grape [グレイプ]

角野卓造「正しく名前を呼んでくれる人は少なかった」 状況を変えたのは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

バラエティ番組はもちろん情報番組のMCを務めるなど、多岐にわたって活躍するお笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜さん。

彼女の鉄板ネタといえば、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で知られる、俳優・角野卓造さんと似ていることに対して「角野卓造じゃねぇよ!」とキレるものでしょう。

春菜さんを世間に印象づけたネタではあるものの、名前を呼び捨てにしているだけでなく、似ていることにキレるなど、受け取りかたによっては、なかなかきわどい内容のネタでもあります。

しかし、角野さん本人はまったく気にしていないどころか、むしろ春菜さんに感謝しているのだそうです。

2018年2月18日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)に出演した角野さんが、春菜さんの鉄板ネタに対する思いを語っています。

「みんな『嫌でしょ?』とか『あんなこといわれて、どうですか?』とかっていうんだけど、俺にとっては、ものすごくありがたいです」

ウチくる!? ーより引用

角野さんによると、春菜さんが名前を連呼してくれることによって、意外なメリットが生まれたといいます。

「旅公演とか、芝居で行くじゃないですか。だいたいね、『かどの(角野)さん』って呼んでくださるかたって半分くらいしかいないの。『かくのさん』『すみのさん』とか」

「いまや彼女のおかげで、日本国中どこにいっても『かどの(角野)さん』って、いってくれる」

ウチくる!? ーより引用

名前を間違えられるたびに、自分の知名度のなさを痛感してしまうもの。特に、人気商売でもある俳優にとって、名前を間違えられることほど悲しいものはないことでしょう。

しかし、そんな状況を変えてくれたのが、春菜さんでした。

いまや、春菜さんのネタを通して幅広い世代に知られるようになった角野さん。春菜さんに対する感謝の思いは、とても強いもののようです。

また、番組にVTRで出演した春菜さんも、初めて角野さんと会った時のことを振り返っています。

「初めてお会いした時に、無言で手を差し出してくださって、『これからもどんどんモノマネしてくださいね』って、いってくださったんですよ。もう、めちゃくちゃ優しいかただなって」

ウチくる!? ーより引用

春菜さん自身、ネタに対して「失礼極まりない」と負い目を感じていたのだそうです。だからこそ、角野さんの気遣いを感じどれだけ安心したことでしょうか…。

番組終了後には、2人の素敵な関係に癒されたという視聴者の声が多数寄せられていました。

・本人公認のネタだったんですね。

・いまやCMでも共演していますしね。

・ハリセンボンのネタで、角野さんの顔と名前が一致しました。

中には、芸人さんのネタに使われることを、快く思わない役者さんやタレントさんがいるという話も聞きます。

そんな中で、角野さんと春菜さんのように、双方にとってプラスな結果を招く例は珍しいのではないでしょうか。

すでにコメントにもあるように、NTT docomoのCMで共演も果たしている2人。次は、ハリセンボンの舞台での共演を見てみたくなりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ウチくる!?

Share Tweet LINE コメント

page
top