grape [グレイプ]

麻丘めぐみは西城秀樹と仲よしだった? 『芽ばえ』『私の彼は左きき』などヒット曲多数

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

麻丘めぐみ

麻丘めぐみ(あさおかめぐみ)さんは幼い頃から芸能界で活動し、17歳で歌手ビューをした人物です。

麻丘めぐみさんが歌った『わたしの彼は左きき』は、左利きブームを巻き起こすほど人気の曲となりました。

ここでは、麻丘めぐみさんが歌手として知名度を上げた楽曲や、西城秀樹(さいじょうひでき)さんと仲よしだった過去、現在の活動状況など、さまざまな情報をご紹介します。

麻丘めぐみは『芽ばえ』『私の彼は左きき』などヒット曲多数

麻丘めぐみさんは、3歳の頃からCMモデルや子役として活躍。

かわいらしい顔立ちを活かし、月刊雑誌『女学生の友』やファッション雑誌『Seventeen』で専属モデルとしても活躍してきました。

幼い頃から芸能界で活躍していた麻丘めぐみさんが、知名度を飛躍的に上げるきっかけとなったのは、1972年に発売したレコード『芽ばえ』です。

芽ばえ

芽ばえ

500円(11/12 15:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

『芽ばえ』は40万枚の大ヒットを記録し、同年の『日本レコード大賞』では最優秀新人賞を受賞。『歌手・麻丘めぐみ』の名前が一気に世に広まりました。

さらに、デビューしてわずか1年後に発売した『わたしの彼は左きき』も50万枚を売り上げる大ヒットを記録します。

わたしの彼は左きき

わたしの彼は左きき

250円(11/12 15:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

それまでの日本では左利きは欠点とみなされ、話題に出すことはタブー視されてきた歴史があり、左利きにフォーカスした楽曲もありませんでした。

しかし、麻丘めぐみさんが歌った『わたしの彼は左きき』により、左利きブームが到来。左利きに向けた文具やキッチン用品など数多く発売され、店には『左利きコーナー』ができたことも話題になりました。

週刊誌『女性セブン』によると、麻丘めぐみさんのもとには、「左利きである自分を自慢できるようになった」というファンからの手紙も届いたそうです。

麻丘めぐみさんが歌った1曲が左利きに市民権を与えたといっても過言ではなく、ツイッターでも当時の状況を振り返るファンが多いです。

・この曲に出会って、左利きコンプレックスが少し緩和された。

・小学生の頃、麻丘めぐみの歌の影響でめっちゃ左利きになりたかった。

・麻丘めぐみさんの代表曲『私の彼は左きき』。この歌で左利きのあり方がガラッと変わったといわれている。

・うちのお兄ちゃん、左利きで、麻丘めぐみさんのファンだった。

・左利きなので、麻丘めぐみさんのおかげで大分モテた。バレンタインではたくさんチョコをもらって、そのせいでたくさん虫歯ができた。

麻丘めぐみさんは『わたしの彼は左きき』で『日本レコード大賞』大衆賞を受賞。

さらに、『日本歌謡大賞』放送音楽賞を受賞し、1973年の音楽番組『第24回NHK紅白歌合戦』(NHK)への出場も果たしています。

麻丘めぐみが芸能界デビュー50周年を記念したライブを開催

麻丘めぐみさんは2009年1月25日に、芸能界デビュー50周年を記念したコンサート『Megu-Vision Vol.2 ~Time Slip in 1970』を東京都港区の草月ホールで開催し、ファンに変わらない美声を披露。

コンサート開催当時53歳だった麻丘めぐみさんが、全国から集まった約400人のファンの前でミニスカート姿を披露したことも注目を集めました。

同コンサートでは、デビュー曲『芽ばえ』や大ヒット曲『わたしの彼は左きき』を含めた34曲を歌い上げ、ファンをステージに上げるイベントを行うなど、感謝を込めた演出も好評でした。

2009年3月にはDVD付きボックスセット『Premium BOX~オリジナル・アルバム・コレクション』を発売。これまで発売された楽曲すべてが収録されています。

麻丘めぐみは西城秀樹と同級生で仲がよかった?

麻丘めぐみさんの同期には、西城秀樹さん、郷ひろみ(ごうひろみ)さん、森昌子(もりまさこ)さんがいます。

特に西城秀樹さんとは、同じ1955年生まれの同級生ということで、仲がよかったそうです。

西城秀樹

麻丘めぐみさんは2011年に、西城秀樹さんとあべ静江(あべしずえ)さんと一緒にディナーショーを開催するなど、仕事面で何度も顔を合わせる機会がありました。

西城秀樹さんの40周年ツアー『青春ポップススペシャル5』でも、メンバーとして麻丘めぐみさんが参加しています。

西城秀樹さんは過去に行った週刊誌『週刊女性』のインタビューで、麻丘めぐみさんとほかの友人を合わせた3人で、還暦を祝うパーティーの開催を予定していることも明かしていました。

麻丘めぐみさんと西城秀樹さんは公私ともに仲よくしていたことがうかがえますね。

麻丘めぐみはブログをやっている?

麻丘めぐみさんは公式ブログを開設していませんが、公式のインスタグラムは2018年5月1日に開設しています。

インスタグラムでは、その日のファッションスタイルの投稿が多めです。

イタリアやフランスを訪れた時に撮影した写真も投稿しており、海外でリラックスした表情を見せる麻丘めぐみさんが印象的です。

また、仕事で共演した仲間たちとの写真、最新の仕事情報などもファンに向けて投稿しています。

インスタグラムは『月刊 麻丘さん』というテーマで運営しているため、投稿は月に1~2回程度です。

麻丘めぐみの現在・これから

麻丘めぐみさんは2019年9月1日に、宮城県都城市で開催されたJA都城の『第32回秋季農業まつり』において『麻丘めぐみ歌謡ショー』を開催。

また、同年10月5日には講演会『「私流!若さと生きる力」~トップアイドルを経験して~』を、鹿児島市民ホールで開催しました。

さらに、2020年2月4~25日の22日間、東京都の明治座で上演される舞台『川中美幸特別公演』にも出演するなど仕事が途切れません。

歌手活動だけではなく、舞台出演や講演会も精力的に行っている麻丘めぐみさん。これからの活躍も期待したいですね。

麻丘めぐみ プロフィール

生年月日:1955年10月11日
出身地:大分県
血液型:O型
身長:162cm
所属事務所:シアタードリームズカンパニー

3歳の頃から子役やCMモデルとして活動し、1972年にレコード『芽ばえ』で歌手デビューを果たす。同曲は40万枚の大ヒットを記録し、『日本レコード大賞』最優秀新人賞を受賞。翌年発売した『わたしの彼は左きき』も50万枚の大ヒットを達成したことで、『日本レコード大賞』大衆賞を受賞。同年の『第24回NHK紅白歌合戦』にも出場を果たした。歌手として活躍する一方、映画やドラマにも多く出演。芸能界入りしてから60年ほど経つ現在は、歌手活動のほかにも舞台出演や講演会を行うなどマルチに活躍している。


[文・構成/grape編集部]

出典
芸文株式会社megumi_asaoka_official

Share Tweet LINE コメント

page
top