grape [グレイプ]

斉藤由貴の今 普通のお母さんが良かった?の問いに娘は「スリリングなほうが」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

清純派アイドルとしてデビュー、『卒業』や『夢の中へ』などの名曲を歌い、女優としても多くの映画やドラマに出演する斉藤由貴さん。エッセイや詩集、小説も出版する多才さも。

ミステリアスな雰囲気と高い演技力で多くの人から支持を受けています。

そんな斉藤由貴さんの若いころや家族からの評価、今後の活動などのさまざまな情報をご紹介します!

斉藤由貴の若いころが、『めっちゃ可愛い!』とうわさに?

2018年2月、斉藤由貴さんは『第60回ブルーリボン賞・助演女優賞』を受賞。52歳という年齢を感じさせない美しさで話題となりました。

もともと、1984年に『東宝シンデレラオーディション』でファイナリストとして選ばれた斉藤由貴さん。『東宝シンデレラオーディション』は沢口靖子さん、長澤まさみさんや上白石萌歌さんを選び出した歴史あるオーディションです。

デビュー直後から、斉藤由貴さんはセーラー服が似合う清純派として、人々を魅了しました。カップラーメンのCMに出演するとたちまち人気急上昇。当時の写真から、斉藤由貴さんのかわいらしさが分かります。

1985年、19歳の斉藤由貴

シャボン玉で遊ぶ斉藤由貴 1985年

ドラマ『スケバン刑事』(フジテレビ系)で主演を務めていたころ。同年にリリースした『卒業』は、大ヒットとなりました。

成人して振袖姿に

左から樹木希林、斉藤由貴、桜田淳子 1987年

『昭和61年度第37回芸術選奨』の受賞式に登場した斉藤由貴さんです。同年には連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを務め、女優としてのキャリアを着々と積み上げていきました。

第11回日本アカデミー賞において、優秀主演女優賞を受賞

左から徳光和夫、斉藤由貴 1988年

斉藤由貴さんはこのころ、映画『優駿―ORACION−』で大人気となります。アイドル歌手としては、全国コンサートツアーも開催する忙しさでした。この翌年に最大のヒット曲『夢の中へ』をカバーしています。

20代のころの斉藤由貴さんの可愛さに関して、ネット上では次のような意見が出ました。

・若いころの斉藤由貴さんが可愛すぎた。

・斉藤由貴の若いころが好みすぎる。

・斉藤由貴はあの年で可愛いのはウソだとかいいますが、昔はさらに可愛かったです。

斉藤由貴の娘が語る『最近、母を見たのは…』

斉藤由貴さんは、2017年に既婚者との不倫が報じられています。その後斉藤由貴さんは夫に謝罪し、不倫を終わらせてこれからの立て直しをするというコメントを報道各社に出しました。

2018年5月16日に放映されたバラエティ番組『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に、斉藤由貴さんが出演しています。さらに、番組内VTRで斉藤由貴さんの長女がインタビューに答えたことで話題に。

※投稿の写真右側にある矢印をクリックすると2枚目の写真も見ることができます。

女優業と母親との両立は大変でもあり、斉藤由貴さんは10年以上5時起きで弁当を作り、寝る前には必ずメイクを落として保湿して皿洗いなどやることをやって寝ると、斉藤由貴さんの長女は話してくれました。

そして斉藤由貴さんの長女は、いろいろと騒動のある母をどう思っているのか尋ねられて次のように語っています。

(斉藤由貴さんから)私大丈夫かなみたいな感じで、「ふつうのお母さんのほうがいいよね?ママみたいなお母さんちょっと大変じゃない?」みたいな、いわれたから、それに対して「え、でもなんかふつうのお母さんより、私はいまの若干スリリングなほうが好きだよ」

1周回って知らない話 ーより引用

長女からのメッセージを聞いた斉藤由貴さんは、何かをこらえるように沈黙したあと、ひと言答えました。

ありがたいと思っています。

1周回って知らない話 ーより引用

続いて、娘さんに対し斉藤由貴さんは「たくさん迷惑をかけているので」と詫びたあと、「娘にしてみれば私のいろんなところを分かっている」とコメントしています。

斉藤由貴さんの長女はあまりTVを見ないそうで、「最近見たお母さんのTVが記者会見」だったと番組内VTRで明かし、笑いを誘っていました。

不倫が報じられた後、斉藤由貴さんは大河ドラマ『西郷どん』(NHK)とCM2本を自分から降板しています。

斉藤由貴の現在・これから

斉藤由貴さんは、2019年1月スタートのドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)に出演していました。

また、同年2月15日公開の映画『フォルトゥナの瞳』にも遠藤美津子役で登場。

2019年4~5月には、舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』に出演が決定。舞台上に35人のオーケストラがいるという珍しい作品です。

同年5月に公開が決まった映画『空母いぶき』でも、斉藤由貴さんは晒谷桂子役を演じることに。

圧倒的な実力で、女優として活動し続ける斉藤由貴さん。これからの活躍に目が離せません。

斉藤由貴 プロフィール

生年月日:1966年9月10日

出身地:神奈川県

血液型:B型

身長:161cm

所属事務所:東宝芸能

1966年、横浜市に生まれる。内向的で中高時代、学校を休みがちで、母親が心配して環境を変えようと応募したオーディションでファイナリストに選ばれた。1984年、漫画雑誌『少年マガジン』第3回ミスマガジンとなり、芸能界にデビュー。翌年ドラマ『スケバン刑事』で社会現象を起こし、映画『雪の断章 -情熱-』で初主演。1986年は連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを演じる。1994年には一般男性と結婚し、3児の母としての一面もある。2006年にドラマ『吾輩は主婦である』(TBSテレビ系)、2016には大河ドラマ『真田丸』(NHK)など、多数のドラマ・映画に出演している。


[文・構成/grape編集部]

出典
東宝芸能ntv1syuu_hanashi1周回って知らない話queen_scandal08fortuna_movie

Share Tweet LINE コメント

page
top