grape [グレイプ]

グルーヴ感はんぱないっ! アフリカの少女が歌う椎名林檎に、心を揺さぶられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

・うますぎて、鳥肌がたった。

・すんごいクオリティ!

・音楽は国境を越えるんだな。

アフリカを拠点に活動するアート集団『Urban Cohesion』が公開した動画に、日本国内から驚きと絶賛の声が寄せられています。

それもそのはず、アフリカの子供たちが椎名林檎さんの楽曲をカバーしているだけでなく、演奏のクオリティがとんでもなくハイレベルなのですから…!

うますぎて言葉を失う

歌っているのは、実の姉弟であるアフリカ人のビコちゃんとマナくんの2人。まだ10代前半と幼いながらも、その才能は本物です。

特に姉であるビコちゃんの歌声といったら…実際にその耳で、お確かめください。

椎名林檎『長く短い祭』

踊っているのは、2人の弟であるフンドゥくん。そして、後ろでパーカッションを叩いているのは3人の父親です。

ビコちゃんの圧巻の歌声はもちろん、家族だからこそのグルーヴ感が画面越しでも伝わり、聴けば聴くほどとりこになってしまいそうです…!

スピッツ『ロビンソン』

過去にはスピッツの『ロビンソン』もカバーしている2人。

2019年10月に投稿されたこちらの演奏動画は、バンドのヴォーカルである草野マサムネさん自ら「感激した」とコメントしたほどの話題を呼びました。

ビコちゃんとマナくんは今後、オリジナルのアルバム制作と来日資金を募るクラウドファンディングなどを予定しているといいます。

クラウドファンディングの成功を願うとともに、この若き才能の未来にも期待せずにはいられませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
椎名林檎「長く短い祭」ビコマナ/アフリカ カバースピッツ アフリカで見っけ「ロビンソン」/SPITZ Robinson by ビコマナ (BIKO'S MANNA)

Share Tweet LINE コメント

page
top