grape [グレイプ]

2016年、日本でTwitterが一番盛り上がった瞬間はラピュタの「バルス」だった!?

By - 土屋 夏彦  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ツイッターが世界全体で見た2016年のまとめを6日に発表しました。その中で日本国内で「もっとも盛り上がった瞬間」で一位に輝いたのは、1月15日午後11時23分の日本テレビ系列で映画「天空の城ラピュタ」が放送されているときにツイートされた「バルス」という言葉だったそうです。

「バルス」とは『天空の城ラピュタ』に出てくる滅びの呪文で、その時間にみんなで申し合わせたように一斉に「バルス」の文字をツイートするのがならわしだったようです。

そのほかには、茨城県南部地震(5/16)や熊本地方地震(4/14)などが上位を占め、5位には10月29日の日本シリーズでの日ハム優勝が入ってます。

またおもしろいところで、テクノロジー関係のツイートで最も多かった言葉が「VR」、次いで「ロボット」、そして3位に「AI」が入ったそうです。いやはやVRに負けちゃいましたか・・・。でも僕の中では、今年はAIがナンバーワンでした笑。

ちなみに全世界で最もリツイートされたのは、スペインの有名ゲーマー兼ユーチューバーelrubius(エルラビウス)氏が、「ツイートしてくれた人からプレステなどのプレゼントあげるよ!」ってアナウンスしたリツートが130万件!!

また、時を同じくして「Yahoo!検索大賞2016」という検索キーワード年間ナンバーワンの発表もありました。これによれば、一番検索された有名人は「ディーン・フジオカ」さんだったそうです。ちなみに女優部門では「高畑充希さん」だったそうです。ととねえちゃんですね。

またお笑い芸人部門では「カズレーザー」さん、モデル部門では「りゅうちぇる」さん。そのほかさまざまなジャンル別に最も検索されたキーワードが発表されているんですが、ローカルカテゴリーというジャンルもあって、その中の千葉県部門賞では「セブンパークアリオ柏」が受賞されたそうです。

今年もいろいろありましたが、なかなか話題の多い年だったのではないでしょうか・・・。みなさんの検索ワード1位は何だったでしょうか?


[文/土屋夏彦]

土屋夏彦

上智大学理工学部電気電子工学科卒業。 1980年ニッポン放送入社。「三宅裕司のヤングパラダイス」「タモリのオールナイトニッポン」などのディレクターを務める傍ら、「十回クイズ」「恐怖のやっちゃん」「究極の選択」などベストセラーも生み出す。2002年ソニーコミュニケーションネットワーク(現ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)に転職。コンテンツ担当ジェネラルプロデューサーとして衛星放送 「ソネットチャンネル749」(現アジアドラマチックTV★So-net)で韓国ドラマブームを仕掛け、オンライン育成キャラ「Livly Island」では日本初の女性向けオンラインで100万人突破、2010年以降はエグゼクティブプロデューサー・リサーチャーとして新規事業調査を中心に活動。2015年早期退職を機にフリーランス。記事を寄稿する傍ら、BayFMでITコメンテーターとしても出演中、ラジオに22年、ネットに10年以上、ソーシャルメディア作りに携わるメディアクリエイター。

出典
2016年振り返りツイート(国内編) | Twitter Blogs

Share Tweet LINE コメント

page
top