grape [グレイプ]

西尾まりの現在は? 『ケイゾク』や『ギボムス』など多数の作品に出演

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

西尾まり

西尾まり(にしおまり)さんは、子役として幼い頃からドラマに出演。現在も俳優として芸能界で活躍し、さまざまな作品に出演しています。

ここでは、西尾まりさんが出演した話題作や、趣味の登山、2児の母親としての顔、インスタグラムなど、さまざまな情報をご紹介します。

西尾まりは3歳で子役デビュー 『ケイゾク』では中谷美紀の親友役に

俳優として活躍している西尾まりさんのデビューは3歳で、子役として活動していた経歴を持っています。

『NIKKEI STYLE』のインタビューによると、西尾まりさんはもともと『きつ音』があり、心配した両親が自宅近くの児童劇団に入団させたことがきっかけで、幼い頃から演技に親しむようになったそう。

子役として初めて出演したのが、1979年の大河ドラマ『草燃える』(NHK)です。

その後も、1985年に放送されたドラマ『うちの子にかぎって…』(TBS系)や、1987年放送のドラマ『パパはニュースキャスター』(TBS系)に出演してきました。

2000年にはスペシャルドラマ『はなまるマーケット殺人事件』(TBS系)、2005年にはドラマ『涙そうそう この愛に生きて』(TBS系)に出演するなど、俳優として順当に活動を続けます。

また、1999年には大人気となったドラマ『ケイゾク』(TBS系)に出演。『ケイゾク』は、東大卒のエリートで天才的な頭脳を持つ女性刑事・柴田純と、元公安出身で叩き上げの刑事・真山徹が犯罪者との知恵比べを展開する刑事ドラマです。

柴田純役を中谷美紀(なかたにみき)さん、真山徹役を渡部篤郎(わたべあつろう)さんが演じ、西尾まりさんは中谷美紀さんの親友役で登場しました。

『ケイゾク』は2000年に『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』というタイトルで映画化され、西尾まりさんも引き続き登場しています。

西尾まりは『ギボムス』にも出演

西尾まりさんは、2018年に放送されたドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)にも出演。『義母と娘のブルース』は『ギボムス』の略称で親しまれたドラマです。

『ギボムス』は、金属会社・光友金属の営業部長を務める33歳の岩木亜希子が主人公。シングルファーザーのもと育てられている8歳の女の子・宮本みゆきの前に、岩木亜希子が義母になるため現れるところから物語がスタートします。

キャリアウーマンとして仕事一筋だった宮本亜希子が、今まで培ってきた仕事のスキルを義母としても活かしながら、娘となる宮本みゆきと接し、一生懸命に『母』となる様子を描いたドラマです。

西尾まりさんは、みゆきのクラスメイトの母親・今井園子役で第3話から登場しました。

園子はPTAの書記を務めており、PTAの廃止を訴える亜希子と対立する場面も。

主人公を綾瀬はるか(あやせはるか)さんが演じた『ギボムス』は、最終回で19.2%の視聴率を叩き出し、大人気ドラマの仲間入りを果たしました。

『西尾まり』の出演作品を探す

西尾まりの趣味は登山

西尾まりさんは所属事務所のプロフィールで、特技に『登山』と記載するほど登山に慣れ親しんでいます。

ラジオ番組『ラジオシアター~文学の扉』(TBSラジオ)に出演した、西尾まりさん。登山を始めたきっかけは読書で、本に描かれる世界を体験するためだったそうです。

20代の頃には北アルプスの縦走にも挑戦しています。

さらに、登山家・野口健(のぐちけん)さんのエベレスト登頂をサポートするため、ベースキャンプに滞在するなど本格的に活動してきました。

西尾まりさんは自身の登山歴を活かし、2014年には自然紀行番組『日本の名峰・絶景探訪』(BS-TBS)にも出演。大分県と宮崎県の県境に位置し、標高が1756mもある祖母山や、1700mを超える山々がひしめく、くじゅう連山を紹介する放送回に登場しました。

若い頃とは違う目線で山の素晴らしさを実感し、登山の楽しみを堪能した西尾まりさん。西尾まりさんの山に対する真剣な思いと経験は、俳優の枠を超えた仕事にもつながっています。

また、2019年5月29日に放送されたバラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)に、登山にどっぷりハマる俳優として登場すると、視聴者からも驚きの声が上がっていました。

・西尾まりさん、好きな俳優さんだ。登山が趣味なのか。ますます好感。

・西尾まりさんは山ガールなんだ。私生活もアクティブだね!

