、高校3年生の夏休み。父親にマツダのキャロルを購入してもらい、自宅があった調布から近くの撮影所まで自分で運転して通っていたそうです。

20歳の頃に普通免許を取得すると、トヨタ自動車のコロナに乗り換え、以降もスカイラインやグロリア、ベンツとさまざまな車種を乗りこなします。

夫の黒木純一郎さんとヨーロッパから北アフリカを巡るハネムーンへ出かけた時も、運転を交代しながら旅をしたことを告白し、タフな一面をうかがわせました。

現在は、仕事で移動する時は自分で運転はしないようですが、後部座席で化粧をしたり着替えたりすることから、松原智恵子さんにとって車は『移動する部屋』のように感じているそうです。

松原智恵子の現在・これから

松原智恵子さんは2019年4月8日からスタートしたドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)に出演しています。

同年5月31日には出演映画『長いお別れ』が公開。松原智恵子さんは、認知症になり記憶を失っていく夫を懸命に支える妻役で出演しています。

映画『長いお別れ』本予告

さらに、2020年には出演映画『戦国ガールと剣道ボーイ~正々堂々~』が公開予定です。

俳優として60年近く芸能界で活躍し続ける松原智恵子さん。これからの活躍も期待しています!

松原智恵子 プロフィール

生年月日:1945年1月6日
出身地:愛知県名古屋市
血液型:O型
身長:158cm
所属事務所:グランパパプロダクション

日活の『ミス16歳コンテスト』で入賞し、芸能界入り。1961年の映画『夜の挑戦者』で映画デビューして以降、毎年数十本の日活映画に出演する人気俳優へと成長。60年代には吉永小百合を抑えてブロマイドの売り上げが1位になった実績を持つ。プライベートでは、27歳の時に結婚し、39歳で第1子を出産。芸歴が60年近く経った現在も、俳優としてドラマや映画に多数出演し、活躍し続けている。


[文・構成/grape編集部]

出典
女性自身5月31日公開『長いお別れ』本予告グランパパプロダクション

Share Tweet LINE コメント

page
top