grape [グレイプ]

SNSの誹謗中傷にズバリ反論した城田優 すると、早速暴言を吐かれ…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年5月23日、女子プロレスラーである木村花さんの逝去が報じられました。事務所によると亡くなった経緯は調査中とのことです。

バラエティ番組への出演をきっかけに、SNSで不特定多数から誹謗中傷を受けるようになった木村さん。

木村さんは亡くなる前にSNSで「さようなら」というメッセージを残すほか、誹謗中傷に対し「傷付いたのは否定できない。弱い私でごめんなさい」といった投稿をしていました。

城田優が『SNSでの誹謗中傷』に持論を展開

誹謗中傷行為が木村さんの死に関係していたととらえた多くの著名人が、SNSでの誹謗中傷をとがめています。

俳優の城田優さんも、今回の件で誹謗中傷について意見を呈した1人。

『#SNSのルールに改革を』というハッシュタグとともに、自身の想いをつづりました。

ずいぶん前から「表に立つ仕事をしているのだから誹謗中傷があるのは当たり前」いうような風潮がありますが、職業などは関係ありません。誰もが皆同じように心を持ち、その強度は人それぞれです。

様々なことにおいて、意見や議論はもちろんあっていいと思います。が、わざわざ当事者の目に入るSNSへ行き、素性も明かさず、無責任な言葉を並べ、無防備な人を一方的に攻撃するようなことが許されていいのでしょうか?

もし自分の家族が、恋人が、友達が同じ目に遭っても、気に留めることなく「仕方ないね、我慢しなさい」と言えるでしょうか?

行き過ぎた悪口は立派な犯罪行為であり、もっと徹底的に厳しく取り締まるべきです。

何度も言いますが、年齢や職業などは関係ありません。

これを容認し続ければ、SNS上での言葉は"凶器"となり続け、それを見て育つ子供達も真似をし、永遠にこの陰湿なイジメがなくなることはなく、これからも沢山の人を苦しめ続けるでしょう。

もはや生活の一部となった今だからこそ、SNSの使い方を見直すべきだと思います。

@U_and_YOU ーより引用(原文ママ)

ネットが普及したことによって、誰もが気軽に直接会ったことのない人とコミュニケーションを取れるようになりました。

その変化を悪用し、著名人に攻撃的な言葉を投げかける人が増えているのでしょう。

画面越しでは相手の顔が見えない上に、匿名で攻撃をすることができるため、誹謗中傷をするハードルが下がっているのかもしれません。

城田さんがいうように、芸能人も1人の人間であり、画面の向こう側に存在しています。このまま看過すると、新時代の『いじめ』はより過激になっていくでしょう。

投稿は拡散され、多くの人から共感するコメントや『いいね』が寄せられました。

・本当にその通りだと思う。今の時代に合わせた対策を練らなくては。

・「顔が見えないから何をいってもいい」という考えは間違ってますよね。勇気ある発言をありがとう。

・自分は有名人じゃないけど、誹謗中傷を受けて怖かったことがある。有名人でも怖いに決まってる。

その後、早速誹謗中傷が寄せられ…

その後、拡散された城田さんの投稿に対し「キモいから死ね」という誹謗中傷のコメントが。

城田さんは誹謗中傷のコメントを引用した上で、このようにはっきりと宣言しました。

この誹謗中傷のコメントは、投稿者によって削除されました。きっと、さらし上げられたうえで「提訴する」といわれ恐ろしくなったのでしょう。

ネットは一見匿名のように感じますが、誹謗中傷や名誉棄損にあたる場合は個人情報を特定することもできます。

一人ひとりが「誹謗中傷は見過ごせない行為」という意識を持ち、被害者が泣き寝入りする風潮が変わっていけば、安易な考えで中傷をする人が減るかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@U_and_YOU

Share Tweet LINE コメント

page
top