grape [グレイプ]

武田真治 「家賃を払ったら残りは…」と過去の年収を暴露 『筋肉体操』で再ブレイク!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

武田真治

俳優、そしてサックス奏者としても活躍している武田真治(たけだしんじ)さん。

優れた演技力と整った顔立ち、近年では肉体美でも話題となり、男女問わず多くの人から支持されています。

そんな武田真治さんの再ブレイクのきっかけや、出演作品、これからの活動といったさまざまな情報をご紹介します!

武田真治、『筋肉体操』で再ブレイク 紅白にも出演!

NHKの『筋肉体操』にネットがどよめく

2018年8月27日から4日間にわたって放映された特別番組『みんなで筋肉体操』(NHK)。出演したのは武田真治さんを始め弁護士・小林航太さん、スウェーデン生まれの庭師・村雨辰剛さんといった『素晴らしい筋肉』を持つメンバーでした。

『筋肉体操』と聞けば『筋肉を鍛える体操』と考えますが、『すごい筋肉を持つ人』が『筋肉を鍛える体操』を披露するという内容にネットは大盛り上がり。武田真治さんが再ブレイクすることとなります。

同番組で多く発せられた合言葉『筋肉は裏切らない』は、2018年の流行語大賞にノミネートされました。

紅白ではサックス演奏も

さらに、2018年末の第69回紅白歌合戦にも『筋肉体操』は出演。演歌を歌い上げる歌手・天童よしみさんのバックダンサーとして腕立て伏せを披露し、武田真治さんは得意のサックスも響かせます。

同番組の好評ぶりに、2019年1月には新シリーズが放映されました。続編も期待されています。新メンバー、歯科医師の嶋田泰次郎さんも加わり、さらに筋肉を鍛えられることになりそうです。

武田真治さんの筋肉のすばらしさについては、俳優の小柳心さんが自身のブログにつづっています。2019年1月10日に放映されたバラエティ番組『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』(フジテレビ系)では、武田真治さんがベンチプレスを上げる様子を放映。

視聴していた小柳心さんはブログで「いつか追いつきたい」としめくっていました。

『武田真治』の出演作品を探す

武田真治の過去 ドラマ出演作

第2回目となる『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』において、グランプリを獲得したことが武田真治さんの芸能界デビューとなりました。

現在のイメージとは相反する中性的な『フェミ男』のイメージで売り出した武田真治さんは、ドラマや映画にも立て続けに出演しています。

ドラマ『いつか誰かと朝帰りッ』(フジテレビ系)やドラマ『南くんの恋人』(テレビ朝日系)が有名ですが、異例のヒットとなった作品がドラマ『NIGHT HEAD』(フジテレビ系)でした。同作は劇場版も制作され、高い評価を受けています。

『ブルーリボン賞』を受賞したことも

映画「御法度」完成披露 左から崔洋一、神田うの、大島渚監督、松田龍平、武田真治 1991年

映画「御法度」完成披露 左から崔洋一、神田うの、大島渚監督、松田龍平、武田真治 1991年

奇才・大島渚さんがメガホンを取った映画『御法度』で、武田真治さんは沖田総司役を熱演。同作は新選組に新入隊した美少年をきっかけにして起こる騒動がテーマとなっています。

新選組の要ともいえる沖田総司役で、武田真治さんは『ブルーリボン賞 助演男優賞』を受賞しました。

主演は俳優・松田優作さんの遺児で当時16歳だった松田龍平さん。まだ若い松田龍平さんをサポートした武田真治さんの演技力が評価されたといえるでしょう。

サックスの腕前はどれほど?

武田真治さんは1995年にシングル『Blow Up』をリリース。サックス奏者としてのデビューを飾りました。

サックスの腕前は確かで、ロックミュージシャンの忌野清志郎さんのツアーに抜擢されたことも。ライブ活動も熱心に行っています。

『しゃべくり007』で給料事情を明かす

2018年11月26日放映のトーク番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に武田真治さんが登場。『南くんの恋人』出演当時の給料事情を激白しました。なんと家賃の7万5千円を支払うと、残るのは1万円だといいます。

衝撃の告白に、ネット上でも次のような声が上がっていました。

・衝撃だった。

・いまは大丈夫なんだ。

・主役なのになんで…。

武田真治の現在・これから

武田真治さんは、2019年4月10日放送のバラエティ番組『世界衝撃映像100連発 』(TBSテレビ系)にパネラーとして出演しています。

サックス奏者としては、4月28日のイベント『未来フェス』を皮切りに、ゴールデンウィーク10連休のうち5日間でイベントでサックスを披露することに。

また7月公開の、映画『DINER ダイナー』では、ブロ役を任せられています。同作は映画『さくらん』で映像美を披露した映画監督・蜷川実花さんが手がけた作品。

『殺し屋専門の食堂(ダイナー)』という一風変わった舞台で武田真治さんが見せる演技が期待されています。

中性的な美形、そしてサックス奏者からの『筋肉美』。武田真治さんは年を経るごとに新しい姿で現れます。

高い演技力やたゆまぬ努力で維持される筋肉から分かまじめな性格で、これからも進んでいくことでしょう。これからの武田真治さんの活躍から、目が離せませんね。

武田真治 プロフィール

生年月日:1972年12月18日
出身地:北海道
血液型:AB型
身長:165㎝
所属事務所:ホリプロ

『武田真治』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
ホリプロshinji.takeda映画『Diner ダイナー』本予告【HD】2019年7月5日(金)公開

Share Tweet LINE コメント

page
top