grape [グレイプ]

荒木宏文は『紅白』に出場したことも! 『幽☆遊☆白書』ではコエンマ役を熱演

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

荒木宏文

荒木宏文(あらきひろふみ)さんは2004年に芸能界入りして以降、さまざまな舞台やドラマ、映画に出演する人気俳優です。

2018年には音楽番組『NHK紅白歌合戦』(NHK)に出演したことでも話題になりました。

ここでは、荒木宏文さんが出演した作品や、新プロジェクト『History』について、インスタグラムなど、さまざまな情報をご紹介します。

荒木宏文は舞台を中心に活躍する注目の俳優

荒木宏文さんは舞台を中心に活躍している俳優です。

2005~2006年にかけて上演された舞台『テニスの王子様 The Imperial Match 氷帝学園 in winter 2005-2006』に乾貞治役として出演。

2008年には舞台『ラストゲーム~最後の早慶戦~』に出演し、2011年には舞台『鴉~KARASU~10』に登場しています。

さらに、2012年には舞台『淋しいマグネット』、2014年にはミュージカル『黒執事-地に燃えるリコリス-』にも出演。

2015年になると舞台『もののふ 白き虎』に出演し、翌年の舞台『もののふシリーズ第二弾 瞑るおおかみ黒き鴨』にも引き続き、抜擢されました。

2017年にはシリーズ化している人気ミュージカル『刀剣乱舞』の『三百年の子守唄』に、にっかり青江役として出演。

さらに、2018年のミュージカル『刀剣乱舞~真剣乱舞祭り2018~』や、2019年のミュージカル『刀剣乱舞~三百年の子守唄~2019』にも同じ役で抜擢されています。

このように、今まで出演してきた舞台は数知れず、荒木宏文さんはデビューから常に仕事が絶えない人気俳優ということが分かります。

荒木宏文は舞台『幽☆遊☆白書』でコエンマ役を演じた

荒木宏文さんは2019年8月28日~9月22日まで上演された舞台『幽☆遊☆白書』でコエンマ役を熱演しました。

舞台『幽☆遊☆白書』は、少年漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』で連載されていた冨樫義博(とがしよしひろ)さんの同名作品が原作です。漫画の累計部数は5000万部を超え、アニメ化もされています。

『幽☆遊☆白書』は、事故死した主人公・浦飯幽助が生き返るためにさまざまな試練を受けることからスタートする物語。人間界・魔界・霊界の3つの世界が存在し、霊界には荒木宏文さんが演じている閻魔大王の息子・コエンマがいます。

荒木宏文さんは同舞台への出演が決まった際、次のようにコメントしていました。

原作が好きな方からすると、やっぱり大切に思っている分シビアに見られる。僕たち2.5次元作品に変える時に、やっぱシビアに評価される部分ではあると思うので、そこはしっかり、僕もファンだから僕自身も納得できるようにしっかりと作り込みたい。

舞台「幽遊白書」公式 ーより引用

荒木宏文がミュージカル『刀剣乱舞』で挑戦した役柄とは?

荒木宏文さんは2017年のミュージカル『刀剣乱舞~三百年の子守唄~』に出演して以降、『刀剣乱舞』シリーズに引き続き出演しています。

ミュージカル『刀剣乱舞』は、歴史上に名を残す日本刀の名刀を男性に擬人化した刀剣育成シミュレーションゲームが原作で、2.5次元として舞台化した作品です。

荒木宏文さんが演じたのは、にっかり青江役で、備中青江派が作った大脇差が擬人化したキャラクター。実態のない幽霊をも切るという伝説が残っている日本刀なので、妖しい雰囲気を持っています。

荒木宏文は『NHK紅白歌合戦』に出演した過去も

荒木宏文さんはミュージカル『刀剣乱舞』に抜擢されたことがきっかけで、2018年の年末に放送された音楽番組『第69回NHK紅白歌合戦(以下、紅白)』(NHK)に出演を果たしています。

