grape [グレイプ]

生理痛だけじゃない 女性の悩みあるあるイラスト【9選】

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@omusubi0929

「そうなの! あるある!」女性ならきっと「よくぞまとめてくれた!」と思えるイラストを、ゆう(@omusubi0929)さんが一枚のイラストに描いてくれました。

生理あるある

21922_01

出典:@omusubi0929

1.食欲が増す

無性に甘いものが食べたくなったり、からいものが食べたくなったり。その衝動は自分で抑えるのが大変。

普段からダイエットを心がけていても、この時期だけは心が体に逆らえません。

逆に食欲がなくなる、食欲はあっても何も食べたくない、というタイプの人もいます。

2.体がむくむ、太る

別にたくさん食べているわけでもないのに。体が水分をため込みやすくなり、むくんでだるくなったり、自然に体重が増えたりします。

3.イライラする

普段ならなんとも思わないことが、妙にイライラする。大したことじゃないのに腹が立ってたまらない。ちょっとした周囲の騒音が気になってしまったり、気持ちがとげとげで過敏になってしまいます。

21922_02

出典:@omusubi0929

4.ネガティブになる

他者に対してイライラするだけでなく、その気持ちは自分へも向かいます。「何をしても全くダメだ」と、根拠のないネガティブ思考に陥ることも…。

特に何があったわけではないし、むしろ楽しいことをしているはずなのに、突然悲しくて涙が出そうになったりも。

5.とにかく痛い

生理痛といえば「おなかが痛い」ものというのが一般の認識かもしれません。しかし、それだけでなくて、腰や背中、頭が痛くなることも。

あちこち痛いけれど、とりわけ腰回りがつらくてほかのことは考えられなくなってるだけかも…。

6.眠い

夜更かししているわけでも、気持ちがたるんでいるわけでもないのです。体が「眠い」と訴えてきて、ひたすら眠いのです。

逆に気持ちがカッカして、だるくて疲れているのに全然眠れないというタイプの人もいます。

21922_03

出典:@omusubi0929

7.体が重い

何をするにも体が重い。プールから上がったあとかのような疲労感が全身にのしかかってきます。

体がいうことをきかなくて、いつもならすぐできることに、ものすごく時間がかかります。あれ、まだ洗濯物干してない…歯磨きしてない…「私はもうだめだー!!」

8.何もしたくない

気持ちが自分の言うことをきいてくれないだけでなく、何かしたいという気持ちがわいてこなくなります。できればずっと寝ていたい。何もしたくない。そういうわけにはいかないから、つらい。

真逆のタイプの人もいて、衝動買いをしてしまうとか、飲みすぎてしまうとか。普段抑えている欲求が爆発してしまうことも。

なんにしても、自分の意志が自分でなんともならないつらさ。

9.何も考えられない

つらい、つらい…どうしよう。でも何もうまく考えられないのです…。

生理中だけではない、つらさ

「生理中は生理痛でおなかが痛い、イライラする」というのは男性も含めて多くの人が認識しているかもしれません。

でも女性によっては、「生理前がつらい」「生理後のがつらい」とさまざまな症状があります。

PMSと呼ばれる症状は、上記の1~9が生理の1週間前くらいから始まります。「1週間前からおなかが痛くなり、生理二日目にピークになる」とかなりの長期間を痛みと戦っている人も…。

生理が始まってしまうと、それまでのネガティブな気持ちが何事もなかったかのようにケロっと治ってしまったりも。

もしくは、生理後にものすごく腰痛や頭痛になりやすい、という人もいて本当にさまざま。

もちろん、なかには「何も症状がない」「あるけど大したことない」という女性もいます。

男性にわかってほしいわけじゃない

女性たちは「私こんなにつらいんだよ! わかってよ!」と男性に対して思っているわけではないのです。

その痛みや苦しみは、本人しかわからないのですから…。

ただ、「こんなことで苦しんでいる」ということを知ってもらうことで少し気持ちがラクになります。

特に、一番そばにいるパートナーに知ってもらうことでイライラ・悲しいなどの気持ちは少し穏やかになるかもしれません。

「生理の時に必ず彼氏とケンカして、ひどいときは別れ話までしてしまう」という女性もいます。生理が終わると、「なんであんなこと言ったんだろう?」と後悔。でも、言ってしまったことには変わりがないのです…。

パートナーに知ってもらう 自分が知っておく

「私はこういう状態で、心にもないことを言ってしまう時期、ごめんね」とあらかじめ伝えておくのも手ではないでしょうか。

生理日を記録しておいて周期を把握し、「今はこの時期、でもここまで我慢すればラクになる」と自分が知っておくのも、気持ちが軽くなると思います。どんなにつらいことでも、「ここまで」という期限があれば割と頑張れるものです。

「いつもそばにいるんだから、わかってくれてるでしょ」と思っても、男性は案外気づかないもの。このイラストを、パートナーに見せるのが手っ取り早いかもしれませんね。

出典
@omusubi0929

Share Tweet LINE コメント

page
top