grape [グレイプ]

高岩成二ってどんな人? 『響鬼』を除く平成仮面ライダーシリーズで主役スーツアクターを担当

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

平成仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズなどで、主役スーツアクターを務めている高岩成二(たかいわせいじ)さん。

ここでは、高岩成二さんの活躍ぶりや、開催しているワークショップ、現在についてなど、さまざまな情報をご紹介します。

高岩成二は平成仮面ライダーシリーズの主役スーツアクターを担当

平成仮面ライダーシリーズには欠かせない、『ミスター平成仮面ライダー』として人気を集める高岩成二さん。

高岩成二さんは変身後の仮面ライダーを演じるスーツアクターです。

高岩成二さんが平成仮面ライダーシリーズに参加したのは、2作目の『仮面ライダーアギト』(テレビ朝日系)から。これまで『仮面ライダー響鬼』(テレビ朝日系)を除く18作品の平成仮面ライダーシリーズで主役スーツアクターを務めています。

高岩成二さんはスーパー戦隊シリーズでもスーツアクターを務めており、『忍者戦隊カクレンジャー』(テレビ朝日系)や『未来戦隊タイムレンジャー』(テレビ朝日系)などでレッド役を演じています。

『高岩成二』の出演作品を探す

高岩成二の『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』での演技に松井玲奈が驚き

俳優の松井玲奈(まついれな)さんが『マイナビニュース』のインタビューで、高岩成二さんのアクションについて語りました。

高岩成二さんと松井玲奈さんが共演した作品は、映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』。松井玲奈さんは才賀涼香(シザーズロストスマッシュ)役を演じ、高岩成二さんはスーツアクターとして、主役の仮面ライダービルドを演じました。

『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』 本予告

松井玲奈さんは高岩成二さんのアクションシーンを見学し、アクションや細かな演技に衝撃を受け、「やっぱりかっこいいなぁ」と思ったそうです。

仮面ライダーシリーズの大ファンを公言している、松井玲奈さん。インタビューでは高岩成二さんのアクションの魅力についても語っています。

高岩さんが演じられた各シリーズの(主役)ライダーそれぞれにちゃんと決めポーズがあって、そのポーズも、体の体重の乗せ方や角度とか、手を動かすスピード、空気感が違っていて、同じ人が演じているのにまったく別のライダーに見えるんです。

ご自身が演じられた何人もの仮面ライダーの動きを熟知していて、それぞれの細かな動きを演じ分けることができるというのは、本当にすばらしいですね。

ビルドとして、走っているだけ、たたずんでいるだけでも「ヒーロー」という空気をかもしだしていて、みんなが憧れるものをちゃんと持っていらっしゃるんだなあと、改めて思いました。

マイナビニュース ーより引用

高岩成二、『仮面ライダーゼロワン』から縄田雄哉が後継者に

高岩成二さんは2018~2019年にかけて放送された、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品となる『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)で主役スーツアクターを務めました。

2019年9月からは令和仮面ライダーシリーズ1作目となる『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)が放送。同作で、高岩成二さんは主役ライダーのスーツアクターを担当しておらず、大きな話題になっています。

新しく主役ライダーのスーツアクターを務めるのは、高岩成二さんと同じジャパンアクションエンタープライズに所属している縄田雄哉(なわたゆうや)さんです。

縄田雄哉さんは、俳優、スタントマン、スーツアクターとして活躍。仮面ライダーシリーズでは、映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の仮面ライダーアマゾンネオアルファ役、『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系)の仮面ライダーゲンム役をスーツアクターとして演じています。

高岩成二さんとは『仮面ライダージオウ』で共演し、縄田雄哉さんは仮面ライダーゲイツのスーツアクターを務めました。

高岩成二はワークショップを開催

高岩成二さんは、スーツアクターとしての活動のほかに力を入れているのが『T.A.W(Takaiwa Action Workshop)』というワークショップです。

このワークショップは、スーツアクターを目指している人やスキルアップを目指す人向けに、高岩成二さん自らアクションのコツや実技などを行うというもの。

実技内容は武器を使ったものから素手でのアクションなど多岐にわたり、本格的なアクションを習うことができます。

中には、子供や初心者向けのワークショップも。

2019年には大阪や名古屋、仙台などでも開催され、多くの人が参加しています。

高岩成二さんはブログで、今後全国でのワークショップの開催に力を入れていくことをつづっているため、興味がある人は参加してみてはいかがでしょうか。

高岩成二の現在・これから

高岩成二さんは前述の『仮面ライダーゼロワン』で、仮面ライダー滅のスーツアクターを務めています。

一方で、ワークショップを定期的に開催。高岩成二さんはワークショップについてブログで「人に伝えることの難しさと同時に、初心を思い出し、個人の勉強にもなる」とつづっています。

後進の育成に力を入れる高岩成二さんの今後の活躍も楽しみですね。

高岩成二 プロフィール

生年月日:1968年11月3日
出身地:埼玉県
血液型:B型
身長:175cm
所属事務所:ジャパンアクションエンタープライズ

スーパー戦隊シリーズでレッド役などのスーツアクターを務めた後、2001~2002にかけて放送された『仮面ライダーアギト』(テレビ朝日系)から、2018~2019年にかけて放送された『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)まで、『仮面ライダー響鬼』(テレビ朝日系)を除く18作品で主役の仮面ライダーを演じた。また、『T.A.W(Takaiwa.Action.Workshop)』を定期的に開催しており、後進の育成にも力を入れている。

『高岩成二』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』 本予告マイナビニュース@yuya_nawataジャパンアクションエンタープライズ

Share Tweet LINE コメント

page
top