grape [グレイプ] entertainment

金田明夫が「似てる」と話題になった人とは? 水川あさみとの共演作多数

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『3年B組金八先生』シリーズ(TBS系)や『科捜研の女』シリーズ(テレビ朝日系)など、人気ドラマに多数出演している金田明夫(かねだあきお)さん。

主に名脇役として多くのファンに支持される、ベテラン俳優です。

また、ドラマや映画以外にも、CMや海外映画の吹き替えなど、幅広く活躍しています。

そんな金田明夫さんが過去に出演した作品や演じた役柄、今後の出演情報など、さまざまな情報をご紹介します。

金田明夫は『民王』に狩屋孝司役で出演

金田明夫さんは、2015年放送のドラマ『民王(たみおう)』(テレビ朝日系)に出演しています。

『民王』は、現職の内閣総理大臣・武藤泰山とその息子でおバカな大学生・翔の身体が入れ替わってしまうという、奇想天外な物語。痛快で笑えるけれど心温まる、エンターテインメント作品です。

人気作家・池井戸潤(いけいどじゅん)さんの小説を原作に、遠藤憲一(えんどうけんいち)さんと菅田将暉(すだまさき)さんがW主演を務めました。

本作で金田明夫さんが演じたのは、内閣官房長官の『カリヤン』こと狩屋孝司役。涙もろくて情に厚い人柄で、入れ替わったまま総理の仕事をこなさなければならない翔のフォローに奮闘するという役どころです。

金田明夫は『HERO』に事務官・正木晋太郎役で出演

2001年に放送されたドラマ『HERO』(フジテレビ系)は、木村拓哉(きむらたくや)さん演じる中卒の検事・久利生公平の活躍を描いた作品。

久利生とコンビを組み、久利生の破天荒なやり方に振り回される担当事務官・雨宮舞子役を、松たか子(まつたかこ)さんが演じました。

魅力的な登場人物たちが繰り広げる、サスペンスフルで遊び心にあふれた展開が好評を博し、同作は大ヒット。

世帯視聴率が全話で30%を超えるという記録を叩き出し、2014年には北川景子(きたがわけいこ)さんや吉田羊(よしだよう)さんらを新たにキャストに迎えたドラマシリーズ第2弾が放送されました。

金田明夫さんが登場したのは、シリーズ第1弾の第7話。仕事に嫌気が差してやる気を失った状態で赴任し、久利生と雨宮のコンビに触れたことで考えが変わっていく、臨時の事務官・正木晋太郎役を演じました。

金田明夫さんの登場回を観た視聴者からは、次のような声が上がっています。

・『HERO』の金田明夫さんが好きで、何回も観てしまう。

・第7話で金田明夫さん演じる事務官の正木がいった「初めからここにいたら私は事務官を続けていたかも」というセリフ。職場や人の大切さを感じる。

・金田明夫さん、昔『HERO』でもいい事務官を演じていたよな。すごくいい脇役。

金田明夫が水川あさみと共演

金田明夫さんは、2014年のドラマ『東京スカーレット~警視庁NS係』(TBS系)や2019年のドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)などの作品で、俳優の水川あさみ(みずかわあさみ)さんと共演しています。

水川あさみ

『東京スカーレット~警視庁NS係』は、オリンピック・パラリンピックの開催を2020年に控えて変貌していく東京を舞台に、警視庁捜査一課NS係(Search 1 New Service)の奮闘を描いた1話完結型の刑事ドラマ。

主人公の刑事・鳴滝杏役を水川あさみさん、コンビを組む刑事役を生瀬勝久(なませかつひさ)さんが演じています。

金田明夫さんは、同作の第8話に登場し、強盗犯の疑いをかけられる男・村山耕三役を演じました。

『白衣の戦士!』も、同じく水川あさみさんが中条あやみさんとともにW主演を務めた作品。

中条あやみさん演じる元ヤンの新米ナースと、水川あさみさん演じる、結婚退職を夢見る34歳の崖っぷちナースが、仕事や恋にほん走する様子を描いたドラマです。

金田明夫さんは、同作の第6話に出演。洋食屋を経営し、わがまま放題で担当ナースの2人を困らせる入院患者・胡桃沢役として、水川あさみさんと共演しました。

水川あさみさんについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

金田明夫がカルロス・ゴーンに「似てる」と話題に

漫才コンビ『ナイツ』の塙宣之(はなわのぶゆき)さんが、ラジオ番組で日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告と金田明夫さんの容姿について発言し、話題になりました。

その発言は、2019年3月7日放送のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)でのもの。塙宣之さんは、放送日の前日に保釈された際のカルロス・ゴーン被告の出で立ちに言及しました。

その際、紺色の作業着にブルーの帽子をかぶり、大きなマスクで顔を隠した姿が「金田明夫さんに似ている」と指摘。

金田明夫さんとカルロス・ゴーン被告が似ていると感じている人はたくさんいるようで、『Yahoo!知恵袋』には金田明夫さんとカルロス・ゴーン被告が似ているのではないかと問う質問が立ち、回答者から「国境を越えた義兄弟のようだ」という声が上がりました。

ツイッターでも、次のような声が上がっています。

・ゴーンの法廷画が金田明夫に見えてしまう…。

・再現VTRを製作するんだったらカルロス・ゴーン役は俳優の金田明夫さんにお願いしたい。

・映画『ゴーン』を作ることがあれば、金田明夫を主演にしてほしいと思う。

金田明夫の現在・これから

金田明夫さんは、放送中のドラマ『科捜研の女 SEASON 19』(テレビ朝日系)に、刑事部長・藤倉甚一役で出演中。

このほか、2019年6月に『ラジエーションハウス特別編』(フジテレビ系)、同年7月には『警視庁・捜査一課長 新作スペシャル』(テレビ朝日系)、同年9月には『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)と、続々とドラマに出演しています。

また、同年10月には主演舞台『ヴェニスの商人』が上演され、大活躍。今後も多くの作品に出演することが期待されます。

これからも、金田明夫さんの活躍に期待しましょう。

金田明夫 プロフィール

生年月日:1954年10月13日
出身地:東京都
身長:165cm
所属事務所:円企画

1975年、円演劇研究所に入所。1977年に演劇集団円の会員に昇格する。『3年B組金八先生』(TBS系)や『高校教師』(TBS系)、大河ドラマ『風林火山』(NHK)、『科捜研の女』シリーズ(テレビ朝日系)など、多くの作品に出演する。また、『お葬式』、『感染列島』、『デスノート Light up the NEW world』などの映画にも出演。『ベイマックス』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』などの海外映画で、日本語吹き替え声優も務める。日産、サントリーなど、有名企業のCMへの出演歴も多数。


[文・構成/grape編集部]

出典
科捜研の女 SEASON 19円企画

Share Tweet LINE コメント

page
top