grape [グレイプ]

脱毛症の少女「自分のことが好きじゃない」 父親がとった行動に娘も笑顔に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Chelsea Sylvaria

多くの女の子にとって髪型はおしゃれの楽しみであり、自分らしさを表現するための手段の1つでもあると思います。ではもし髪の毛がなかったとしたら、自分らしさは失われてしまうのでしょうか。

アメリカに暮らすライリーちゃんは、笑顔が素敵な女の子。ただ、彼女は脱毛症にかかっていて、髪の毛がないのです。

ライリーちゃんの母親はある日、ライリーちゃんに『自分が愛している人たち』について語りかけていました。

母親:
「ママが愛しているのはライリーでしょ、ギャビンでしょ、それからグレイソンでしょ…」

ライリーちゃん:
「ママは自分のことを愛している?」

母親:
「もちろん愛しているわ。あなただっていつでも、自分のことを愛してあげなくちゃいけないのよ。自分のことを愛している?」

ライリーちゃん:
「ううん」

母親:
「自分のことを愛していないって、どういう意味?」

ライリーちゃん:
「私は自分のことを愛していないわ。だって髪の毛がないんだもん!」

傷ついている娘の思いを知った父親は

このことを知ったライリーちゃんの父親は、2人で話をすることにしました。

父親:
「どうしてママにあんなことをいったんだい?ただいってしまっただけかい?それとも本当にそう思っているの?」

ライリーちゃん:
「ただいっちゃっただけよ」

父親:
「あんなことをいうべきじゃないよ。君は特別な女の子なんだ。分かるかい?

君は世界一、特別な女の子だ。髪の毛なんてどうでもいいことだ。君が髪の毛が欲しいことは知っているよ。でもパパもママも、何があろうと君のことを愛している。ほかのみんなもそうだよ。

パパにも髪の毛をそってほしいかい?」

ライリーちゃん:
(笑顔でうなずく)

父親:
「よし分かった。いまからそるぞ!」

父親:
「こんなのただの髪の毛だ。大したことじゃないんだよ」

自分と同じスタイルになった父親を見て、ライリーちゃんは思わず笑顔に。お父さんの愛が、彼女の心にちゃんと伝わったのでしょう。

髪の毛がなくても、自分は愛されるべき特別な女の子…そのことに気付いた美しいライリーちゃん。これから先も、たくさんの愛情を受けて笑顔で過ごしていってほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Chelsea Sylvaria

Share Tweet LINE コメント

page
top