grape [グレイプ]

田山涼成が『徹子の部屋』で若い頃の苦労を明かす 海原はるかに「似てる」との声も

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

田山涼成

田山涼成(たやまりょうせい)さんは、多くのドラマや映画などに出演している俳優です。

ドラマなどで主役を支える大切な役どころを演じることが多く、気持ちよく笑う笑顔が印象に残っている人も多いことでしょう。

ほがらかでユニークなキャラクターから、バラエティ番組でも活躍する田山涼成さんのさまざまな情報をご紹介します!

田山涼成はこれまでにさまざまなテレビ番組に出演

田山涼成さんは1962年に『NHK放送児童劇団』に入団し、子役として活躍。1976年には『文学座附属演劇研究所』を第15期として卒業しました。

1980年に、演劇ブームの先駆けともなった、野田秀樹(のだひでき)さん主宰の劇団『夢の遊眠社』に入団しています。

1992年に劇団が解散した後は、2011年にバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー『グルメチキンレース・ゴチになります!12』で、当時の史上最年長メンバーに抜擢されました。

バラエティ番組でも活躍している田山涼成さんは、多くのドラマに出演しています。

連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)や木曜ミステリードラマ『警視庁・捜査一課長 season2』(テレビ朝日系)など、人気ドラマで主役を支える役どころを熱演。

シリアスな役からコミカルな役まで、実にさまざまな演技を見せてくれています。

『田山涼成』の出演作品を探す

田山涼成は『きのう何食べた?』で志賀廣太郎の代役を務めた

田山涼成さんは、ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)で志賀廣太郎(しがこうたろう)さんの代役を務めました。

このドラマは、料理上手な弁護士役を演じた西島秀俊(にしじまひでとし)さんと、美容師役を演じた内野聖陽(うちのせいよう)さんのW主演で、2人の暮らしを食を通して描いたストーリーです。

田山涼成さんは、西島秀俊さん演じる弁護士の筧史朗の父・筧悟朗役を演じました。

第10話まで悟朗役を演じていた志賀廣太郎さんが体調不良のために降板し、11話から田山涼成さんにバトンタッチ。どちらも味のある演技をする名脇役の俳優ですので、2人が演じた父親役は評判でした。

田山涼成が『相棒』に出演し、話題に

田山涼成さんは人気ドラマ『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)に出演し、話題になったことがあります。

このドラマは水谷豊(みずたにゆたか)さん演じる警視庁内の特命係に所属する右京と、その相棒が推理力や洞察力を駆使してあらゆる事件の捜査にあたるというストーリーです。

田山涼成さんが出演したseason6では、右京の相棒を寺脇康文(てらわきやすふみ)さん演じる薫が務めていました。

田山涼成さんはseason6の第14話で、シガーバーを経営する英役として出演しています。

役どころは、伊藤高(いとうたかし)さん演じる有名なウイスキー評論家の勝谷が何者かに殺害され、蟹江敬三(かにえけいぞう)さん演じるバーテンダーの三好と共に右京たちから疑いをかけられるというもの。

ベテラン俳優たちが勢ぞろいした、大人の雰囲気ただよう放送回となりました。

田山涼成、『徹子の部屋』で若い頃の苦労を明かす

今でこそ、あらゆるテレビ番組に引っ張りだこの田山涼成さんですが、若い頃はそれなりに苦労があったのだそう。

2019年7月24日放送のトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に田山涼成さんは妻の淑恵さんと夫婦で出演し、結婚当初の様子を語りました。

田山涼成さんは、結婚当初は年収が39万円ほどしかなかったそうで、妻の淑恵さんはアルバイトをしながら家計を支え、栄養バランスを考えた弁当を毎日作っていたといいます。

番組のMCを務める黒柳徹子(くろやなぎてつこ)さんは、仕事現場で「うまいなー」とつぶやきながら愛妻弁当を食べる田山涼成さんの姿を見かけたこともあるのだそう。

俳優として成功した今でも夫を愛妻弁当で支える妻と、それを感謝しながら食べる田山涼成さん。2人の仲のよさがうかがえるエピソードですね。

田山涼成と海原はるかが「似てる」と話題に

田山涼成さんは、海原はるか(うなばらはるか)さんに「似てる」と話題になっています。

海原はるかさんは漫才コンビ『海原はるか・かなた』のボケ担当。薄毛がトレードマークで、一九分けになっている髪を、相方の海原かなたさんに息で吹き飛ばされ、地肌が露出してしまうというギャグが人気です。

2009年7月に、海原はるかさんは自身のブログで田山涼成さんとのツーショット写真を掲載。ブログ内で次のように紹介しています。

海原はるかです。

今日初めてお会い出来ました。

え!
誰にですかって?

それは僕にそっくりな俳優の田山涼成さんです。

実際にお会いすると本当に良く似ております。

松竹芸能師匠たちのオフィシャルブログ ーより引用

写真を見ると2人は、広めのおでこだけでなく顔もよく似ています。

ニカっと気持ちよく笑う笑顔や輪郭、優し気な目元もそっくりですね。2人とも俳優や漫才師として、それぞれの業界でファンから愛されているという共通点もあります。

田山涼成の現在・これから

田山涼成さんは2019年9月時点で、内閣府による『中小企業も!働き方改革』のイメージキャラクターを務めています。

ほかにも、2019年9月放送の、千葉雄大(ちばゆうだい)さんが気鋭の将棋棋士役を演じたドラマ『盤上の向日葵』(NHK)に出演しました。

さらに、同年9月15日に放送されたコント番組『カバる!』(NHK)にも出演。人気芸人である千原兄弟やサンドウィッチマン、ロッチたちの鉄板ネタの『名作コント』を、田山涼成さんをはじめとする実力派俳優たちがカバーして演じるという内容です。

また、同年9月13日には、水谷豊さんと岸部一徳(きしべいっとく)さん、檀れい(だんれい)さん主演による時代劇『無用庵隠居修行3』(テレビ朝日系)に出演。2017年にドラマ化されて以来、好評を得ている痛快エンタメ時代劇となっています。

これからも田山涼成さんの活躍に期待していきましょう。

田山涼成 プロフィール

生年月日:1951年8月9日
出身地:愛知県名古屋市
所属事務所:シス・カンパニー

1962年に『NHK放送児童劇団』に入団。1976年に『文学座附属演劇研究所』を卒業。1980年に劇団『夢の遊眠社』に入団し、劇団解散まで主要メンバーとして活躍する。多くのドラマ・映画に出演し、バラエティ番組でも活躍している。

『田山涼成』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
@tx_nanitabe@unabara_haruka松竹芸能師匠たちのオフィシャルブログシス・カンパニー

Share Tweet LINE コメント

page
top