grape [グレイプ]

吉本興業が緊急会見 さんま・松本人志の言葉を受け契約解消を撤回

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『闇営業』問題で謹慎処分を受けた『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんが、2019年7月20日に緊急会見を開きました。

会見では同じく闇営業の該当メンバーとして謹慎処分を受けた、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮さんと謝罪し、会見に至った経緯を明かしました。

・「辞めさせてでもいいから会見をさせてほしい」というと、社長から「連帯責任でクビにする」といわれた。

・改めて社長に「会見をさせてほしい」と直談判しても、「引退はさせない、させるわけにはいかない」と拒否された。

・やっと会見を許可されても、「日時はこちらが指定する」といわれ、予定を何度も引き延ばされた。

宮迫さんと田村亮さんによると、そういったやりとりを経て、吉本興業との契約を解消した翌日、自分たちで会見を行うことになったといいます。

宮迫博之と田村亮の会見を受け、吉本興業が緊急会見

宮迫さんと田村亮さんの会見を受け、同月22日、吉本興業は緊急会見を開きました。

会見冒頭では、弁護士が騒動の経緯を説明。弁護士によると、宮迫さんと田村亮さんが記者会見と引退の申し出をした際、「会見を行う時期は一任する」という話でまとまったといいます。

その後、吉本興業の社長である岡本昭彦さんが登壇。一連の騒動について頭を下げて謝罪すると、岡本社長はこのように述べました。

ああいう記者会見をさせてしまったことに関して、2人(宮迫さんと田村さん)に対して深くお詫び申し上げます。非常につらい思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っております。

つきましては、処分の撤回を行いまして、改めて彼らがミーティングの席に立っていただけることがあるならば、弊社、我々としましては全力で改めてミーティングをしていただき、そしていつの日か戻ってきてもらえるようなことがあるならば、全力でサポートしていければというふうに思っております。

これまでタレントと正しい意思疎通ができておらず、齟齬(そご)があったという岡本社長。

「宮迫さんや田村亮さんが受け入れてくれるのであれば、同じテーブルで向かい合って、彼らの思いに耳を傾け、最善の解決策を1から考えていきたい」と涙を流しながら思いを吐露しました。

また、今回の件にあたって、明石家さんまさんや『ダウンタウン』の松本人志さんからはこのように声をかけられたといいます。

明石家さんまさんから「芸人のことを考えてやってほしい。もちろん、会社の立場があるだろうけど、もし(2人の契約を)解除するんだったら、俺が手伝ってやってもええか」といわれました。

松本さんからは「そういう、ちょっと間違いを犯した子たちをサポートできるような環境を作って、それは俺も手伝う」ということもおっしゃっていただきました。

その他、いろんなタレントさんや、あるいは大阪で頑張っていただいてるベテランのかたから叱咤激励を受けました。

会社としましては、このような本当に素晴らしい芸人タレントさんの思いに応えきれてないことを、非常に反省しております。

これから、そのかたがたの思いを受け止め、そのような受け止めれる組織を作ることを実現できるよう進めていければと思っております。

質疑応答によると、宮迫さんが明かした「テープは回していないだろうな」「会見するなら全員クビ」といった発言については、場を和ませるための冗談のつもりだったのだとか。

契約解消は撤回されましたが、宮迫さんと田村亮さんはどのような決断を下すのでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top