grape [グレイプ]

スピッツのバックで「あの人、誰?」 大柄な男性の正体は、ハンパない人だった!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年、TVの音楽番組でスピッツが生演奏を披露。そこで視聴者の目を引いた1人の人物がいました。

  • タンバリンと口笛の人、存在感ありすぎ!
  • やたらうまいな…って誰?

バックバンドの一員として、タンバリンを叩き口笛を吹いていた大柄の男性は、澤部渡さん。スピッツのボーカル、草野マサムネさんに「哀愁ある可愛い」口笛が評価され、採用されたのだとか。

一般的にはあまり知られていない澤部さんですが、実は彼、音楽シーンでは『大物』と評価されている、実力派ミュージシャンなのです。

複数の楽器を操るスゴ腕

澤部さんは幼いころから音楽に興味を持つようになり、16歳になるとオリジナル曲を作り始めます。その後、昭和音楽大学に入学、在学時に彼が始めたポップ・ユニット『スカート』は、甘くて耳なじみのよいサウンドで、少しずつファンを増やしていきました。

楽器においては口笛だけではなく、サックスやパーカッション、ギター、ベースなどもお手のもの。川本真琴さんのバンド『ゴロにゃんず』などのメンバーも務めるほどのスゴ腕の持ち主です。

10月18日、メジャーデビューへ

そんな多彩な経歴を持つ澤部渡さんの『スカート』は、2017年10月18日にメジャーデビュー第1弾となるアルバム『20/20』をリリースします。

澤部さんの柔らかくて少しハスキーな歌声が紡ぐ、耳なじみのよいメロディー…。それをちょっと不思議な音色と卓越した楽曲構成が支えていて、聴くものを魅了します。

どこか切なさと甘酸っぱさを感じさせてくれる繊細なサウンドで、多大の支持を得ている『スカート』と澤部渡さん。メジャー進出を機に、どのような一面を見せてくれるのか、今後の展開に期待です!

スカート メジャー 1st アルバム『20/20』
2017年10月18日リリース


[文・構成/grape編集部]

出典
スカートオフィシャルサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top