grape [グレイプ]

映画の中の恐すぎる女性たち… アカデミー賞をとるのはきっとこの作品!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年2月21日放送のニッポン放送『土屋礼央 レオなるど』に出演した、ホラー作家の平山夢明さん。

今回は3月4日のアカデミー賞直前ということもあり、作家・平山夢明ではなく映画評論家・デルモンテ平山として映画を語りました。

この日のテーマは『うちの妻は、強い!』
そこでデルモンテ平山さんに強い女性の出てくる映画をたずねてみると、強いというよりも恐すぎる女性を教えてくれました。

平山:
まずは洋画だと『蜘蛛女』って映画があるんですけれど、レナ・オリンさんって人がスゴイ。

女性の殺し屋なんだけど、ゲイリー・オールドマン演じる悪い男をドンドン追い詰めて。スゴイっすよ、とんでもない首の締め方が見られます!

1993年に公開された『蜘蛛女』。ちなみに公開時のポスターに書かれていた言葉は「捕らえて、逃して、また誘う」でした…。

一方邦画では…。

平山:
何度もいってるけれど松本清張さん原作の『鬼畜』っていう映画に出てくる岩下志麻さん。

土屋:
あー、岩下志麻さん!

平山:
緒形拳さんの正妻役なんだけど、愛人が家にやってきて緒方さんに子どもがいることが分かる。そっからがスゴイですよ、ガリガリやりますから!

土屋:
それにしても『蜘蛛女』と『鬼畜』って…。皆さん、面白そうですけれど家族では見ないようにしてください。

そして、いよいよデルモンテ平山による第90回のアカデミー賞予想!

平山さんが「ノミネート作品、全部観てないけどね!」と語りながら選んだのが、こちら!

助演男優賞】
サム・ロックウェル
(スリー・ビルボード)

【助演女優賞】
オクタヴィア・スペンサー
(シェイプ・オブ・ウォーター)

【主演男優賞】
ゲイリー・オールドマン
(ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男)

【主演女優賞】
フランシス・マクドーマンド
(スリー・ビルボード)

【作品賞】
シェイプオブウォーター

果たして、予想は当たるのでしょうか!?

3月4日のアカデミー賞本番にご注目ください!


そんな平山さんの作品『DINER ダイナー』のコミカライズ作品が、現在週刊ヤングジャンプで連載中。先日は単行本が1・2巻が同時に発売されました。

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.

そこで、平山さんのサイン入りコミック『DINER ダイナー』第1巻を、5名にプレゼントします!【終了しました】

応募方法は、こちら。

1:
grape公式アカウント(@grapeejp)をフォローする。

2:
フォローしてから、下のツイートをリツイートする。

応募締め切り:
応募期間は終了いたしました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

当選者には後日Twitter DMにて、ご連絡させていただきます。

土屋礼央 レオなるど

毎週月~木曜日 午後1:00~4:00 AM1242 FM93 ニッポン放送にて放送! 午後の空いた時間にちょっと集まって無駄話ができる公園のような場所。それが…「土屋礼央 レオなるど」です。
土屋礼央 レオなるど 公式サイト

出典
第90回アカデミー賞を大予想 ホラー作家・平山夢明

Share Tweet LINE コメント

page
top