grape [グレイプ]

「よくいった」「ド正論」 不倫報道の東出昌大に、近藤春菜が辛辣コメント

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年1月23日、ニュースメディア『文春オンライン』が俳優の杏さんと東出昌大さんの別居を報じたというニュースを、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)が特集。

この件について、ハリセンボン・近藤春菜さんが述べたコメントが、ネット上で注目を浴びています。

東出昌大の不倫で別居

番組によると、東出さんの不倫が原因で夫婦仲に亀裂が入り、夫妻は別居。東出さんは同年1月上旬から都内の一軒家を出て、単身マンションで暮らしているといいます。

また、東出さんと不倫関係にあったのは、映画で共演した若手俳優であることも報じられました。

東出さんの所属事務所は、報道された内容は「ほぼ事実と判明」と認め、杏さんの事務所も別居を認めました。

番組で紹介された東出さんの所属事務所からのコメントは以下の通りです。

今回の記事に関して、本人に確認いたしましたところ書かれている事柄はほぼ事実と判明しました。 

これらのことは東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。どのように非難されても弁解の余地はありません。

現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感し、ひたすら後悔にさいなまれ苦しんでおります。

しかしながら 失われた信頼を回復するには 気の遠くなるような時間と努力が必要だと思います。

ただ、今回の別居は離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております。

厳しい道とは思いますが、東出が夫として、父として もう一度家族を再生するために 自らの生き方、姿勢を含めてその証を示してゆくしかないと思います。

スッキリ ーより引用

番組コメンテーターの近藤さんは、東出さん側の事務所のコメントについて意見を求められると、「『ひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります』という一文に違和感を感じている」と語りました。

3年という期間不倫関係にあって、報道によると杏さんが妊娠中だった、しかも…ってなると一番苦しいのって杏さんだと思うんです。

キツイいい方ですけど、自業自得にも関わらず、事務所に出したコメントですけど、東出さん側から苦しんでいるっていう表現をしてほしくなかった。苦しんでいるのは杏さん。

杏さんとどう向き合って、どう謝罪して、真摯に世間のみなさんと向き合っていくかっていう言葉がほしくて、苦しいっていう言葉は一番使っちゃいけない。

東出さんが苦しいのは正直どうでもいい。そういう違和感がすごくあります。

スッキリ ーより引用

近藤さんの発言に対し、ネット上では共感する声が続出しました。

・本当にその通り。ただただ、春菜さんのコメントがとても心に響きました。

・春菜さんのコメントが一番腑に落ちた。

・ド正論。東出さんが『苦しんでる』って言葉を出す立場じゃない。杏さんに甘えてる。

杏さんは2016年に双子の女の子を出産、2017年に男の子を出産し、3人の子供を子育て中です。

報道によると、第3子を妊娠中から東出さんの不倫は始まっていたといわれています。

夫の3年にわたる不倫という裏切りに、誰よりも悲しみ、つらい思いをしてきたのは杏さんでしょう。

今後どのような選択をされるにせよ、杏さんと3人のお子さんの幸せを、願わずにいられません。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top