grape [グレイプ] entertainment

深田恭子の若い頃の写真に「結構、変わったね」 現在の姿と比べてみると…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

深田恭子は若い頃から美しい! 13歳から現在までを画像で紹介!

女優として数々の作品で活躍している深田恭子(ふかだ・きょうこ)さん。『深キョン』の愛称で親しまれ、高い演技力と美貌で人気を誇っています。

そんな深田恭子さんの若い頃の写真や活躍ぶり、インスタグラムに投稿された現在の姿をご紹介します!

深田恭子の若い頃は「イメージが違うけど美人」

深田恭子さんは1996年に開催された『第21回 タレント・スカウト・キャラバン PURE GIRLオーディション』でグランプリを獲得し、芸能界デビュー。その時の写真がこちらです!

深田恭子は若い頃から美しい! 13歳から現在までを画像で紹介!

深田恭子 1996年

当時の深田恭子さんは中学生。今の面影がありながらも、やはり幼い印象を受けますね。

翌年のドラマ『FiVE』(日本テレビ系)で女優デビューを果たした深田恭子さんは、難病により車椅子生活を強いられる少女を演じ、初々しい演技を披露。

その後、『深キョン』の愛称で親しまれるようになり、かわいらしいビジュアルと演技力で女優として徐々に注目を集めるようになりました。

そんな深田恭子さんの名を世間に知らしめた作品が、1998年放送のドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)です。

同作では援助交際が原因でHIVに感染してしまった女子高生・叶野真生(かのう・まさき)役を演じ、インパクトの強い役柄もあって大きな注目を集めました。

その時の深田恭子さんの姿がこちらです!

深田恭子は若い頃から美しい! 13歳から現在までを画像で紹介!

深田恭子 1998年

女子高生役とあって、深田恭子さんは制服姿。美しいおでこが見えるように前髪がスタイリングされており、今とは雰囲気が違う、クールでとがった印象を受けます。

同作は、人気バンド『LUNA SEA』が主題歌を手掛けたことでも知られ、回が進むごとにどんどん話題に。

初回から最終回までに、視聴率を10%以上も上げた伝説のドラマとして語り継がれています。

以降も数々の作品に出演し、女優としてのキャリアを積んでいった深田恭子さん。その活躍ぶりが評価され、2001年に開催された『第24回 日本アカデミー賞』では映画『死者の学園祭』で新人俳優賞を受賞しています。

こちらは20歳の誕生日パーティーに出席した深田恭子さんの写真。

深田恭子は若い頃から美しい! 13歳から現在までを画像で紹介!

深田恭子 2002年

この頃にはすっかり一流の女優として活躍しており、世間からは大きな期待の声が寄せられるようになっていました。

今と昔では印象の異なる深田恭子さんですが、変わらないのはずっと魅力的だということですね。

深田恭子が現在の画像をインスタに投稿!

深田恭子さんは公式インスタグラムのアカウントを持っており、撮影オフショットやプライベート感あふれる写真をたびたび投稿しています。

その中でも『いいね!』の数が多いショットをご紹介します!

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

浴衣姿や、愛犬とのラブラブショットに多くのファンがメロメロに。

また、かわいらしいイメージの強い深田恭子さんですが、特技や趣味が『サーフィン』であることを明かし、ファンを驚かせたこともあります。

投稿では「サーフィンをしている時だけ、アクティブな自分になれる」と語っており、心の底からサーフィンを楽しんでいることが伝わってきますね。

また、まぶしい水着姿が公開されるたびに、その姿を絶賛するコメントが寄せられます。

View this post on Instagram

#サーフィンで痣だらけ #AKUA #ThisisMe #kyokofukada

A post shared by 深田恭子 (@kyokofukada_official) on

深田恭子さんは2020年8月現在37歳ですが、衰え知らずのかわいさで『奇跡のアラフォー』とも呼ばれています。

さらに最近はインスタグラムだけでなく、動画アプリ『TikTok』のアカウントを開設。2020年7月10日には企画の予告動画を公開し、大きな話題になりました。

そして、同月27日にベッドの上でサーフィンをする様子を公開。こちらも好評となっています。

これからも深田恭子さんには、華やかな活躍ぶりを見せてほしいですね!

深田恭子 プロフィール

生年月日:1982年11月2日
出身地:東京都
血液型:O型
身長:163㎝
所属事務所:ホリプロ

1996年に『ホリプロタレントスカウトキャラバン PURE GIRLオーディション』に参加し、グランプリを受賞。1997年にドラマ『海峡』(NHK)やドラマ 『FiVE』(日本テレビ系)で女優デビューし、以降、多くのドラマや映画に出演する。その中でも1998年放送のドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)で演じたヒロイン役でブレイク。2001年には『第24回 日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞し、その後も多くのドラマや映画で主役やヒロインを演じている。


[文・構成/grape編集部]

出典
ホリプロオフィシャルサイトkyokofukada_official

Share Tweet LINE コメント

page
top