grape [グレイプ]

多くのママが涙…とあるお母さんの書いた文章に、心励まされる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

初めて子どもを産み、初めて自分が『お母さん』になる…。嬉しさと同時に、「どうすればいいんだろう」という不安が襲ってきます。

そんなママたちへのメッセージを投稿した、とある女性。彼女も一児の母であり、かつては同じように不安を抱いていました。

不器用でいい、理想のお母さんになれなくていい。
その不器用さが「愛情」というのだから。
こどもと一緒に育てばいいんだ。

それらの投稿は多くのママたちの心をうち、いつしか『心のサプリメント』と呼ばれるようになりました。

全世界のお母さんたちへの、素敵なメッセージたちをご紹介します。

『思い通りにならない子』

「思い通りに育たない」
これってとてもいいことなんだ。
親の価値観の中でその通りに育っていたら
人類は「発展」なんてしない。
親の期待や予想を裏切る子は
新しい未来を築きあげる力をもつ「偉大な子」なんだ。
わたしと「違う」あの子を誇りに思おう。

20641_03

『こどもの心を支えるもの』

保育園も学校もこどもにとっての社会。
社会に出ればいろんなことがある。
もしこどもが「行きたくない」って言ったら
怒ったり困ったりするんじゃなくて
その「想い」を受け止めてあげよう。
それから「愛」を伝えよう。
「お母さんはぼくの味方」
「お父さんはわたしを愛している」
そんな気持ちが何よりも
その子を支える力となるんだ。
おとなができることは
その子の代わりに何かを解決することじゃなくて
たったひとりの「味方」でいること。

20641_04

お次は…『お母さんになる』って、どういうこと?

Share Tweet LINE

page
top