grape [グレイプ]

佐久間良子が元旦那・平幹二朗に伝えた最後の言葉とは? 息子・平岳大について語ったこととは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

佐久間良子

佐久間良子(さくまよしこ)さんは、昭和から平成、令和と時代を超えて活躍している俳優です。

若い頃から活躍してきた佐久間良子さんは、映画だけでなく、ドラマや舞台、CMなど、さまざまな作品に出演してきました。

また、元夫が平幹二朗(ひらみきじろう)さん、息子が平岳大(ひらたけひろ)さんと、俳優一家としても知られています。

そんな佐久間良子さんの活躍ぶりや、同じく俳優である元夫・息子についてなど、さまざまな情報をご紹介します。

佐久間良子の元旦那は平幹二朗

前述のとおり、佐久間良子さんの元夫は、俳優の平幹二朗さんです。

佐久間良子さんと平幹二朗さんは、1968年のドラマ『お吟さま』(テレビ朝日系)での共演をきっかけに交際をスタートさせ、1970年に結婚。その4年後には、双子が生まれました。

しかし、子供たちが生まれてから10年後の1984年に、2人は離婚しています。

離婚について、記者会見で「仕事と家庭の両立ができなかった」と説明した2人。しかし、佐久間良子さんは『日本経済新聞』のコラム『私の履歴書』で、「夫婦の会話は途絶え、すれ違いの生活が続いていた」と、夫婦の間に溝があったことを明かしていました。

なお、当時、平幹二朗さんと佐久間良子さんはそれぞれ不倫問題がウワサされていました。

しかし、2人はそのウワサについて離婚会見で報道陣から指摘された際、否定しています。

平幹二朗さんは、離婚から約30年後の2016年10月22日に急逝。連絡が取れないことを心配した息子の平岳大さんが自宅を訪れると、平幹二朗さんは浴槽で心肺停止の状態で倒れており、その後、死亡が確認されました。

通夜に参列した佐久間良子さんは「ありがとうございます、お疲れさまでした」と平幹二朗さんの遺影に向かって告げ、最後まで尊敬する気持ちに変わりはない様子でした。

佐久間良子が『徹子の部屋』に出演

『徹子の部屋』(テレビ朝日系)は、黒柳徹子さんが司会を務めるトーク番組。1976年2月から放送開始し、現在でも続く長寿番組の1つで、平日の昼といえばこの番組を思い浮かべる人も多くいることでしょう。

佐久間良子さんは、この『徹子の部屋』の2018年7月24日の放送回にゲストとして出演。元夫であり2016年10月に急逝した平幹二朗さんや、息子の平岳大さんについて語りました。

佐久間良子さんは男女の双子を出産し、子供たちが10歳になる頃に平幹二朗さんと離婚。子供たちを育てながら俳優業を続けてきました。

離婚して18年後、佐久間良子さんは舞台『鹿鳴館』で平幹二朗さん、平岳大さんと親子3人で共演することに。番組ではその時の心境についても言及しました。

佐久間良子が平岳大への思いを語る

週刊誌『週刊ポスト』の連載記事『役者は言葉でできている』では、佐久間良子さんが息子の平岳大さんへの思いを語った記事が掲載されました。

平岳大

平岳大さんは、2002年に三島由紀夫(みしまゆきお)さん原作の舞台『鹿鳴館』で、俳優デビュー。同舞台で共演したのが、母の佐久間良子さんと父の平幹二朗さんでした。

同舞台では、ヒロインの影山朝子役を佐久間良子さん、その夫である影山伯爵役を平幹二朗さんが演じており、舞台での夫婦役を現実の元夫婦が演じる形となりました。

『役者は言葉でできている』によると、佐久間良子さんは、同舞台で息子役を演じるのは誰なのかをプロデューサーに聞いても「まだ分かりません」としばらく教えてもらえなかったといいます。

そしてある日「息子役を演じるのは岳大だ」といわれ、とても驚いたそう。

息子役を演じた平岳大さんについて、「よくやった」と語った佐久間良子さん。息子役は新人が演じるには難しいものであったにも関わらず、平岳大さんは見事に演じきったのです。

「元々、『二世』であることを嫌がっていた」と佐久間良子さんが語っているように、平岳大さんは両親の名前のほうが世間に浸透していることを嫌がっていたそう。

そのため、自分の力で評価してもらおうと、平岳大さんは高校在学中にアメリカへ留学。佐久間良子さんは、そうやって平岳大さんが積んできたさまざまな経験が「役者として幅広くさせている」と感じているそうです。

平岳大さんについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

佐久間良子は『ORPHe』という事務所に所属

佐久間良子さんは現在、『ORPHe』という事務所に所属しています。

『ORPHe』は、実の息子である平岳大さんが立ち上げた芸能事務所です。

現在、『ORPHe』に所属しているのは社長を務める平岳大さんと、佐久間良子さんの2人。事務所移籍後の佐久間良子さんの出演情報はまだ公開されていません。

佐久間良子の現在・これから

佐久間良子さんは、2011年に映画『源氏物語 千年の謎』に特別出演したほか、2017年に舞台『大石内蔵助の妻 りく』、2018年に舞台『ストゥーパ~新卒塔婆小町~』に出演。

80歳を迎えた今も年齢を感じさせない演技力で、現役の俳優として活躍しています。

事務所を移籍し、息子と二人三脚となった今、これからの佐久間良子さんの活躍にますます期待が高まりますね。

佐久間良子 プロフィール

生年月日:1939年2月24日

出身地:東京都

血液型:O型

所属事務所:ORPHe

映画『故郷は緑なりき』で俳優デビュー。以降、映画や舞台、ドラマなどに幅広く出演。1958年に『エランドール賞』新人賞、1983年『菊田一夫演劇賞』演劇大賞など、受賞歴多数。趣味は書道。


[文・構成/grape編集部]

出典
ORPHe週刊ポスト

Share Tweet LINE コメント

page
top