grape [グレイプ] entertainment

田中圭、自分の天才だと思うところは? 安田顕も「すごい」と称賛

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年10月15日からテレビ東京で放送される、金曜8時のドラマ『らせんの迷宮~DNA 科学捜査~』。

原作は、『ビッグコミック増刊号』(小学館)で連載された同名漫画です。

「DNAは嘘をつかない」が口癖の天才遺伝子科学者が、熱血刑事たちとともに、難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るヒューマンミステリーを描きます。

本作は、2020年4月から撮影していましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により一時中断し、放送延期となってしまいました。

2021年6月に再クランクインし、ようやく10月から放送が始まります。

主人公の天才遺伝子科学者・神保仁を演じるのは、俳優の田中圭さん。また、神保と事件解決のためにタッグを組む熱血刑事・安堂源次を演じるのは、俳優の安田顕さんです。

ほかにも、倉科カナさんや、渡辺いっけいさん、中田圭祐さん、松坂慶子さんが出演。

さらに、主題歌は世界的に人気を誇るアイドルグループ『BTS』の日本オリジナル楽曲『Stay Gold』で、ドラマを盛り上げます。

初回は2時間スペシャルのゲストとして、平岡祐太さんと小野ゆり子さんが出演。同年10月15日20時から放送です。

田中圭、安田顕がオンライン会見に出席

同年10月11日には、放送開始を前にオンライン会見を開催。ファンからの質問などに田中圭さん、安田顕さん、倉科カナさんが答えました。

田中圭さんは、1年半延期されたことによって「客観的に見ることができた」とコメント。安田顕さんも、「なかなか経験できないことができた」と振り返りました。

また、ドラマ内の神保に役柄『天才科学者』にかけて、自分の天才だと思うところを聞かれた3人。

田中圭さんは「どこでも寝られる天才」、安田顕さんは「ロケ先で迷子になる天才」、倉科カナさんは「記憶を消す天才」と回答し、盛り上がりを見せていました。

安田顕さんは早くも、続編を希望。ようやく放送される本作に、田中圭さんも期待を寄せ視聴者に「一筋縄ではいかなかったですけど、最後までお付き合いください」とメッセージを送りました。

grapeでは、オンライン会見の様子をたっぷりお届けします。

1年半空いた撮影だからこその安田顕さんの驚きのエピソードや、田中さんの家族とのやりとりも明かされていますよ。

気になった人は、次のページをご覧ください!

Share Tweet LINE コメント

page
top