grape [グレイプ] entertainment

活動自粛処分になった山下智久 対するカズレーザーの発言が「的確」と話題に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年8月17日、歌手で俳優の山下智久さんが、一定期間の芸能活動自粛処分になったことが発表されました。

所属事務所によると、山下さんは『KAT-TUN』の亀梨和也さんや知人男性と飲食店を訪れた際、酒を提供する店で居合わせた未成年の女性と席をともにしてしまったのだそう。

山下さんたちは、店側から女性が「成人している」と紹介を受けており、また飲酒の有無も把握していなかったといいます。

カズレーザー「極端に厳しいかっていったら…」

同月18日、情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)では、番組の冒頭で山下さんの芸能活動自粛処分について報道。

MCの小倉智昭さんが「今の芸能界は厳しすぎるくらいに厳しい」と指摘した中、スペシャルキャスターのカズレーザーさんは「お笑いタレントである狩野英孝さんの3年前と同じ状況」と述べた上で、次のように発言しました。

狩野さんは半年休んじゃったから、じゃあ山Pは休まなくていいのかっていうルールになっちゃう。前例があるので、仕方がないと思いますけど。

とくダネ! ーより引用

狩野さんといえば、2017年に22歳と偽っていた未成年の女性との関係が一部週刊誌で報じられ、約半年もの間、芸能活動を自粛したことで話題になりました。

狩野さんを例に出したカズレーザーさんは、続けてこう言及します。

向こうが未成年だっていうことを偽った状況とかお酒飲んだとか(飲まないとか)、まあ狩野さんの時はお酒はなかったと思うんですけど。

そうなってくると、別に山Pだから極端に厳しいかっていったらそんなこともないんじゃないかな…と。

とくダネ! ーより引用

「狩野さんと同様の状況であれば、山下さんの処分は極端に厳しいわけではない」と例えたカズレーザーさん。

カズレーザーさんの意見に、視聴者からは称賛の声が上がっています。

・的確なコメントに、納得してしまった。

・カズレーザーさんの意見、ごもっともだと思います。山下さんの処分が特段厳しいわけではないですよね。

・共感しました!お笑いタレントであっても俳優であっても、同じ業界にいるわけですしね。

芸能界に身を置きながらも、第三者の立場で的確なコメントを発したカズレーザーさん。

社会人として不適切な行動に処分が下されるのは、職種に限らず当然のことだといえるでしょう。

私たちも、世間のモラルやルールに反さないよう、改めて気を付けたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
とくダネ!

Share Tweet LINE コメント

page
top