grape [グレイプ]

三上真史は『プレバト!!』やテレビ静岡『くさデカ』に出演!嫁は高校時代の後輩で第1子も誕生している

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

戦隊ものなどへの出演で注目を浴びた俳優、三上真史さん(みかみまさし)さん。さまざまなジャンルの作品に出演し、存在感を見せています。

そんな三上真史さんについて、出演情報や家族などを中心にお伝えしていきます。

三上真史が『プレバト!!』に出場し1位になった

三上真史さんは、芸能人や著名人がさまざまな分野において、才能を競うバラエティ番組『プレバト!!』(TBS系)に出演したことがあります。

番組内では、『才能査定ランキング』と称され、俳句や生け花、盛り付け、絵手紙などさまざまなジャンルにおいて能力がランク付けされます。

三上真史さんは2017年10月19日に放送された『プレバト!!』のドライフラワー才能査定で満点評価の1位を獲得しました。

三上真史さんはブーケ用のホルダーに目をつけ、それを逆さにして土台づくり。

土台が完成した後は、黙々とドライフラワーをアレンジしていき、ひらめくままに仕上げた作品はなんと、ランプのシェードでした。

この作品は満点を獲得。視聴者からは「三上さんが1位だと確信していました」といった声が寄せられています。

また、三上真史さんは2019年6月20日に放送された『プレバト!!』で、『夏のいけばな頂上決戦 第1回水無月杯』として、初めてのタイトル戦に挑んでいます。

生け花バトルに挑んだのは、三上真史さんのほかに、紫吹淳(しぶきじゅん)さん、武井壮(たけいそう)さん、泉谷しげる(いずみやしげる)さん。『あじさい』と『バラ』という調和が難しい2つの花をテーマにバトルが行われました。

審査を務めた假屋崎省吾(かりやざきしょうご)さんが接戦と判断したほど、挑戦者たちの実力は五分五分。『プレバト!!』の出演で、三上真史さんが意外な能力を持っていることが分かりました。

三上真史は静岡のローカル番組『くさデカ』に出演している

三上真史さんは、俳優活動だけではなくバラエティ番組の出演も多いです。バラエティ番組『くさデカ』(テレビ静岡)にもレギュラー出演しています。

『くさデカ』は、毎週土曜日18時30分から19時まで放送される番組。静岡県内で話題となっているグルメ情報を発信していきます。設定として、通称『くさなぎ署』の刑事たちがリサーチする内容となっています。

前身番組である『くさなぎ署の刑事(デカ)』を含めると900回以上放送されており、2019年現在で20年ほど続く、静岡のローカル番組です。

同番組に、三上真史さんは、『園芸王子』という愛称で2017年5月から出演中。ギャル曽根(ぎゃるそね)さんの事務所の後輩として登場。白いスーツをかっこよく着こなしています。

三上真史さんは、『くさデカ』の出演情報や撮影風景を自身の公式ブログで更新しています。三上真史さん自身が担当する『園芸王子が祝福!』という企画もあります。2019年7月13日の放送回で、ちょうど第10弾を迎えました。

新たにオープンする店の特集で、三上真史さん本人が作った寄せ植えをプレゼントして祝福。『園芸王子』の名前にふさわしい企画となっています。

三上真史の結婚相手の画像はある? 第1子も誕生

ここからは、三上真史さんの家族について紹介します。

三上真史さんは、2017年5月に一般女性と結婚しています。一般女性ということで名前や顔写真は公開されていませんが、高校の後輩だといいます。

2人は、10年にもおよぶ交際を経て、めでたくゴールイン。純愛を貫いての結婚ですので、好感を持った人も多いのではないでしょうか。

2018年11月29日には第1子が誕生。当時、35歳だった三上真史さんにとって嬉しい出来事になったことでしょう。自身の公式ブログでも、第1子誕生の喜びをつづっています。

私事ではございますが、先程、第一子が誕生しましたことをご報告させていただきます。 母子共に健康で、新たな生命の誕生に心より感動しております。 これからもまた決意新たに、より一層精進して参る所存ですので、今後共変わらぬご声援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

三上真史オフィシャルブログ ーより引用

三上真史と『辻本祐樹』のようなサイズ感!二人芝居『Equal-イコール-』で共演

三上真史さんは辻本祐樹(つじもとゆうき)さんと、二人芝居『Equal-イコール-』で共演しました。

脚本と演出を、末満健一(すえみつけんいち)さんが手がけたことでも話題になった同舞台。2人の役者が幼なじみの青年を演じ、ストーリーが展開すると入れ替わってしまう錬金術がキーワードです。

しかし、ファンタジーではなく現代の問題につながる要素もあり、最後まで展開を追ってくと作品名でもある『イコール』に結びつく…という内容です。

三上真史さんと辻本祐樹さんは同じ映画でデビューし、舞台での共演経験もあります。そのため、信頼関係も強く、二人芝居『Equal-イコール-』でも息のあったかけあいを見せています。

ちなみに『Equal-イコール-』は、三上真史さんが辻本祐樹さんと作品を仕上げたいと希望して、実現した作品。三上真史さんは、30代になっても二人芝居ができる喜びを感じながら演じ切りました。

三上真史の現在・これから

三上真史さんは現在、いくつかの番組にレギュラー出演しています。まずは、趣味番組『趣味の園芸』(NHK)に2011年から長期にわたり出演中です。また、地域情報番組『猫のひたいほどワイド』(テレビ神奈川)に水曜レギュラーMCとして登場しています。

さらに、前述のバラエティ番組『くさデカ』にも継続して出演。ラジオ出演もあり、ラジオ番組『MUSIC GARAGE』(Radio NEO)には木曜の出演です。

三上真史さんは、舞台やドラマ、映画の出演を数多くこなしてきました。今後もレギュラー出演の番組以外でもさまざまな作品に登場するでしょう。これからの活躍を期待します。

三上真史 プロフィール

生年月日:1983年6月20日
出身地:新潟県
血液型:A型
身長:177㎝
所属事務所:ワタナベエンターテイメント

明治大学政経政治経済学部卒業。俳優集団『第4回 D-BOYSオーディション』の準グランプリを受賞。D-BOYSのメンバーとして活躍。2017年4月に卒業し、2006年に特撮ヒーロードラマ『轟轟戦隊ボウケンジャー』(テレビ朝日系)の出演で注目を浴びる。そのほか、映画『スウィングガールズ』やドラマ『ナサケの女 〜国税局査察官〜』(テレビ朝日系)の出演も有名。趣味番組『趣味の園芸』に出演し、『園芸王子』の愛称で親しまれている。2017年5月に結婚し、2018年11月には第1子が誕生した。


[文・構成/grape編集部]

出典
三上真史オフィシャルブログワタナベエンターテイメント@engeiouji

Share Tweet LINE コメント

page
top