登場したのは、日本のカルチャーを紹介する特集コーナーと、演歌歌手・山内惠介(やまうちけいすけ)さんの楽曲『さらせ冬の嵐』とのコラボです。

にっかり青江を演じる荒木宏文さんは、紅白歌合戦に出演する19名の刀剣男子の1人に選ばれ、本番が迫った12月29日のリハーサルにも参加。大人気舞台が紅白に出場するということもあり、リハーサル後の取材でも刀剣男士たちは注目を集めていました。

舞台で活躍している荒木宏文さんが紅白に登場したことに、ファンからは喜びの声が。

・紅白の舞台で荒木宏文が見られるとは…。

・紅白の『刀剣乱舞』に荒木宏文くんと三浦宏基くんが出てて、1人でテンション上がった!

・『刀剣乱舞』は詳しくないけれど、唯一役名の分かるにっかり青江役の荒木宏文さんはもう10年近くファンだから、今回紅白で見ることができてめちゃくちゃ嬉しい。

荒木宏文の新プロジェクト『History』とは?

荒木宏文さんは2019年5月に自身の公式ブログで、15th anniversary project『History』というプロジェクトがスタートしたことを発表しました。

15th anniversary project『History』は、芸能生活15周年を記念してスタートしたプロジェクトで、『昔のことから学んで新しいものを生み出す』をテーマにし『H=宏文』『i=愛』『story=物語』から『History』と命名。

ファンに向けて新たな『History』を届けたいという気持ちを込めて、2019年6月15日に第1弾のソロイベントを開催しました。

公式ブログでは、企画の事前投票を行い、『荒木宏文出演 人気役名総選挙2019』『荒木宏文出演 人気作品総選挙2019』の2つの人気投票を実施。ファンがイベントに積極的に参加し、楽しめるように工夫されています。

第1弾のソロイベントに参加したファンは、「楽しかった!」とツイートしている人が多くいました。

・みんなでお祝いできて嬉しかったし、あらやん(荒木宏文さん)がたくさんお話ししてくれて嬉しかった。

・荒木さんの個人イベントは初めてだったけど、たくさんお話が聞けてとっても楽しかった。

荒木宏文はインスタをやっている?

荒木宏文さんは、公式ブログのほかにもインスタグラムとツイッターのアカウントを持っています。

インスタグラムでは、出演した舞台のキャラクター写真や、共演した俳優仲間との仲よしショットを多く投稿しています。

View this post on Instagram

START💨 #幽遊白書

A post shared by 荒木 宏文 (@araki_hiro0614) on

View this post on Instagram

🍖

A post shared by 荒木 宏文 (@araki_hiro0614) on

荒木宏文さんの飾らない姿を見ることができるので、気になる人はチェックしてみてください。

荒木宏文の現在・これから

荒木宏文さんは2019年7月6~15日まで、舞台『「銀河 -流れ星 銀-」~絆編~』に、赤目役で出演していました。

さらに、2019年8月28日~9月22日まで舞台『幽☆遊☆白書』に出演。東京・大阪・福岡・愛知の4か所で上演されました。

人気の舞台に引っ張りだこの荒木宏文さん。これからの活躍も期待したいですね!

荒木宏文 プロフィール

生年月日:1983年6月14日
出身地:兵庫県
血液型:O型
身長:174cm
所属事務所:ワタナベエンターテインメント

2004年に芸能界デビューし、2005年には大人気ミュージカル『テニスの王子様』に出演。2015年には舞台『もののふ 白き虎』、2017年にはミュージカル『刀剣乱舞~三百年の子守唄~』といった人気舞台に抜擢されるなど、俳優として着実に人気と実力をつけていく。2018年には舞台で演じたキャラクターで『第69回NHK紅白歌合戦』に出演したことも話題に。現在も舞台を中心に活躍している俳優の1人。


[文・構成/grape編集部]

出典
araki_hiro0614舞台「幽☆遊☆白書」公式_コエンマ役荒木宏文さんコメント動画ワタナベエンターテインメント

Share Tweet LINE コメント

page
top