grape [グレイプ] society

『イカゲーム』がリアリティ番組に…!? 賞金は日本円で約6億1千万円!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年9月に動画配信サービス『Netflix』で配信された、韓国のサバイバルドラマ『イカゲーム』。

韓国や日本だけでなく、世界90か国でヒットを記録したドラマです。

『イカゲーム』とは、456人の参加者たちが大金を得るために、『だるまさんがころんだ』や『綱引き』など、日本でもなじみのある遊びで争うゲーム。

大金を手にすることができるのは、勝ち残った1人だけであり、そのほかの敗者には死が待っている『デスゲーム』です。

『イカゲーム』のリアリティ番組!?参加者募集開始

2022年6月15日、動画配信サービス『Netflix』が、『イカゲーム』を題材とした、リアリティ番組『Squid Game: The Challenge』の制作を発表しました。

なんと、賞金は456万ドル。日本円で約6億1千万円を、参加者で奪い合う番組なのだとか。

参加者はドラマ『イカゲーム』と同じく456人。Netflixによると、リアリティーショーとしては史上最大規模の番組となるそうです。

募集対象はアメリカ、イギリス、それ以外の3つの地域に分けられており、日本国内からの応募も可能。

しかし、英語でのやりとりに支障がない英会話能力が必須です。

撮影は2023年頃を予定しており、最大4週間、ゲームに参加できることや、撮影時点で21歳に達していることなども条件として課されています。

ドラマ『イカゲーム』と大きく違う点は、ゲームに参加することによって死んでしまうことはないこと。安心して、ゲームに参加できそうです…。

「我こそは…!」という人は、『Squid Game: The Challenge Casting』に応募してみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@netflixSquid Game: The Challenge Casting

Share Tweet LINE コメント

page
top