grape [グレイプ] entertainment

アナウンサーが『前日の欠席』を報告すると… 川島明のコメントが、最高の上司

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年3月からスタートした、バラエティ番組『ラヴィット!』(TBS系)は、お笑いコンビ『麒麟』の川島明さんと、田村真子アナウンサーがMCを務めています。

同年4月26日の放送回で、体調不良を原因に、休みを取った田村アナ。翌日の放送では、元気な姿を見せました。

番組の冒頭に、田村アナは「新型コロナウイルス感染症が流行している中で、体調が優れなかったため、大事を取って休みをもらった。今は回復し、感染の疑いもないことを確認済みです」と報告。

すると横に立っていた川島さんは、田村アナに向かって「おかえりなさい」といい、スタジオの共演者に向けて、こう声をかけました。

本当になんか、もうね、ちょっと違和感があったら休んだほうがいい時代です、今は。

みなさんも、なんかちょっと前髪が決まらなかったとか、ちょっと靴ずれだと、そういう時も、全然休んでいただいて結構なんで。

ラヴィット! ーより引用

川島さんは、場の雰囲気を和ませるように、笑いをまじえて「何か体調に違和感があれば遠慮なく休みを取ってほしい」と伝えます。

出演者であるお笑いタレントのビビる大木さんが「本番中にネタがすべったら、途中退席をしてもいいか?」と冗談をいうと「本番中にすべって具合が悪くなるのは『お笑いタレントあるある』なんで、すぐ帰っていただいて結構です」と答えました。

最後に、川島さんは周囲に対してこうメッセージを送ります。

来やすい、休みやすい職場にしましょう。

ラヴィット! ーより引用

田村アナを労わるだけでなく、周囲にとって働きやすい環境を望む川島さんの発言は、ネット上で反響を呼びました。

・川島さんの発言が優しくて、すごいよかった。

・和んだ。私も前髪が決まらないので、休んでもいいかな…。

・川島さんのこういうところが好き。上司になってほしい。

かつては「多少の体調不良なら、休まずに働く」という風潮がありましたが、本来、体調が優れない際は身体を休め、治すことが最優先です。

また、新型コロナウイルス感染症がまん延する現代では、少しでも異変を感じたら人との接触を避ける行動を心がけ、感染拡大を防ぐことに注力すべきでしょう。

川島さんのいうように、体調不良の際は、遠慮せずに休みを取りやすい職場の環境を作っていけたら素敵ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ラヴィット!

Share Tweet LINE コメント

page
top