西尾まりには息子が2人いた!

3歳の頃から子役として活躍してきた西尾まりさん。プライベートでは、31歳の時に一般男性と結婚しています。

その2年後には、第1子を出産。さらに、もう1人子宝に恵まれ、現在は2児の母親です。

2017年に行われた『NIKKEI STYLE』のインタビューでは、クリーニング店を営む両親と過ごした自身の幼少時代を振り返りながら、息子の子育てについても語っていました。

「言葉ではなく、働きながら子育てする姿に教えられた気がします。小学生の息子に『何でいつも家にいないの』と言われると『ご飯や電気、水道も全部、働いたお金のおかげなの』と話すのですが、私自身は親にそういうことを言われた記憶がありません。働いている親を見て、勝手にそう思い、育ってきたのかな。私も働いている姿を見せられればいいのかな、と思うようになりました」

NIKKEI STYLE ーより引用

西尾まりはインスタをやっている?

西尾まりさんは、インスタグラムのアカウントを持っています。

インスタグラムでは、共演した芸能人との仲よしショットや、おいしそうな料理の投稿が多いです。西尾まりさんの素敵な日常を垣間見ることができます。

また、同じく俳優として活動している、ともさかりえさんのインスタグラムやブログにもたびたび登場しています。

西尾まりちゃんにお誘いいただいて
急遽、夕飯を一緒に食べることに。
まりちんの美味しい鶏団子鍋を堪能。
私は納豆パスタを作りました。
子供達は子供達で盛り上がり、
大人は大人でのんびりお喋りして
いやぁ最高だわ〜と
土曜日の夜を満喫していたら、
息子から「泊まっていきたい」と
予想外の言葉が出てきたもんだから
マジか!!とビビるまりちんと私。
いつだって家に帰りたがるのに…。

ともさかりえオフィシャルブログ ーより引用

ともさかりえさんは、西尾まりさんの自宅に息子を連れて遊びに行くほど仲よしだそう。

西尾まりさんとともさかりえさんは、職業が俳優で子供が男の子という共通点があるため、日常の会話が弾みそうですね。

西尾まりの現在・これから

西尾まりさんは、2019年5月31日~6月27日まで上演された舞台『三婆』に出演しました。

また、同年7~9月にかけて放送されたドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)の第9話にも出演しています。

さらに、同年10月から放送されているドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)にも出演中です。

高い演技力でドラマや映画作品を支える、西尾まりさん。これからの活躍も期待しています。

西尾まり プロフィール

生年月日:1974年4月2日
出身地:東京都
所属事務所:シス・カンパニー

幼い頃から児童劇団に入団し、3歳の頃に子役としてデビュー。1979年の大河ドラマ『草燃える』(NHK)でドラマデビューを飾る。その後も1985年放送のドラマ『うちの子にかぎって…』(TBS系)や1987年のドラマ『パパはニュースキャスター』(TBS系)などに出演。子役から俳優への道に進み、演技力を磨き続けると、1999年のドラマ『ケイゾク』(TBS系)や2012年の舞台『英国王のスピーチ』、2015年のドラマ『まっしろ』(TBS系)などに抜擢される。現在も演技派の俳優としてさまざまな作品に出演し、活躍中。

『西尾まり』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
義母と娘のブルースNIKKEI STYLEmari_nishio_officialrie_tomosaka_officialともさかりえオフィシャルブログ4mari_tbsシス・カンパニー

Share Tweet LINE コメント

page
top