grape [グレイプ] entertainment

【『インビジブル』感想7話】まなざしが支えるもの

By - かな  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

Twitterを中心に注目ドラマの感想を独自の視点でつづり人気を博している、かな(@kanadorama)さん。

2022年4月スタートのテレビドラマ『インビジブル』(TBS系)の見どころを連載していきます。

かなさんがこれまでに書いたコラムは、こちらから読めます。

ある程度年齢を重ねて社会の中で経験値を積むと、少しずつ世の中の善悪というのは入り混じっていて、ハサミで切り落とすように白黒はつかないのだと分かってくる。

犯罪と合法の境界線のようなきわどい判断ではなくても、誰かにとっての善と、他の誰かにとっての悪は絡み合っていて、見る角度の違いでしかないことも多い。

ただ、それを悟ったとしても、大半の人々は常識や一般的な善人としての領域に踏みとどまって生きていく。堕落せず、人を害さず、自分の判断に折り合いをつけて生きていく。

それを分かつものは何か。そんなことを考えてしまった。

3年前、家族同然だった後輩を捜査中に殺害されて以来、荒れた捜査でその犯人を捜し続ける刑事・志村貴文(高橋一生)の前に現れたのは、「インビジブル」と呼ばれ恐れられている裏社会の犯罪コーディネーター・キリコ(柴咲コウ)だった。

だが、犯罪者の情報提供と引き換えに捜査の実動を求めてきた彼女は、実際にはインビジブルではなく、本当のインビジブルである弟のキリヒト(永山絢斗)の、犯罪コーディネーターとして過激化していく暴走を止めることが真の目的だった。

キリコのその望みに呼応し、志村はキリヒトを止めるべく協力を申し出る。

そんな異色のバディを描いてきた『インビジブル』(TBS系金曜22時)。

ドラマは姉と弟の争い、そして警察内部の裏切りを巻き込みながらいよいよ終盤に向かっている。

この回では、急成長するITベンチャー企業の社長の殺害依頼をめぐる、志村とキリコのクールな連携が存分に楽しめた。

キリヒトが裏で糸を引いている殺人を社長の警護を通して止めようとする志村と、警察内部の内通者を密室に居ながらデータから洗い出そうとするキリコのやりとりは、時に携帯電話を通して、時に盗聴から逃れる為に小声で、抑えた声で淡々と交わされるけれども、その分だけ互いの信頼感がにじむ。

ふと、志村は相変わらず無愛想ではあるけれども、あまり荒んだ表情を見せなくなったなと思う。

志村とキリコの二人は、互いの能力と真摯さを信じあうバディではあるけれども、少なくとも今のところは恋愛関係ではない。大きな期待や依存を寄せ合うような湿った関係でもない。

簡単には名前のつけられない信頼感、それで十分だと思う。

高橋一生という俳優には、そんな乾いた信頼感のある役が不思議とよく似合う。

特殊能力を持つ偏屈な漫画家を演じた時も(2020年・2021年『岸辺露伴は動かない』NHK)、猟奇殺人犯を装いながら決して本心を明かさない男を演じた時も(2021年『天国と地獄』TBS系)、理屈っぽいセクシュアルマイノリティを演じた時も(2022年『恋せぬふたり』NHK)、高橋一生が演じる男と、相対する女性との関係は恋愛にはならないけれども、高橋一生は恋愛しない関係こそをロマンチックに、きちんと体温の通ったものとして魅せる。

今作でもその魅力は存分に発揮されていると思う。

結局、志村とキリコはITベンチャー社長を殺害依頼から守り抜くことに成功するものの、命を救った社長も、殺人を依頼してきた同会社の役員も、どちらも到底潔白とは言えない履歴の持ち主であることを知り、志村は徒労感をにじませる。

善悪の境界線が揺らぐ煩雑さにうんざりする志村に、キリコは「見極めるんでしょ?何が悪なのか。…あなたが見極めて」と、かつて志村が自分を励ます為にかけてくれた言葉を電話越しに返し、背中を押す。

その言葉で、志村の瞳に力が戻るようで印象的だった。

善悪が渾然とするこの社会で、投げやりにならず、流されず、諦めず、信じるものを追い求めるための分かれ道は何か。

志村とキリコが交わす言葉に、それは自分を信じてくれる誰かのまなざしではないかと思った。約束や誓いほど堅固でなくてもいい、温かなまなざし。

それを正面から見つめ返せる自分でありたいと思えることが、何かを諦めかける瞬間に自分を支える杖たり得るのではないか。

善悪の境界線で時に転び、支え合いながら、この二人はどんな未来にたどり着くのか。最後まで見届けたいと思う。


[文・構成/grape編集部]

かな

Twitterを中心に注目ドラマの感想を独自の視点でつづり人気を博している。
かなさんのコラムはこちら

Share Tweet LINE コメント

page
top