grape [グレイプ]

佐藤浩市の息子・寛一郎って見たことある? 父との共通点に気づく人が多数!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

数々のドラマや映画で俳優として活躍している佐藤浩市(さとう・こういち)さん。

ダンディな雰囲気と高い演技力で老若男女問わず、多くの人に支持されています。

そんな佐藤浩市さんの息子もイケメンであることや、父親で俳優の故・三國連太郎(みくに・れんたろう)さんとのエピソードなど、さまざまな情報をご紹介します!

佐藤浩市の息子・寛一郎がイケメン!

佐藤浩市さんの息子も俳優として活躍しており、名前を寛一郎(かんいちろう)さんといいます。

こちらが寛一郎さんの写真です!

寛一郎

父親の佐藤浩市さんに負けず劣らずのイケメンですね。特に強くキリッとした眼差しや笑顔が、親子でそっくりです!

そんな寛一郎さんは2017年に公開された映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で俳優デビュー。

同作では主人公の幼馴染の1人である麻生幸平役を演じ、『第27回日本映画批評家大賞』新人男優賞を受賞するなど、演技力の高さが話題になりました。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』予告編

その後も映画『心が叫びたがってるんだ。』や『菊とギロチン』、『チワワちゃん』などの作品に立て続けに出演。

2018年にはドラマ『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』(テレビ東京系)で、ドラマデビューし、2019年放送のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)で連続ドラマ初進出を果たします。

このほか『青と僕』(フジテレビ系)、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系)、などの話題のドラマにも次々と出演。

そして、2020年11月には、出演作である映画『泣く子はいねぇが』が公開されました。

映画『泣く子はいねぇが』予告編

同作は仲野太賀さん演じる主人公が、過去を振り返りながら大人に成長していく様子を描いたヒューマンドラマで、寛一郎さんは主人公の親友・志波亮介役を好演しています。

これからの活躍もますます楽しみですね!

佐藤浩市の息子・寛一郎は父との共演を拒否?

寛一郎さんの本名は『佐藤寛一郎』といいますが、あえて姓を名乗っていない理由には「親の七光りだと思われたくない」という役者としての確固たる思いがあるといいます。

父親の佐藤浩市さんも雑誌のインタビューで「息子は自分の名前を出されることを嫌がる」とコメント。

そのため、世間からは「親子仲が微妙なの?」「共演NGって本当?」と心配する声がたびたび上がっています。

しかし、2020年11月に行われた映画『泣く子はいねぇが』の特別上映会イベントで寛一郎さんが親子エピソードを披露。

幼少期、母親の乳房が大好きだったという寛一郎さんは、それを見かねた父親から「トラウマ級の仕打ちを受けた」と語っています。

すごく好きだったんですよ。あの…おっぱいが。ちっちゃい頃ですよ。今もですけど。

すごい乳離れするかしないかっていう時期ってやっぱ来るじゃないですか、子供って。そういう時に多分乳離れさせなきゃいけないと思ったんでしょうね。

親が、母親の乳にですね、父親がすごい怖い顔を書いて落書きしたんですよ。

大好きな乳房に怖い顔が書かれているとはつゆ知らず、いつものように母親の元へ駆けていったという寛一郎さん。

そこで見た母親の乳房に、今でも断片的にしか覚えていないというほどのショックを受けたと話し、会場を盛り上げました。

大俳優・佐藤浩市さんの家族しか知り得ない子育てエピソードを披露した寛一郎さん。家族の赤裸々なトークもできることから、親子仲は悪くないのではと推測できますね。

そして、2020年7月公開の映画『一度も撃ってません』で初の親子共演が実現!「2人がスクリーンに並んでいる姿が見られる!」と多くのファンを歓喜させています。

映画『一度も撃ってません』 予告編

佐藤浩市、父と息子に共通点?

佐藤浩市さんの父親は、俳優として多くの人に愛された三國連太郎さんです。

佐藤浩市さんも息子の寛一郎さんと同じく、「父親の名前に頼りたくない」という強い思いを持っていたそう。

そのため、世間は「今の佐藤浩市と寛一郎の関係性に共通している」「親子の確執だ」と2人の不仲をウワサしていました。

そんな佐藤浩市さんが、2015年にトークバラエティ番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。父親・三國連太郎さんの印象や思い出を語っています。

彼(三國連太郎さん)は、ほとんど家にはいない人だったんで、だから結局会いにいくのには撮影所だったんですね。

子供の頃からそういうところ、自分が何をやっているか、自分がほとんど僕と接することがなかったんで、自分が何をやっているかどこにいるかっていうのを見せたかったっていうのがあるんですよね。(父親は)そういう思いだったんじゃないかなって。

徹子の部屋 ーより引用

当時、父親が働いていた広大な撮影所に圧倒されたという佐藤浩市さん。こういった経験や父親の活躍がなければ、俳優という仕事に就かなかったこともあり得ると話しています。

普通に映画をスクリーンを通して映画館の中でしかご覧になれないっていう方がほとんどだと思うんですけど、やっぱりそういうものを身近に感じていたんでね、やっぱり普通のご家庭で育った方と違って、やっぱりそういう芝居とか映画っていうのは身近にありましたよね。

徹子の部屋 ーより引用

そんな佐藤浩市さんも息子・寛一郎さんを撮影現場に連れていくことがあったそう。当時7歳だった寛一郎さんはそのことをよく覚えていると語っており、必然的に三國連太郎さんと佐藤浩市さん親子の関係性に似たものを感じてしまいます。

これから、寛一郎さんも父親や祖父のように日本を代表する俳優になっていくのでしょうか。今後の親子関係にも注目ですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』予告編@KohCuisine映画『泣く子はいねぇが』本予告 | 11/20[金]公開『一度も撃ってません』60秒予告(7月3日公開)shingo.tsurumi徹子の部屋

Share Tweet LINE コメント

page
top