grape [グレイプ] entertainment

アカデミー賞授賞式で、司会者を平手打ちしたウィル・スミス 理由に「かっこいい」「正しいと思う」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

現地時間2022年3月27日、アメリカのロサンゼルスで第94回アカデミー賞の授賞式が行われました。

この日の式では、受賞される作品や著名人も発表。映画界を代表する式典ですが、あるトラブルが発生しました。

ウィル・スミス、『妻への侮辱』を受け取り司会者に平手打ち

式典中、俳優のウィル・スミスが突然壇上に上がり、司会者を務めるコメディアンのクリス・ロックに平手打ちをお見舞いする事態が発生。

ロックはこの時、スミスの妻であるジェイダ・ピンケット・スミスについて、髪を刈り上げた女性将校が登場する映画『G.I.ジェーン』に絡めた発言をしていました。

脱毛症に悩まされ、短髪にしているという、スミスの妻。その苦しみを知っているからこそ、スミスはロックの発言を侮辱と感じたのでしょう。

スミスは平手打ちを食らわせると、ロックに「妻の名前を口にするな!」と発言。

その後も、自分の席で放送禁止用語を発するなど、怒りをあらわにしていました。

「どんな理由があっても、他人に暴力をふるってはいけない」と思う人もいるはず。しかし、妻を想うがゆえに、スミスは我慢ならなかったのでしょう。

スミスの行動はネットで拡散され、日本からも称賛の声が上がっています。

・確かに暴力はいけない。でも、自分はスミスをかっこいいと思った。

・いっていい冗談と悪い冗談がある。大切な家族のことなら、なおさらです。

・愛する妻の病気の話題だもんね。スミスは正しいと思います。

騒動があった後、スミスは映画『ドリームプラン』で主演男優賞を受賞しました。

俳優としてだけでなく、夫としてのスミスの姿に、多くの人が心打たれたようです。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top