grape [グレイプ]

「水も飲まなくなった…」飼い主が亡くなった『わさお』 現在の姿が明らかに

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『わさお』は、青森県・鰺ヶ沢町(あじがさわまち)に住む秋田犬です。

わさおは元・捨て犬。野良犬となっていたわさおは凶暴化し、町の誰も手が付けられない状態でした。飼い主として名乗り出たのは、イカ焼き店を営んでいた菊谷節子さん。

その独特な顔つきから、『ブサかわ犬』としてネット上で人気が爆発! わさおに会いに、多くの人々が鰺ヶ沢町を訪れるようになりました。

わさおは菊谷さんにしか心を許していません。菊谷さんが1週間ほど入院をした際には、食事を摂ることもできなくなってしまうほど。

しかし菊谷さんは2017年11月30日、間質性肺炎のため亡くなってしまいました。73歳でした。

菊谷さんが大好きだった、わさお。その後、わさおはどうしているのでしょうか。

菊谷さんを待ち続ける、わさお

2018年1月20日に放送されたバラエティ番組『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)で、菊谷さんが亡くなった後のわさおの様子が伝えられました。

菊谷さんがいなくなった後も、わさおは飼い主の帰りを待ち続けています。

水を飲めず、食事を摂れず、散歩にも行けない…。

以前、菊谷さんが入院した際のわさおは、毛が抜けてひどい状態に。わさおの将来を心配した菊谷さんは「いつか、私がいなくなったら…」と、あらゆる準備をしてました。

菊谷さんが見つけたのは、わさおと気の合うお嫁さんのつばき。

わさおの幼いころにそっくりの、娘分ちょめ。わさおは、菊谷さんがいないと他人に身体を触らせません。ちょめは、人をかまないように、菊谷さんによりしっかりとしつけがされています。

そして、もう1つ、あるものを用意していました。

菊谷さんからの『遺言』

11月30日の早朝、知らせを受けた『天才!志村どうぶつ園』の番組スタッフが菊谷さんのイカ焼き店を訪れます。聞かされたのは、菊谷さんの訃報…。

わさおは激しく吠えた後、悲しそうに伏せっていました。何かが起きたを感じているかのようです。

この日も、イカ焼き店は営業していました。

「今日くらい休まないんですか?」という番組スタッフに対し、店員はこう答えます。

これさ、遺言なの。おっ母の。「店は休まずやる」って、遺言。

おっ母が死んでも、店は開ける。

天才!志村どうぶつ園 ーより引用

「私が死んでも、いつもどおりに」

それが菊谷さんの願いでした。ですが、わさおには菊谷さんがもう帰ってこないことが理解できません。

いつも菊谷さんがやって来る方向を見ながら、待っていました。菊谷さんと一緒に乗っていたことを思い出し、道路を軽トラが通るたびに吠え続けます。

菊谷さんからの、1年前の言葉

2016年、入院中だった菊谷さんは「病院で撮影をしたい」と番組スタッフに申し出ていました。

菊谷さんが「撮って欲しい」と願ったのは、わさおへの遺言でした。

わさお、ホラこっち向け!
わさお、声だけなんだよ、声。分かる? ばあちゃんだよ。
うん、んだんだ、こっち向け。んだよぉ。

親父も元気だか? お父さん、わさお、いうこと聞いてるか?
まぁ、聞かねぇべな。でばって(聞かなくても)、ちゃんとホラ、散歩頼むよ。

つばきどうしてる? ちょめどうしてる?
みんな仲よくして、お父さんも入れて仲よくしてるか?
まぁ(お父さんは)無理だよな。お父さんは無理だよな。
でも、ちゃんと、(わさおが)みんなのリードとってやるんだよ。

ばあちゃんの言葉が分かるよな。うん。
ちゃんとこっち向くんだよ。な?
お客さんにもサービスするんだよ。ホラ、ちゃんとやるんだよ。
いつもやってるようにな。ばあちゃんとやってるように。
やりなさいよ。

ふて腐れねぇでな。

天才!志村どうぶつ園 ーより引用

この遺言のビデオをわさおに見せるかどうか、番組スタッフは家族に判断をゆだねました。

菊谷さんの息子さんは、「まだ見せないほうがいい。見たらさびしくなって会いたくなる」と、答えます。

ですが、菊谷さんの夫は「わさおに見せたい」。妻の願いを叶えてあげたいという想いでした。

「このビデオを見せて、わさおがおかしくなったら?」「いまは見せるべきじゃない」「でも、お母さんはわさおに見せたくて撮った」…家族から、さまざまな意見が出ますが、この日、答えは出ないまま終わります。

菊谷さんが亡くなって1か月

そして、約1か月後。再び菊谷さんのイカ焼き店を訪れた番組スタッフは、わさおが元気そうなことに驚きます。

ご飯も食べ、散歩にも出かけます。菊谷さんが願っていた通り、「普段どおり」を取り戻したのです。

その理由は、つばきとちょめの存在。3匹仲よく散歩に出かけています。菊谷さんが生前、わさおのために2匹と引き合わせたことが功を奏したのです!

わさおが普段どおりの暮らしをするようになったことで、先送りになっていた『結論』が導かれました。

菊谷さんの夫は、こう語ります。

(遺言は)見せ…見せねぇほうがいんでないかな…。
見せないほうが…。

天才!志村どうぶつ園 ーより引用

(菊谷さんが伝えたかったことを)うすうす分かってるんじゃねぇか…分かってると思う。

天才!志村どうぶつ園 ーより引用

3匹での散歩中わさおは、先頭を歩いて振り返りながら、つばきやちょめのことを気にかけていました。

菊谷さんのビデオにあった「わさおがリードを取るんだよ」といういいつけを、ちゃんと守っていたのです。

ネット上では、わさおが元気を取り戻した姿を見て、多くの人が応援のコメントを投稿しています。

・菊谷さんの思いが通じて本当によかった…!

・これからも、わさおを応援します。大好き。

・家族が大事な存在であることを、わさおから改めて教えてもらいました。ありがとう。

・涙が止まらない…わさおに会いたい。

・菊谷さんの分まで、元気で長生きしてね!

また、わさおと菊谷さんのエピソードを、自分の愛犬と置き換えて考えさせられた人も見受けられました。

「最期は、愛犬を飼い主が看取ってあげたい…」

菊谷さんは、自分にしか懐かないわさおが心配でたまらなかったことでしょう。きっと、最期まで共にいたかったはずです。

ですが、菊谷さんがわさおの将来を想い、手を尽くしたことで、わさおは穏やかな暮らしを取り戻すことができました。

天国の菊谷さんと、わさおとの絆は永遠につながり続けるでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
天才!志村どうぶつ園

Share Tweet LINE コメント

page
top