grape [グレイプ] entertainment

宮崎あおいは子役だった 現在はどうしているの?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍している宮崎あおい(みやざき・あおい 正式表記は宮﨑あおい)さん。

高い演技力と透明感あふれるビジュアルで、男女問わず多くの人をとりこにしています。

そんな宮崎あおいさんの子役時代や現在の様子など、さまざまな情報をご紹介します!

宮崎あおいの子役時代が知りたい!

宮崎あおいさんは4歳の時に子役としてデビューしました。

1997年頃から本格的に女優業を始め、2001年には映画『EUREKA(ユリイカ)』に出演。その演技力が高く評価され、『第16回高崎映画祭』最優秀新人女優賞を受賞しています。

カンヌ映画祭 「EUREKA(ユリイカ)」に出演した宮﨑あおい(14才、)

宮崎あおい 2000年

また、2003年に上演されたミュージカル『星の王子さま』では、『第41回ゴールデン・アロー賞』演劇新人賞を受賞し、さらに注目を浴びました。

宮崎あおいが子供時代の夢を告白

宮崎あおいさんは2018年1月に行われた『マイナビ転職』の新CM発表会で、子供の頃に抱いていた夢を明かしました。

私は保育士さんになりたいと思っていました。

小学生…の頃、小学生、中学生まではそうですね。

自分が保育園に通っていた頃にいい思い出がたくさんあったっていうのはすごく大きかったのかなと思いますね。

子供たちもかわいいですし、自分も子供だったんですけど、楽しそうなお仕事だなって思っていました。

実は保育士になりたかったという宮崎あおいさんは子役として活動する中で、現場の大人たちが充実した表情で働く姿を見て、「私もこんな風になりたい」と思うようになったといいます。

最後に、「返したい恩がある」という言葉を紹介した宮崎あおいさん。

今まで仕事でお世話になった人に恩返しをしながら、今後も頑張りたいと意気込んでいました。

年齢を重ねてお仕事をしていく中で、本当に人との縁で今の自分があるっていうことをすごく実感するので、

きちんとお世話になった方であったりとかに、これから恩返しをしていけるように年を重ねていきたいなっていう思いがすごく強いのでこの言葉を選びました。

宮崎あおいが子役時代の自分と共演したCMは?

宮崎あおいさんは、2020年に放送された『はごろもフーズ』のシーチキンのCMに出演しています。

『シーチキン食堂』という海辺の食堂の店主が宮崎あおいさん、という設定で『シーチキン食堂「おみそ汁篇」』のイメージキャラクターを務めていました。

このCMには宮崎あおいさんの子供時代の映像が使われており、「かわいい」と話題に。

「愛くるしい表情が変わっていない」とたくさんの反響が寄せられたそうです。

そして、2022年3月に放送されたマクドナルドのCM『てりたま 「いっしょに、てりたま、たべよっか!」篇』でも、変わらぬかわいらしさで多くの人をとりこにしています。

実は子役時代にマクドナルドのCMに出演したことがあるという宮崎あおいさん。

母親と「また出られて嬉しい」と話していたことを明かし、「とても楽しかったです」と撮影を振り返っています。

宮崎あおいの現在・これからは?

宮崎あおいさんは、2020年1月に放送されたテレビドラマ『あしたの家族』(TBS系)に小野寺理紗役で出演しました。

同作はドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)などで知られる石井ふく子さんがプロデューサーを務め、制作されたスペシャルドラマ。

宮崎あおいさん演じる理紗は、結婚式当日に新郎に逃げられた過去を持っており、現在は父親と母親と一緒に暮らしています。

そんなある日、理紗が結婚を考えているという恋人を自宅に連れてきたところから物語がスタートします。

宮崎あおいさんは放送前に作品にかける思いや見どころをこのようにコメントしていました。

石井ふく子プロデューサーの作品への出演は『あにいもうと』に続いて2度目です。

またお声を掛けていただき光栄に思いました。

松重豊さんとは20年ぶりくらい、永山瑛太さん、松坂慶子さんとも10年ぶりくらいのお仕事で、収録での再会を本当に楽しみにしていました。

石井さんは一緒にいると安心できる、大丈夫と思える、そして大きく包み込んでくださる存在です。

理紗は4年前に婚約者に逃げられてしまい、少しつらい過去を背負っていながらも、とても明るく前向きに生きている女性です。そしてお父さんとお母さんが大好き。

共演者の皆さんも私の大好きな方々ばかりで、皆さんと演じる時間が楽しかったですし、楽しみながら演じることが、理紗を演じる正解だと思いました。

監督は丁寧で細かい演出をしてくださり、リハーサルをしながら役の理解が深まったので、とても良かったです。

撮影を終えた時、出演者、スタッフの皆さんと家族になれたような一体感を感じました。そんなみんなの思いがドラマをご覧いただく方々にいい形で届くとうれしいです。

あしたの家族オフィシャルサイト ーより引用

また、ナレーターとしても活躍しており、ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で、たびたびナレーションを務めています。

同番組の26年の歴史で最多となる、30回以上ものナレーションを経験してきた宮崎あおいさん。

2021年4月に放送された『ザ・ノンフィクション 放送1000回SP』でも、安定した喋りを披露していました。

これからも宮崎あおいさんのマルチな活躍を見守り、応援していきたいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@McDonaldsJapanあしたの家族オフィシャルサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top